キャリカレ全額返金の口コミは?からくりや13種類の対象講座を徹底解説【2022年】

キャリカレ全額返金の口コミは?からくりや13種類の対象講座を徹底解説【2022年】
  • URLをコピーしました!

この記事で解決できる悩み

  • キャリカレ全額返金制度のカラクリは?
  • キャリカレ全額返金制度の口コミは?
  • 対象の講座を詳しく知りたい

キャリカレで全額返金制度があるって聞いたけど、本当に大丈夫なの?騙された口コミもあるし、カラクリを詳しく知りたいな。

通信講座を利用して資格を目指したいけど、本当に一発合格できるか不安…。もしもの時を考えると、通信講座の受講料を支払いは考えてしまいますよね。

とはいえ、独学での合格には自信がない…。そこで本記事では、受講料の全額返金制度を実施しているキャリカレの特徴・口コミを徹底解説しています。

キャリカレの全額返金制度
特徴や口コミ
  • 全額返金制度は全部で13講座
  • 余計な心配が必要ない通信講座
  • サポートが充実して安心できる
  • 受講した翌年までが対象で便利
  • 難関資格は合格できるか謎
体験談をもとに全額返金を知ろう!

余計な心配やモヤモヤが減るのでリスクが少ないと評判ですが、難関資格の合格や対象条件などが分かりにくい口コミも…。全額返金制度の特徴を詳しく理解して、後悔しない受験対策をしましょう。

\全額返金の対象講座を資料でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

キャリカレの最新キャンペーンはこちらから

キャリカレの口コミはこちらから

タップで移動できます

キャリカレ全額返金制度の特徴・対象講座【からくりを理解しよう】

全額返金期間継続的に実施
条件①支払いの遅延がない
②添削課題を試験日の20日前までに提出
③添削問題の平均が70%以上
④受験票のコピーをキャリカレに提出
⑤試験前後に書類の提出(※)
対象外①上記、条件に当てはまらない場合
②受験しない場合は対象外
全額返金の
対象講座
登録販売者合格指導講座
カラーコーディネーターW合格指導講座
簿記3級・2級合格指導講座
メンタルヘルス・マネジメント®検定(II種・III種)合格指導講座
行政書士合格指導講座
保育士受験対策講座
宅建合格指導講座
調理師合格指導講座
社会保険労務士合格指導講座
運行管理者合格指導講座
2級・3級FP技能士合格指導講座
第二種電気工事士合格指導講座
衛生管理者(第一種・第二種)合格指導講座
>> 詳しく見てみる

キャリカレの全額返金制度は、全13講座が対象です。全ての講座が対象ではありませんが、人気の民間資格・公的資格・国家資格が含まれているので、リスクが少なく活用するメリットがあると評判になっています。

対象講座を目指す場合は、受験前後の提出物・課題の提出を忘れないようにしましょう。知らないと損をする可能性がありますよ!

(※)試験日5日前までに、受験票のコピー・受講生番号・全額返金保証希望と記入したメモ用紙を提出。試験後合格発表の14日以内に、合否通知書のコピー・返金希望と記入したメモ用紙・教材一式・返金先口座(本人名義)をキャリカレに提出が必要。詳しくはキャリカレ公式サイトでご確認ください。

キャリカレ全額返金制度を利用した口コミや評判

キャリカレの全額返金制度を利用した口コミは多く出ています。良い口コミだけでなく、対象条件やルールによって適応されなかった体験談も出ているので受講前に確認しましょう。

悪い口コミや評判を厳選紹介

課題の平均点が70点以上は難しい

キャリカレ全額返金制度は、課題の正答率が70%以上必要でハードルが高いと口コミで評判になっています。とはいえ、資格の合格を目指すなら大半はクリアしている条件です。

課題提出の点数に注意しよう

  • 全体の平均で70%以上の正答率
  • 課題の提出は必須条件なので注意
  • 返金目当てではなく、合格を目指す

難関資格も含まれるのでハードルが高く感じますが、合格を目指す上で最低限の点数は必要です。全体の平均点になるので注意しましょう!

難関資格の返金制度がよく分からない

社労士などの難関資格も対象になるキャリカレ全額返金制度返金されるルールや条件がイマイチ分からないと口コミで評判になっています。

条件やルールを確認しよう

  • 難関資格の一部も全額返金の対象になる
  • 試験時期・資格によって対象期間が異なる
  • 資格ごとの返金制度を確認がポイント

資格・試験ごとに全額返金の対象時期が異なります。受講前に確認しないとトラブルになる場合があるので注意しましょう!

\全額返金の対象講座を資料でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

良い口コミや評判を厳選紹介

全額返金制度でリスクが少ない

キャリカレ全額返金制度は、リスクが少ないので勉強に集中できると口コミで評判になっています。資格や講座で個人差がありますが、1日1時間以内で合格を目指すケースが多いでしょう。

リスクが少なく、合格まで一直線!

  • 試験勉強に集中できる環境になる
  • 万が一のことを考えると翌年目指せる
  • 新しい資格にチャレンジしやすい

キャリカレのメリットは新しい資格にもチャレンジしやすいこと。合格すれば2講座目が無料になるキャンペーンも実施していますよ!

全体の受講料が安くなって決め手になる

他社の通信講座と比較して、全体的に受講料が安いキャリカレ。全額返金制度キャンペーンも付随されると、通信講座選びの決め手になると口コミで評判です。

受講料が安く決め手になる!

  • 他社の通信講座よりも安い
  • 比較する時の決め手になる
  • 資格を目指すキッカケになる

資格を目指すキッカケは個人差がありますが、受講料は安い方が良いですよね。キャリカレは無理のない範囲で受講できると評判ですよ!

\全額返金の対象講座を資料でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

知恵袋でのキャリカレ全額返金制度を利用した口コミや評判

Yahoo知恵袋で評判になっているキャリカレ全額返金制度の話題を紹介します。受講前にチェックしておきたい質問をピックアップしたので、今のうちにモヤモヤを解消しましょう。

簿記検定の全額返金制度のルールが分からない

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/

キャリカレ簿記検定講座は2級・3級がセット学習になるので、全額返金に対するルールが分からないと口コミで評判です。結論的に、課題提出の平均70%以上と2級・3級のいずれかの合否で判断されます。

他にも全額返金制度が適応されるルールがあるので、受講前に確認しましょう。

本当に全額返金制度されるか不安

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/

キャリカレの全額返金制度本当に適応されるのか不安な口コミや話題はとても多いです。条件に当てはまれば、誰でも対象になるので安心して利用しましょう。

全額返金制度は全員が対象です。とはいえ、条件に当てはまらないと適応されないので損をしないために必ずルールを確認しましょう!

\全額返金の対象講座を資料でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

キャリカレ全額返金制度の流れ・気をつけたいこと

キャリカレ全額返金制度を利用する流れは、難しい内容ではありません。多少の手間はかかりますが、翌年以降のチャレンジをするために余裕を持って手続きしましょう。

STEP
試験前に返金請求の申し込み

受験票のコピー・受講生番号・全額返金保証希望と記入したメモ用紙を、試験日から5日前までの消印でキャリカレに郵送。※配達の確認できる機関を利用

受験前の申請を忘れてしまうケースが多いです。返金請求の可能性がある場合は、必ず申し込みをしましょう!

STEP
返金請求の依頼

合否通知書のコピー・返金希望と記入したメモ用紙・教材一式・返金先口座(本人名義)を合格発表日から14日以内の消印でキャリカレに郵送。※配達の確認できる機関を利用

STEP
指定の銀行口座へ返金

返金までの目安は、合格発表より20日前後。

\全額返金の対象講座を資料でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

結論:キャリカレ全額返金制度を利用した口コミや評判から分かるポイント!

結論をまとめると以下のとおりです。

結論
  • 全額返金制度は全員が対象
  • 試験前後の申請が必須条件
  • 課題で平均70%以上が必要
  • 細かいルールを事前にチェック
  • リスクの少ない独自のサポート
リスクを減らして資格にチャレンジしましょう!

キャリカレ全額返金制度は、リスクを減らして専門資格を目指せる独自のサポート。全員が対象になるので、対象講座を受講する場合は活用しない選択肢はないですよね。

受講前に全額返金の申請ルールを詳しく確認して、損をしないようにしましょう。

\全額返金の対象講座を資料でチェック/

※しつこい勧誘は一切ありません。

キャリカレの最新キャンペーンはこちらから

キャリカレの口コミはこちらから

※本記事内の料金は全て税込価格です。
※最新の返金制度はキャリカレ公式サイトをご確認ください。

キャリカレ全額返金の口コミは?からくりや13種類の対象講座を徹底解説【2022年】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる