保育士試験は独学でいいの?勉強時間・テキスト・実技対策を通信講座やスクールと徹底比較!

監修:
保育士試験は独学でいいの?勉強時間・テキスト・実技対策を通信講座やスクールと徹底比較!
  • URLをコピーしました!

「保育士試験は独学で目指せるの?」
「独学と通信講座で比較してから勉強方法を決めたい」

大好きな子どもと関わる職場で働ける保育士。年2回の試験で一発合格するために、勉強方法や活用するテキスト・教材はどれがいいか迷いますよね

最初に結論を紹介すると、独学で保育士を目指せますが適切な勉強方法をとらないと不合格になるリスクがあります。

この記事で解決できる疑問や悩み

  • 保育士試験は独学で目指しても大丈夫なの?
  • 保育士試験をゼロから対策する勉強時間は?
  • 独学と通信講座を比較したらどっちがおすすめ?
  • 実技試験の対策はどうすればいいのかな?

最短ルートで保育士を目指すために、あなたのライフスタイルに最適な勉強方法を見つけましょう。1分程度でサクッと読める内容ですよ!

保育士資格を主婦が独学で目指す方法はこちら紹介!

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
タップで移動できます

保育士は独学でも合格を目指せる国家資格

最初に結論を紹介すると、保育士は独学でも合格を目指せる国家資格です。

とはいえ、合格率は20%程度になるので、5人に4人が落ちています。独学で勉強できるメリットはありますが、あなたの生活環境や勉強イメージに最適な方法で対策をしないと不合格になるリスクが高くなるでしょう。

保育士は独学でも目指せる国家資格

  • 独学で筆記・実技対策ができる国家資格
  • 合格する割合は5人に1人で難易度は高め
  • 最適な勉強方法やストレスのない環境選び

保育に関する基本的な知識があれば、独学でも十分対策ができます。勉強方法にとらわれずに対策ができるので、メンタル面の負担は減らせますよ!

保育士を独学で勉強するメリット・デメリット

保育士を独学で勉強するメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 好きな教材で自由に保育士試験の対策ができる
  • 時間にとらわれずマイペースに対策ができる
  • 通信講座やスクールよりも安い受講料で合格を目指せる
  • 正しい知識が身についているか判断ができない
  • 質問や課題の添削などのサポート体制がつかない
  • 一人で勉強を継続する漠然とした不安

独学で保育士を目指す場合は、質問や課題の添削・モチベーション維持が難しいですが、試験対策にかかる費用をグッと減らせるメリットがあります。例えば、通信講座やスクールにかかる費用と比較してから判断するのも良いでしょう。

ポイントは、試験の合格を目標にするのではなく、実践スキルの習得を目的にすることです。先を想定したスキルが身につくので、心に余裕が生まれますよ!

保育士試験対策を独学と通信講座で徹底比較

独学と通信講座で保育士試験の対策を4つの項目で比較すると以下のとおりです。

独学通信講座
勉強方法
テキスト教材
テキスト教材
YouTube
テキスト教材
映像講義
eラーニング
受講料2,000円〜31,900円〜
サポート体制なし質問サポート
課題の添削
受講料の返金
実技試験の対策自分で対策含まれる

さらに詳しく独学と通信講座を比較していきます。

独学と通信講座の違い①:勉強方法やテキスト教材で比較

独学と通信講座を勉強方法やテキスト教材で比較すると、独学の方が幅広く試験対策がしやすいです。

例えば、イラストが豊富な教材や好きなYouTuberの解説で勉強するなど、対策できる幅が広い特徴があります。とはいえ、通信講座で勉強しても補足教材として活用できるので、求めている勉強イメージと比較してみると良いでしょう。

希望する勉強イメージと比較してみよう

  • 好みの勉強スタイルを考えてみる
  • 勉強できる時間帯や頻度を考える
  • 勉強する前にイメージを比較する

好きな教材で勉強しないと、途中で挫折するリスクがあります。通信講座の場合は、無料の資料を取り寄せると具体的なイメージが分かりやすいですよ!

おすすめの通信講座を詳しくチェック!

独学と通信講座の違い②:受講料やクーポン・予算感で比較

独学と通信講座の受講料やかかる費用で比較すると、独学の方が負担を減らして合格を目指せます。

通信講座でもっとも安い受講料はキャリカレで31,900円になりますが、独学の場合は2,000円程度から目指せるので1/10以下の金額でOKです。コスパ初学者ならおすすめなので、無理のない範囲で試験対策をしましょう。

無理のない予算感で保育士を目指せる

  • 独学だと2,000円程度で試験対策ができる
  • 無理のない受講料で保育士を目指せる
  • 通信講座は割引キャンペーンを有効活用

できる限り安く対策をしたいのであれば独学がおすすめです。予算内で対策ができるようにしましょう!

独学と通信講座の違い③:サポート体制や合格後のフォローで比較

独学と通信講座のサポート体制で比較すると、質問や課題添削をしたい場合は通信講座がおすすめです。

例えば、1つ1つ確認しながら試験対策をしたいなら通信講座のサポート体制を活用するしかありません。ゼロスタートで合格を目指す場合は、課題添削やモヤモヤを解消できる通信講座で試験対策をしましょう。

サポート体制の必要性で比較しよう

  • 通信講座は1つ1つ確認しながら対策可能
  • ストレスなく保育士を目指せる環境選び
  • ゼロスタートなら通信講座がおすすめ!

サポートがつくと安心して勉強ができますよね。心の負担を減らして対策ができる方法で、一発合格を目指しましょう!

独学と通信講座の違い④:実技試験の対策で比較

独学と通信講座を実技試験の対策で比較すると、基礎から学びたい場合は通信講座がおすすめです。

例えば、キャリカレやユーキャンだと映像講義により実技試験対策が含まれているのでゼロスタートでも1つ1つ理解しながら取り組めます。ピアノ対策や適切な子どもとの距離感が分からなくて悩んでいる場合も最適でしょう。

実技試験の対策準備を考えよう

  • 基礎からはじめるなら通信講座が良い
  • 独学で勉強する場合は対策方法の工夫
  • 勉強できる項目や内容を事前にチェック

独学だと、過去問や頻出傾向をチェックすればイメージが分かります。筆記試験だけで満足せずに、実技試験の対策も万全にしましょう!

独学と通信講座の違い⑤:主婦向けの勉強方法で比較

独学と通信講座を主婦向けの勉強方法で比較すると、最短ルートでスキマ時間に対策ができる通信講座の方がおすすめです。

主婦だけでなく、勉強時間が限られている場合やサクサク合格を目指すなら過去の傾向や実績が豊富な通信講座の方がストレスフリーで対策ができるでしょう。負担を減らして対策ができる環境選びが大切です。

主婦や社会人は勉強できる時間が限られているので、効率よく対策をする必要があります。あなたのライフスタイルに合わせて合格を目指しましょう!

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘はありません。

主婦が独学で保育士を目指せるの?

保育士を独学で目指すおすすめの人・おすすめでない人

保育士を独学で目指すおすすめの人・おすすめでない人は以下のとおりです。

おすすめの人
おすすめでない人
  • 受講料を安くして、コスパよく合格を目指したい
  • 好きな教材でマイペースに保育士を目指したい
  • ある程度の知識があり、勉強に自信がある
  • 基礎から1つ1つ理解しながら勉強したい
  • 質問や充実したサポート体制が安心できる
  • 実技対策のフォローまで徹底してほしい

独学で保育士を目指す場合は、基礎知識がある上にできる限り受講料を安くして合格を目指したい場合におすすめです。例えば、ゼロスタートで気軽に質問をしながらモヤモヤを残さず対策したい場合は通信講座が良いでしょう。

保育士試験対策を独学と通信講座で比較して決めよう!

結論をまとめると、保育士試験対策をするならライフスタイルで比較すると最適な勉強方法が見つかるでしょう。特に主婦や社会人など、限られた時間で対策をする必要がある場合は注意が必要です。

ライフスタイルで勉強方法を比較しよう

  • 受講料を安くして対策するなら独学
  • 好きな教材で自由に勉強するなら独学
  • 充実したサポート体制なら通信講座
  • 実技対策まで希望するなら通信講座

保育士試験は年2回しかないチャンスで合格を目指す必要があります。合格率は20%前後と決して高いわけではありませんが、負担を減らして対策を継続すれば良い結果につながるでしょう。

独学か通信講座で悩んでいたら、おすすめのカリキュラムや教材を比較して、ストレスなく合格を目指せる環境を探してみると良いでしょう。

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘はありません。

おすすめ保育士講座はこちらで徹底比較!

※本記事内の料金は全て税込価格です。
※参考:全国保育士養成協議会厚生労働省「保育士関係」厚生労働省「保育士の現状と主な取組」

保育士試験は独学でいいの?勉強時間・テキスト・実技対策を通信講座やスクールと徹底比較!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる