当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しています。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、記事内で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。

コーヒー資格はどれがいい?おすすめ8選・使える方法まで徹底比較【2024年2月対策版】

監修:
コーヒー資格はどれがいい

コーヒー資格は、豆の種類や選び方・弾き方・淹れ方だけでなく、カフェ開業やバリスタとして活躍するために専門的なスキルを取得している証明ができる民間資格になります。

コーヒーの中に含まれるカフェインの過剰摂取を防ぐだけでなく、適切な挽き方や淹れ方を理解して、バリスタなどの仕事で役立つ専門スキルを習得できると評判です。

コーヒーに関する専門資格を目指したいけど、どれがいいのか分からない…。おすすめの勉強方法や資格ってあるのかな?

この記事で分かるポイント
  • コーヒー資格のおすすめは8種類ある
  • 使える場面を想定した勉強方法がおすすめ
  • バリスタは資格がなしでも就けるが専門知識がポイント
  • コーヒー初心者におすすめはコーヒープロフェッショナル資格

そこで本記事では、おすすめのコーヒーに関する専門資格8選を3つのポイントで徹底比較しています。

コーヒー資格の目的やサポート体制・受講料の安さで比較して、バリスタ・日常生活で実践できるスキルを目指しましょう。

コーヒー資格は使える場面を想定して合格を目指さないとギャップに感じる可能性があります。国家資格に含まれないコーヒー資格の使い方を想定しながら比較しましょう!

おすすめコーヒー資格はコーヒープロフェッショナル!

おすすめコーヒー資格は、ラーキャリコーヒープロフェッショナル講座で取得できます。

コーヒー資格の勉強経験がなくても、日常生活やバリスタとして仕事で活躍する実践スキルまで効率よく学べます。

最短3週間で合格を目指せる勉強スケジュールになっており、短期間でメリハリのあるスキルアップが可能です。

コーヒー豆の選び方や挽き方・淹れ方と基礎から学べる勉強内容です。短時間でスムーズにコーヒー資格を目指せますよ!

今なら10,000円割引で受講できる

タップで移動できます

コーヒー資格はどれがいい?比較ランキング一覧表でチェックしよう

コーヒー資格の通信講座選びでどれがいいか迷ったら比較したいランキング一覧表を紹介します。

国家資格に該当しないため、バリスタやカフェ店員などの仕事現場で使うためには再現性の高い勉強ができる通信講座選びがおすすめです。

スクロールできます
通信講座ラーキャリユーキャンキャリカレformie日本安全食料料理協会日本スペシャルコーヒー協会ハッピーチャレンジゼミコーヒーインストラクター協会
イメージ
資格名コーヒープロフェッショナル資格UCCドリップマイスター資格カーサバリスタ資格コーヒースペシャリスト資格コーヒーソムリエ資格コーヒーマイスター資格コーヒーコーディネーター資格コーヒーインストラクター資格
受講料
(税込)
49,500円
39,500円
69,000円85,900円
75,900円
38,500円教材+受験料39,000円70,400円教材+受験料
分割払い
受講期間個人差あり4ヶ月3ヶ月個人差あり個人差あり3ヶ月6ヶ月個人差あり
サポート質問サポート1日3問までの質問
最長8ヶ月延長
無制限の質問サポート
最長700日間サポート
質問サポートなしなし質問サポートなし
国家資格対象外対象外対象外対象外対象外対象外対象外対象外
初心者向け
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料は公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

コーヒー資格を学べるおすすめの通信講座は8種類ですが、はじめて勉強をする場合はサポートが充実しているキャリカレや無制限の期間でじっくり合格を目指せるラーキャリがおすすめです。

合格が目的ではなく、バリスタやカフェ店員などの仕事や日常生活でコーヒーを楽しむためなど、スキルを使える場面を想定しながら通信講座を比較すると良いでしょう。

コーヒーの勉強経験がない場合は、サポート体制が充実している通信講座がおすすめです。使えるコーヒースキルをスムーズに学べる環境を目指しましょう!

↓↓↓

コーヒー資格はどれがいい?3つの比較ポイントでおすすめを探そう

コーヒー資格はどれがいいか迷ったら3つのポイントで比較がおすすめです。

合格するだけでなく、使えるコーヒー資格を取得するために、納得できる通信講座選びの参考にしましょう。

コーヒー資格はどれがいい?目指す目的やスキルで比較しよう

コーヒー資格はどれがいい?目指す目的やスキルで比較しよう

1つ目のコーヒー資格選びでどれがいいか迷ったら比較したいポイントは、勉強する目的や身につくスキルです。

コーヒー関連の国家資格はなく、共通して日常生活やバリスタなどの仕事で活かせる民間資格の取得を目指します。

複数のコーヒー資格は、身につくスキルや合格までのスケジュールが異なるため、重点的に学びたいポイントで比較した方が理想のスキルを習得できるでしょう。

通信講座勉強イメージ
ラーキャリテキストを活用して、コーヒーの歴史・挽き方・淹れ方までをじっくり時間をかけて学べる。
ユーキャンテキスト中心で、コーヒーとのフードのマリアージュまで学べて、コーヒーを楽しむ幅が広がる。
キャリカレコーヒーだけでなく、紅茶・カフェ開業スキルまで理解でき、バリスタやカフェ店員などの現場で働けるスキルを習得。
formieスマホだけでコーヒーの基礎知識やラテアートの技術まで学べる通信講座。
日本安全食料料理協会コーヒー豆の種類や豆の違いによる焙煎・ラテアートなどが問われる試験対策をする。
日本スペシャルコーヒー協会難易度が分かれているコーヒー資格の取得とお客さんへのサービス提供が目的の知識を理解。
ハッピーチャレンジゼミカフェや喫茶店の開業・コーヒー教室の開講・バリスタとして活躍できるスキルの習得が目的。
コーヒーインストラクター協会テキストでコーヒーの正しい知識と消費者が評価するコーヒーの生産と消費の促進・振興まで理解できる。
コーヒー資格の勉強方法

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、コーヒー初心者は正しい知識を効率よく学ことができるため、スムーズに専門性を高めることができます。

コーヒー資格は取得後が本番です。コーヒーを美味しく飲む・適切な挽き方や淹れ方を理解するなど、学んだスキルを活用するイメージをして比較すると良いですよ!

コーヒー資格はどれがいい?サポート体制で比較しよう

コーヒー資格はどれがいい?サポート体制で比較しよう

2つ目のコーヒー資格選びでどれがいいか迷ったら比較したいポイントは、勉強する通信講座のサポート体制です。

通信講座は独学と異なり、質問や課題添削など独自のサポート体制が受講料に含まれるメリットが特徴になります。

通信講座のメリット
独学のメリット
  • サポート体制が受講料に含まれる
  • 合格までのスケジュールが明確になっている
  • 資格の取得を目指せる
  • 好きな教材で勉強できる
  • 通信講座よりも受講料が安い傾向

勉強を継続する自信がない場合は、充実したサポート体制で比較して、適切な理解ができる通信講座でコーヒー資格の勉強をしましょう。

通信講座サポート体制
ラーキャリ質問サポート
ユーキャン1日3問までの質問
最長8ヶ月延長
キャリカレ無制限の質問サポート
最長700日間サポート
formie質問サポート
日本安全食料料理協会なし
日本スペシャルコーヒー協会なし
ハッピーチャレンジゼミ質問サポート
コーヒーインストラクター協会なし
コーヒー資格のサポート体制

中でもコーヒー資格の勉強経験がない初心者は、質問をしながら合格を目指せるラーキャリキャリカレがおすすめです。

例えば、豆の選び方や焙煎法・ペーパードリップの知識がなければ、講師に確認しながら勉強を進めた方が自己流を防止し、専門性の高いコーヒーの知識を習得できるでしょう。

目的のコーヒー資格が決まっていない場合は、サポートが充実している通信講座で受講した方が理想に近い勉強がしやすいです。合格までのイメージを想定した上でチャレンジしましょう!

コーヒー資格はどれがいい?受講料の安さで比較しよう

コーヒー資格はどれがいい?受講料の安さで比較しよう

3つ目のコーヒー資格選びでどれがいいか迷ったら比較したいポイントは、受講料の安さやコスパの良さです。

残念ながら、通信講座は独学よりも受講料が高いデメリットがあります。

受講料が安いコーヒー資格や期間限定の割引キャンペーン中に受講して、負担を減らした環境でコーヒー資格の勉強をすると良いでしょう。

受講料が安いコーヒー資格ランキング

※通信講座の受講料が安いランキング

安い受講料の通信講座を選べば、支払いの心配や余計な負担を減らしてコーヒー資格の勉強ができるため、集中できるメリットがあります。

予算内で無理なくチャレンジができるコーヒー資格を選び、マイペースに合格を目指しましょう。

通信講座ごとに割引クーポンを発行している場合があります。受講前に気になるコーヒー資格の公式サイトを確認して、損をしない方法で合格を目指しましょう!

↓↓↓

コーヒー資格のおすすめ8選を徹底比較

おすすめのコーヒー資格8選を紹介します。あなたが求めるコーヒー資格のイメージや合格までの勉強スケジュールを確認して、理想の通信講座を見つけましょう。

※タップで該当箇所までジャンプします。

コーヒープロフェッショナル資格は最短3週間で日常で楽しめる専門知識を学べる

https://lear-caree.jp/
おすすめポイント
  • コーヒーの基礎知識から理解ができる勉強内容
  • コーヒーの木・豆の種類・コーヒーの淹れ方を理解
  • 無制限で期間を延長できてマイペースに試験対策

ラーキャリで取得できるコーヒープロフェッショナル資格は、実用的なコーヒーに関する専門知識と実践・職場での活用まで幅広く学べるカリキュラムが特徴です。

コーヒー初心者向けの勉強内容で、コーヒー豆や淹れ方を中心に理解ができ、主に日常生活の中で活かせるスキルが中心の通信講座になります。

テキストだけで合格を目指すスケジュールですが、期間に制限がないため、あなたのペースでじっくりコーヒープロフェッショナル資格を目指せるメリットが評判です。

  • 写真が豊富でテキストのみで理解できる
  • 受講期限がなくてじっくり勉強が可能
  • ラーキャリはコーヒー資格が充実している

ラーキャリは、コーヒーをはじめとした食に関する資格が充実しています。最短3週間で合格を目指せるため、短期間で集中できるスケジュールも魅力的ですよ!

通信講座
スクール
ラーキャリ
資格名コーヒープロフェッショナル資格
受講料■通信講座+資格:49,500円
■試験のみ:11,000円
受講期間個人差あり
サポート質問サポート
初心者向け

今なら10,000円割引で受講できる

参考 ラーキャリコーヒープロフェッショナル講座の評判や口コミを紹介!

UCCドリップマイスター資格はフードとのマリアージュも学べる通信講座

https://www.u-can.co.jp/
おすすめポイント
  • 6種類のコーヒー豆が含まれる教材で勉強を進める
  • コーヒーとフードのマリアージュを楽しめる
  • 評判が充実している通信講座でスキルアップができる

UCCドリップマイスターは、評判や体験談が充実しているユーキャンで合格を目指せる初心者におすすめの資格です。

6種類のコーヒー豆が含まれている教材で合格を目指せるため、実際にコーヒーの挽き方・淹れ方を確認しながら資格を目指せます。

受講料は高い部類ですが、フードとのマリアージュも学べるため、コーヒーと食を学びたいならおすすめの通信講座です。

ユーキャンは、UCCコーヒーアカデミー監修のカリキュラムを受講できます。ドリップマスターコースとおうちdeカフェコースの2種類から選択できますが、コーヒー資格の取得に関心がなければ30,000円割引になりますよ!

通信講座
スクール
ユーキャン
資格名UCCドリップマイスター資格
受講料69,000円
受講期間4ヶ月
サポート1日3問までの質問
最長8ヶ月延長
初心者向け

月々5,800円で合格を目指せる

カーサバリスタ資格はサポートが充実して紅茶資格と同時に目指せる

https://www.c-c-j.com/
おすすめポイント
  • 抽出技術や淹れ方までじっくり学べる
  • コーヒーと紅茶資格を同時進行で目指せる
  • 無制限の質問などのサポートが充実している

カーサバリスタ資格は、ペーパードリップ・サイフォン・フレンチプレスなどの抽出技術を中心に日常と仕事の両面で活かせるスキルを証明する民間資格です。

独学では合格を目指せないですが、質問や課題添削などのサポートが充実しているキャリカレで勉強ができるため、自信がなくても前向きにチャレンジがしやすいでしょう。

さらにコーヒーだけでなく、紅茶資格も同時に学べるスケジュールになっており、食に関する複数の資格を目指したいならおすすsめの通信講座です。

テキストを中心としたコーヒー初心者でも分かりやすい教材で合格を目指せます。バリスタとして活躍するために必要なコーヒーの基礎から学べる通信講座ですよ!

通信講座
スクール
キャリカレ
資格名カーサバリスタ資格
受講料85,900円
75,900円
受講期間3ヶ月
サポート無制限の質問サポート
最長700日間サポート
初心者向け

今なら10,000円割引で受講できる

参考 キャリカレで目指せるカーサバリスタ資格の評判や口コミを徹底解説

コーヒースペシャリスト資格はスマホでだけでスキマ時間に合格を目指せる

https://formie.net/
おすすめポイント
  • スマホ1台だけでコーヒー資格を目指せる内容
  • ラテアートやデザインカプチーノまで習得
  • サブスク形式のプランで気軽にチャレンジも可能

コーヒースペシャリスト資格は、Web教材を活用してスキマ時間にコーヒーの専門スキルを習得するカリキュラムです。

スマホだけでコーヒー資格を目指せるのはformie(フォーミー)だけで、スキマ時間を活用した勉強で合格を目指せます。

さらに1ヶ月単位のサブスク形式でもコーヒースペシャリスト資格を目指せるため、短期間で集中した勉強をイメージしている場合におすすめの通信講座です。

コーヒーの知識だけでなく、ペアリング理論に基づいたスイーツ&フードレシピまで学べます。スキマ時間を活用して、コーヒーに関する専門性を高めましょう!

通信講座
スクール
formie
資格名コーヒースペシャリスト資格
受講料38,500円
受講期間個人差あり
サポート質問サポート
初心者向け

おすすめコーヒー資格の中でで最安値

コーヒーソムリエ資格はSARAスクールでも合格を目指せる

おすすめポイント
  • カフェ経営の専門知識まで理解ができる
  • コーヒーの基礎知識が中心の試験内容
  • 難易度が低くて合格を目指しやすい資格

コーヒーソムリエ資格は、コーヒーの歴史や挽き方・淹れ方のほか、カフェ経営まで理解ができる民間資格です。

独学でも合格を目指せますが、通信講座を活用するならSARAスクールでカフェオーナー経営士資格と同時に試験対策をします。

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットはありますが、カフェ経営をしたいまたは合格できる自信がない場合はSARAスクールで勉強すると良いでしょう。

通信講座
スクール
SARAスクール
資格名コーヒーソムリエ資格
受講料教材+受験料
受講期間個人差あり
サポート
初心者向け

通信講座でも合格を目指せる

コーヒーマイスター資格

おすすめポイント
  • コーヒー初心者でも分かりやすい教材
  • 60%以上の正答率で合格できる試験
  • 難易度が低くて合格を目指しやすい資格

日本スペシャルティコーヒー協会は、第7章構成のテキスト教材を活用してコーヒーの専門講座を開講しています。

試験は100問中60問以上の正解で合格ができるので、勉強に自信がない場合でも一発合格を目指しやすいでしょう。

通信講座
スクール
日本スペシャルティコーヒー協会
資格名コーヒーマイスター資格
受講料39,000円
受講期間3ヶ月
サポート
初心者向け

コーヒーコーディネーター資格

おすすめポイント
  • コーヒーの淹れ方以外の専門スキルを習得
  • スキマ時間を活用した勉強ができる講座
  • カフェ開業を目指せるカリキュラム内容

コーヒーコーディネーター資格は、エスプレッソやラテアート・カフェフードまでコーヒーに関連する幅広い知識を習得できるカリキュラムです。

他の通信講座と比較してサポート体制は少ないですが、幅広い知識を学べるでしょう。

通信講座
スクール
ハッピーチャレンジゼミ
資格名コーヒーコーディネーター資格
受講料70,400円
受講期間6ヶ月
サポート質問サポート
初心者向け

コーヒーインストラクター資格

おすすめポイント
  • 3種類の難易度に分かれているコーヒー資格
  • 独学で合格を目指せる民間資格
  • 1級はコーヒーの専門性が高い資格を証明

コーヒーインストラクター資格は、1級・2級・鑑定士の3種類に分かれている民間資格です。

通信講座の受講ができないため、コーヒーに関する多少の知識がないと難しく感じる可能性があるため注意しましょう。

通信講座
スクール
資格名コーヒーインストラクター資格
受講料教材+受験料
受講期間個人差あり
サポート
初心者向け

コーヒーに関する資格一覧表・国家資格との比較

コーヒーに関する国家資格はなく、共通して民間資格です。

独学で取得できるコーヒー資格もありますが、初心者の場合は通信講座で基礎からじっくり学んだ方が再現性を高めることができるメリットがあります。

  • コーヒープロフェッショナル資格
  • UCCドリップマイスター資格
  • カーサバリスタ資格
  • コーヒースペシャリスト資格
  • コーヒーソムリエ資格
  • コーヒーマイスター資格
  • コーヒーコーディネーター資格
  • コーヒーインストラクター資格

国家資格は専門職に就けますが、民間資格は日常生活やキャリアップのヒントが目的で取得するケースが大半です。

中でもバリスタやカフェ・飲食店の仕事で役立てたい場合は、サポートが充実している通信講座を選んだ方がスムーズにスキルアップができます。

スクロールできます
資格認定初心者向け目的
コーヒープロフェッショナル日本技能開発協会日常生活でコーヒーを楽しむ
UCCドリップマスターUCCコーヒーアカデミー日常生活でコーヒーを楽しむ
カーサバリスタ日本能力開発推進協会日常生活でコーヒーを楽しむ
コーヒースペシャリスト日本能力教育促進協会日常生活でコーヒーを楽しむ
コーヒーソムリエ日本安全食料料理協会カフェやバリスタなどの仕事
コーヒーマイスター日本スペシャルティコーヒー協会日常生活でコーヒーを楽しむ
コーヒーコーディネーター日本通信振興協会日常生活でコーヒーを楽しむ
コーヒーインストラクター全日本コーヒー商工組合連合会カフェやバリスタなどの仕事
コーヒー資格の種類一覧

コーヒー資格は取得するだけでは意味がなく、日常やカフェ・バリスタとして現場で使えるスキルを身につけ、実践していくことが大切です。

取得する前に合格後のイメージやコーヒー資格を使えるシーンを想定して、無駄な受講料の支払いを避けるようにしましょう。

今なら10,000円割引で受講できる

バリスタを目指せるコーヒー資格の比較

バリスタやカフェ店員をする上でコーヒー資格の取得は必須条件ではないです。

とはいえ、コーヒー豆の種類や挽き方・淹れ方の正しい知識やお客さんにサービスを提供する上で必要なコミュニケーション力がないと現場での実践は難しいでしょう。

仕事で活かせるコーヒー資格は3種類がおすすめになり、勉強する目的を考えてチャレンジするとギャップを防げます。

資格スキル・目的
コーヒーソムリエコーヒーに関する基礎知識から挽き方・淹れ方まで理解ができる。さらにSARAスクールならカフェオーナー経営士資格を同時に取得できるため、マネジメントスキルも同時に学べるおすすめのコーヒー資格
コーヒーインストラクター4種類の難易度に分かれているコーヒー資格を取得できる。コーヒー鑑定士資格の合格率は4.4%になるため、専門性の高いコーヒーに関するスキルとお客さんへの上品なサービスを提供できる。
コーヒープロフェッショナルコーヒーや食に関する資格が充実しているラーキャリで学べるほか、カフェ経営の実用性が高いスキルを習得できる。最短3週間で目指せるスケジュールも魅力な通信講座。
バリスタを目指せるコーヒー資格

コーヒーの専門性だけでなく、お客さんとのコミュニケーションや経営・マネジメントスキルを習得することで、バリスタとしても使えるスキルを習得可能です。

合格だけを目標にするのではなく、コーヒー資格を使う場面やバリスタとして活躍するイメージを考えた上で勉強環境や通信講座を比較した方が良いでしょう。

コーヒー資格の合格率や合格者数・試験難易度

コーヒー資格の合格率や合格者数・試験難易度の公表は少ないですが、コーヒーインストラクター資格のみ難易度ごとに紹介されています。

スクロールできます
資格合格率合格者数難易度
コーヒープロフェッショナル不明不明低い
コーヒーソムリエ不明不明低い
UCCドリップマスター不明不明低い
コーヒースペシャリスト不明不明低い
コーヒーインストラクター2級:94%
1級:15%
鑑定士:4.4%
2級認定者:18,064人
1級認定者:1,456人
鑑定士認定者:50人
※鑑定士認定者は商品設計・生豆鑑定・品質管理の3つで合格
難易度によっては高い
コーヒーマイスター不明不明低い
コーヒーコーディネーター不明不明低い
カーサバリスタ不明不明低い
コーヒー資格の合格率一覧

国家資格に含まれないコーヒー資格は、初心者でも合格を目指しやすい試験になっており、難易度は低い資格が大半です。

合格する自信がなくても分かりやすい教材や勉強スケジュールで効率よく試験対策ができます。

試験難易度で比較するのではなく、コーヒー資格を取得した後にやりたいことや使いたい場面を想定した上で比較した方が納得のできるスキルアップができるでしょう。

独学で取得できるコーヒープロフェッショナル・コーヒーソムリエ資格

バリスタで使えるおすすめコーヒー資格の中には、独学で取得できる種類があります。

  1. コーヒープロフェッショナル資格
  2. コーヒーソムリエ資格

独学だと、通信講座独自のサポートや合格までのスケジュール調整がしにくいデメリットはありますが、受講料が安くなり好きな教材でスキルアップが可能です。

独学のメリット
独学のデメリット
  • 好きな教材を活用してスムーズに合格を目指せる
  • 通信講座よりも受講料が安い
  • 時間に追われることなく、マイペースにスキルアップ
  • 正しいコーヒーの知識が身についているか確認できない
  • 取得できるコーヒー資格が限られている
  • 質問や課題添削などのサポートが含まれない

求めるスキルやあなたのコーヒーに関する知識状況を考慮して、独学と通信講座を比較した上で資格を取得すると良いでしょう。

コーヒープロフェッショナルの特徴・おすすめポイント

独学で取得できるおすすめのコーヒー資格は、コーヒープロフェッショナルです。

コーヒープロフェッショナルはラーキャリで取得できる民間資格ですが、知識に自信があれば試験のみにチャレンジすることもできます。

  • 試験のみ:11,000円
  • 通常(ラーキャリ):49,500円39,500円

コーヒーの歴史から木・豆の種類・美味しい淹れ方まで証明する民間資格になり、バリスタなどの現場よりも日常生活で楽しむスキルが中心です。

試験難易度は低く、コーヒー初心者でも正しい知識を理解していれば1回で合格できます。

コーヒープロフェッショナルのポイント
  • 日本技能開発協会(JSADA)認定の民間資格
  • 日常生活で楽しむコーヒーの知識を証明
  • 受験料は高いが試験難易度は低い資格
  • 独学が不安ならラーキャリで受講できる

今なら10,000円割引で受講できる

コーヒーソムリエ資格の特徴・おすすめポイント

独学で取得できる2つ目のおすすめコーヒー資格は、コーヒーソムリエです。

通信講座(SARAスクール)で合格を目指せるコーヒーソムリエですが、日本安全食料料理協会(JSFCA)に直接申込をすれば試験のみの受験ができます。

  • 試験のみ:10,000円
  • 通常(SARAスクール):95,000円または115,000円

受講料の安さで比較するなら試験のみがおすすめですが、SARAスクールを受講するとカフェオーナー経営士資格も同時に合格を目指せます。

コーヒーの知識だけでなく、カフェ経営・開業スキルまで目指したい場合はSARAスクールがおすすめです。

独学でも取得できますが、コーヒーソムリエ資格を目指す目的を考えた上で勉強方法を判断しましょう。

コーヒーソムリエのポイント
  • 日本安全食料料理協会(JSFCA)認定の民間資格
  • コーヒーの選び方・目利きを証明できる
  • 受験料は高いが試験難易度は低い資格
  • 独学が不安ならSARAスクールで受講できる

通信講座でも合格を目指せる

コーヒー資格や通信講座の比較に役立つよくある質問

コーヒー資格や通信講座の比較に役立つよくある質問を紹介します。

おすすめのコーヒー資格はどこですか?

初心者におすすめは、コーヒープロフェッショナル資格です。

コーヒーの専門知識だけでなく、日常生活やバリスタとして仕事でも通用するスキルを学べます。

さらに、無制限の質問・無制限の期間延長で、正しいコーヒーの知識が身につきやすいです。

バリスタ資格はどれですか?

バリスタで働くためにコーヒー資格は必要ではありません。

しかし、正しいサービスとお客さんが満足できるコーヒーを提供するために資格の勉強をした方が良いです。

コーヒーに特化した国家資格はありますか?

いいえ、コーヒーに関する国家資格はありません。

民間資格になりますが、日常生活やカフェなどの現場で活かせる実践スキルを習得できます。

民間資格を取得した後の活用イメージを想定すると比較しやすいです。

どのくらい勉強をすればコーヒー資格を取得できますか?

通信講座で異なりますが、3ヶ月程度の勉強でもコーヒー資格を取得できます。

スキマ時間を活用してスムーズに合格を目指しましょう。

1日の勉強時間はどのくらいですか?

決まっていませんが、1日30分以内の短時間でも取り組みやすい通信講座が多いです。

メリハリのある勉強で、ストレスなく取り組めるプランを選びましょう。

コーヒー資格の合格率はどのくらいですか?

合格率を公表していないコーヒー資格が大半ですが、コーヒー鑑定士は4.4%になるため、おすすめコーヒー資格の中では最も難しい民間資格です。

独学でもコーヒー資格を合格できますか?

はい、独学で取得できるコーヒー資格もあります。

資格サーチナビがおすすめするコーヒー資格の中では、コーヒープロフェッショナルとコーヒーソムリエが独学で取得できます。

コーヒー資格で合格するメリットはなんですか?

正しいコーヒー豆の挽き方や淹れ方を理解でき、日常生活やカフェなどの仕事でスキルを活かせます。

また関連性のある仕事の履歴書に書いてアピールができるため、あなたの強みとしてコーヒー資格を活用できるでしょう。

勉強を継続する自信がありません。

通信講座を活用すれば、質問や課題添削をしながら合格を目指せるコーヒー資格もあります。

不安を払拭して、自信を持ってスキルアップができる通信講座を選びましょう。

サポートが充実している通信講座はどこですか?

キャリカレやラーキャリがサポートが充実しているおすすめ通信講座です。

サポートは受講料に含まれており、効率よく合格を目指せるプランを選びましょう。

どのような人がコーヒー資格の勉強をしますか?

コーヒーが好きなだけでなく、カフェや飲食店で働きたい方がチャレンジするケースが多いです。

正しいコーヒーの知識やサービスの提供方法を知りたいならコーヒー資格を目指しても良いでしょう。

仕事や家事をしながらでもコーヒー資格は合格できますか?

はい、仕事や家事をしながらでもスキマ時間に合格を目指せます。

おすすめコーヒー資格は両立しやすい勉強方法も特徴です。

まずは無料の資料請求や公式サイトで確認をして、コーヒー資格のイメージを確認しましょう。

2023年に目指したいコーヒーのおすすめ資格はコーヒープロフェッショナル!

コーヒー資格の比較でどれがいいか迷ったら、コーヒープロフェッショナル資格がおすすめです。勉強経験がなくても、コーヒーの基礎からバリスタとして仕事で活かせるスキルまで効率よく習得できます。

コーヒープロフェッショナルがおすすめの理由
  • コーヒーの基礎知識から理解できる
  • スキマ時間だけでも十分理解OK
  • 初心者向けで分かりやすい内容
  • 日常・仕事の両方で活かせるスキル
  • 期間限定のキャンペーン実施中!

勉強経験がない初心者でもコーヒープロフェッショナル資格なら、最短3週間で効率よく合格を目指せます。

さらにラーキャリは受講期間の制限がないため、あなたのペースでマイペースにコーヒー資格の対策が可能です。

期間限定で10,000円割引キャンペーンを実施しています。お得な時期に合わせて、専門性の高いコーヒー資格を目指しましょう!

今なら10,000円割引で受講できる

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
シカクゲットナビ_LINE
コーヒー資格はどれがいい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気になったらシェア
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます