調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いは?資格の勉強前に知っておきたい5つのポイント

調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いは?資格の勉強前に知っておきたい5つのポイント
  • URLをコピーしました!

「調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いって?」
「調剤事務管理士と調剤薬局事務はどっちを目指せば良いの?」

調剤薬局事務の資格を目指したくても、複数の種類があって何が良いのかさっぱり分からないですよね。名称も似ているし、スキルの差はほとんどないことから比較が難しいと言われています。

でも、調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いがよく分からないと資格を決めきれない。決め手とか明確な違いをハッキリされたい…。

この記事で解決できる悩み

  • 調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いって?
  • 調剤事務管理士と調剤薬局事務がおすすめの人は?
  • 独学でも資格を目指せるのか詳しく知りたい
  • おすすめの通信講座や勉強方法ってあるの?

そこで本記事では、調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いを5つのポイントで詳しく紹介しています。あなたのイメージに合った環境で、専門スキルを目指しましょう!

↓↓↓

※ネット申込で10,000円割引が適応!

おすすめの通信講座をピックアップ!

キャリカレバナー
  • 写真やイラストが豊富なテキスト
  • スキマ時間だけで合格を目指せる
  • 難易度が低くて初学者でも対策可能
  • 1つ1つ質問しながら試験対策ができる
  • 無料の資料請求で30秒でサクッと確認
タップで移動できます

調剤事務管理士と調剤薬局事務は別の資格

最初に結論を紹介すると、調剤事務管理士と調剤薬局事務は別の資格になるので注意しましょう。

調剤事務管理士調剤薬局事務
認定協会技能認定振興協会日本能力開発推進協会
ジャンル民間資格民間資格
難易度
合格率不明不明
独学対応可なし
通信講座なしキャリカレ
サポート体制なし無制限の質問
期間延長
課題の添削
詳細公式サイト公式サイト

調剤薬局事務は、独学で取得できる資格が3種類で他は全て通信講座やスクールに通学する必要があります。調剤事務管理士と調剤薬局事務は、取得できる環境が異なるので注意しましょう。

2種類の資格を受講前にチェック

  • 調剤事務管理士:独学でも目指せる民間資格
  • 調剤薬局事務:通信講座の受講が必須の民間資格

調剤薬局事務資格の勉強方法が異なるため、目指す前に確認しないと後悔する可能性があります。2種類の違いを詳しくチェックしましょう!

調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いを5つのポイントで比較

調剤事務管理士と調剤薬局事務は勉強方法や身につくスキルが異なりますが、5つのポイントで比較すると具体的なイメージが分かりやすいです。資格を目指す前に違いを詳しく確認してみましょう。

資格の違い①:勉強内容や身につくスキル

調剤事務管理士と調剤薬局事務の勉強内容や身につくスキルの違いは以下の通りです。

勉強内容や身につくスキルの違い

  • 調剤事務管理士:①調剤報酬明細書を点検・作成するために必要な知識、②法規(医療保険制度、調剤報酬の請求についての知識)、調剤薬局請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成、薬剤用語についての知識)
  • 調剤薬局事務:①調剤薬局事務に従事する者の有する知識および技能、②職業能力の向上と社会的経済的地位の向上

2種類の資格は共通で学科と実技の試験となります。レセプト作成などの事務作業には差がありませんが、調剤事務管理士の蒲黄が報酬明細書など専門性の高い知識を求められます。

資格の違い②:認定している協会や団体

調剤事務管理士と調剤薬局事務の認定している協会や団体の違いは以下の通りです。

認定している協会や団体の違い

認定している協会や団体は民間資格なので全て異なります。調剤薬局事務の場合は、キャリカレと提携している協会になるので受講が必須条件になります。

資格の違い③:サポート体制や負担の少ない勉強環境

調剤事務管理士と調剤薬局事務のサポート体制や負担の少ない環境の違いは以下の通りです。

サポート体制や負担の少ない環境の違い

  • 調剤事務管理士:独学でサポートはなし
  • 調剤薬局事務:無制限の質問や課題添削・期間の延長

サポート体制を比較すると、調剤事務管理士は独学で取得できるので基本的にはあなた自身で合格を目指す必要があります。一方で調剤薬局事務資格は、キャリカレの充実したサポートが含まれるメリットが特徴です。

試験勉強が不安な場合は、調剤薬局事務の方が充実したサポート体制のもと効率よく合格を目指せます。あなたがストレスの少ない環境で調剤薬局事務資格を目指しましょう!

資格の違い④:合格率や難易度

調剤事務管理士と調剤薬局事務の合格率や難易度に大きな差はありません

共通して在宅試験になるので、あなたが慣れている環境で試験本番に臨めるメリットがあります。緊張感を減らして、マイペースに調剤薬局事務資格を目指せるでしょう。

資格の違い⑤:将来性や活用方法

調剤事務管理士と調剤薬局事務の将来性や活用方法の大きな違いはありません

全国で300万人以上が就業している調剤薬局事務は、年々需要が増していき多くの環境で求人募集をしています。将来的にも活躍できる可能性は高く、資格を取得しておけば就職活動でアピールできるポイントになるでしょう。

調剤薬局事務は民間資格になるので、必ず就職できるわけではありませんが、あなたの強みとしてアピールできます。時間に余裕があるタイミングで積極的にチャレンジしてみましょう!

↓↓↓

※ネット申込で10,000円割引が適応!

調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いを理解したら、考えたいポイント

調剤事務管理士と調剤薬局事務資格を5つのポイントで比較すれば、具体的な勉強イメージや取得後の活用方法が明確になります。

5つのポイントで違いを比較しよう

  1. 勉強内容や身につくスキル
  2. 認定している協会や団体
  3. サポート体制や負担の少ない勉強環境
  4. 合格率や難易度
  5. 将来性や活用方法

とはいえ、イマイチ判断ができない場合は、勉強する環境で違いを考えてみると良いでしょう。例えば、家事や育児・子育てをしながら調剤薬局事務資格を目指す場合はスキマ時間に目指せる通信講座がおすすめです。

※通信講座がおすすめの人

子育てでバタバタしているからまとまった勉強時間の確保ができない…。でも、資格勉強はしたいしどうすればいいのかな。

調剤薬局事務の知識がないから自信ないな。独学だと、サポートがつかないし本当に合格できるのか不安に感じる…

仕事をしながらだと、勉強する時間が限られているし挫折しそうで不安です。短期間でサクサク合格を目指したいな。

↓↓↓

※ネット申込で10,000円割引が適応!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

調剤事務管理士と調剤薬局事務の違いは?資格の勉強前に知っておきたい5つのポイント

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる