国内MBAのおすすめ予備校は?4種類を合格率・費用・サポート体制を徹底比較【2022年版】

国内MBAのおすすめ予備校は?4種類を合格率・費用・サポート体制を徹底比較【2022年版】
  • URLをコピーしました!

国内MBA対策ができる予備校ってどこがいいのかな?負担を減らして効率よく合格を目指したいけど、おすすめの予備校を知りたい。

国内MBA対策をしたいけど、独学では自信がない場合は予備校選びにモヤモヤしますよね。特に勉強が苦手で、モチベーション維持に自信がない場合は挫折が怖い…

そこで本記事では、国内MBA対策ができるおすすめの予備校を3つのポイントに絞って徹底比較しています。受講後のギャップを未然に防いで、負担の少ない試験対策をしましょう。

※タップで該当箇所までジャンプします。

最初に結論をチェックしよう!

  • 初学者でも分かりやすいカリキュラム
  • テキストと映像講義で疑問を解消
  • スキマ時間にコツコツ取り組める
  • 合格実績が豊富で信頼できる予備校
  • 積極的に割引キャンペーンを実施中

↓↓↓

※期間限定の割引キャンペーン実施中!

タップで移動できます

国内MBAのおすすめ予備校4選の一覧表【ひと目でチェック】

スクロールできます
予備校アガルートNIKKEN MBA lab河合塾KALS中央ゼミナール
受講料
(税込)
305,800円〜349,000円〜386,100円〜220,000円
合格実績
サポート体制
おすすめ度
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新情報の受講料・割引キャンペーンは公式サイトでご確認ください。

国内MBAのおすすめ予備校4選を比較するポイントは3つ

国内MBAのおすすめ予備校を比較するポイントは3つです。

上から順番に紹介していきます。

おすすめ比較ポイント①:合格率や過去の実績・信頼度

1つ目のおすすめ比較ポイントは、合格率や過去の実績を確認すること

例えば、早稲田・慶應義塾などの合格者数を確認して、あなたが目指したい大学院の実績で比較するとイメージしやすいです。合格実績だけの判断は勉強環境のギャップを感じるリスクがありますが、参考指標にしやすいでしょう。

合格実績は目標やモチベーションにつながりやすいです。特に合格率まで公表している予備校は信頼しやすいですよ!

おすすめ比較ポイント②:受講にかかる費用や予算

2つ目のおすすめ比較ポイントは、受講にかかる費用や予算を確認すること

例えば、おすすめする国内MBAの予備校は200,000円以上の受講料がかかります。支払いだけで精一杯になり、試験対策に集中できなければ全く意味がないので受講前に予算と比較して判断しましょう。

安いからダメ・高いから良いわけではありません。無理のない範囲で、負担が少ない試験対策をしましょう。

おすすめ比較ポイント③:充実したサポート体制

3つ目のおすすめ比較ポイントは、充実したサポート体制で負担を減らすこと

国内MBAの対策ができるおすすめ予備校は6ヶ所ですが、質問や課題の添削・カウンセリングなどのサポート体制は全て異なります。例えば、勉強する環境や時間の確保・場所など、あなたのライフスタイルに最適な環境を選びましょう。

通信・通学だけでなく、テキストや映像など、勉強スタイルも異なります。マイペースに国内MBA対策ができる環境が一番大切ですよ!

国内MBAのおすすめ予備校6選を詳しく比較しよう

上から順番に詳しく紹介していきます。

おすすめMBA予備校①:アガルート

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    5
  • サポート
    5
  • 実績
    5
  • 教材
    5

アガルートのおすすめポイント

  • 初学者でも理解しやすい教材
  • テキストと映像講義で充実の内容
  • サポート体制が充実して安心できる
  • 合格実績が豊富で信頼できる予備校
  • 最長12回までは分割手数料が無料

※分割手数料無料は6/30完全〆切です。

↓↓↓

※分割手数料無料は6/30完全〆切です。

おすすめMBA予備校②:NIKKEN MBA lab

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    5
  • サポート
    4
  • 実績
    5
  • 教材
    4

NIKKEN MBA labのおすすめポイント

  • 充実したテキストで合格を目指せる
  • 対面・オンラインでもサポートOK
  • 実績が充実している専門的な予備校

おすすめMBA予備校③:河合塾KALS

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    5
  • サポート
    5
  • 実績
    5
  • 教材
    4

河合塾KALSのおすすめポイント

  • 通学と通信の2種類から合格を目指す
  • 合格者数が他社の予備校よりも多い
  • 初学者でも信頼できるサポート体制

おすすめMBA予備校④:中央ゼミナール

  • 価格
    5
  • 初学者向け
    4
  • サポート
    4
  • 実績
    4
  • 教材
    4

中央ゼミナールのおすすめポイント

  • 個別の対応で相談しやすい環境
  • 他社と比較して受講料が安めの設定
  • マイペースに合格を目指しやすい

【安いランキング】国内MBAのおすすめ予備校

受講料が安いランキング4選

  1. 中央ゼミナール:220,000円
  2. アガルート:305,800円〜
  3. NIKKEN MBA lab:349,000円〜
  4. 河合塾KALS:386,100円〜

受講料で比較すると、中央ゼミナールが最も安く国内MBA対策ができます。他の予備校は300,000円を超える受講料で決して安くはありませんが、サポート体制や初学者向けのカリキュラムで比較するとアガルートがおすすめです。

イマイチ受講の決め手が掴めない場合は、無料の資料請求や説明会に参加すると具体的なイメージが明確になるでしょう。

国内MBAは独学と予備校ではどっちがおすすめ?

結論として、勉強は時間の確保や継続できるモチベーション維持に自信がない限り、独学はおすすめできません

例えば、数年間かけてゆっくり合格を目指す場合や趣味でチャレンジする場合は除きますが、予備校を活用した方が過去の実績や頻出傾向から最短ルートで合格を目指せます。さらにサポート体制が充実している予備校が多く、挫折がしにくいでしょう。

国内MBAの予備校を比較して最短ルートで合格を目指そう!

結論をまとめると、国内MBAは3つのポイントで比較すると、あなたのイメージに最適な環境で合格を目指せるでしょう。合格実績だけで判断すると、ギャップを感じるリスクがあります。

比較するポイント

  1. 合格率や過去の実績・信頼度
  2. 受講にかかる費用や予算感
  3. 充実したサポート・フォロー体制

国内MBA対策の予備校は、安くても220,000円を超えるため決して安いわけではありません。とはいえ、独学で勉強する場合はあなた自身でスケジュール管理や最新の対策をする手間やリスクがかかります。

国内MBAの入試対策をしたいけど自分にピッタリな勉強環境が分からない…と悩んでいたら、まずはアガルートの詳細を無料の資料請求で確認してみませんか?

↓↓↓

※期間限定の割引キャンペーン実施中!

スクロールできます
予備校アガルートNIKKEN MBA lab河合塾KALS中央ゼミナール
受講料
(税込)
305,800円〜349,000円〜386,100円〜220,000円
合格実績
サポート体制
おすすめ度
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※本記事内の料金は全て税込価格です。

国内MBAのおすすめ予備校は?4種類を合格率・費用・サポート体制を徹底比較【2022年版】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる