【占い資格】取得状況のアンケート調査結果

【占い資格】取得状況のアンケート調査結果

シカクゲットナビでは、2022年5月3日〜10日クラウドワークス占い資格の取得状況に関するアンケート調査を実施しました。累計140名の占い資格を取得した皆様からご回答をいただき、調査結果を紹介します。

アンケート調査概要

  • 目的:占い資格の取得状況の調査
  • 調査対象:占い資格の取得者
  • 調査人数:140人
  • 期間:2022年5月3日〜10日※定員数到達次第、調査終了
  • 調査会社:株式会社クラウドワークス

アンケート調査結果の詳細

※タップで詳細までジャンプします。

あなたが「占い資格の勉強・取得をした」年代を教えてください。

年代人数
10代1名
20代42名
30代83名
40代9名
50代5名
60代以上0名
合計140名

占い資格を取得した年代を比較すると、30代が最も多く全体の半数以上を占めていました。

次いで20代が42名になるので、本アンケートの回答者は89%程度が30代以下になります。クラウドワークスを利用している属性もありますが、占い資格は比較的「若い層」に人気があることが分かります。

性別を教えてください。

年代人数
男性37名
女性103名

職業を教えてください。

年代人数
会社員95名
公務員1名
自営業5名
主婦16名
パート・アルバイト19名
学生1名
その他3名

職業別で比較すると、会社員が全体の68%程度を占めています。

本アンケート結果からは、占い資格の取得は仕事をしながらでも目指しやすいことが分かります。つまり、資格を目指すハードルが低いわけではなく、無理のないペースで取得しやすい資格が多いと言えるでしょう。

勉強または取得した「占い資格」を教えてください。

年代人数
タロット系29名
風水系15名
手相系15名
姓名判断系11名
四柱推命系10名
数秘術系7名
ホロスコープ系7名
水晶占い系5名
パワーストーン系5名
西洋占星術系5名
ダウンジング系4名
夢占い系4名
ルノルマンカード系3名
九星気学鑑定士系3名
数字占い系3名
その他13名

取得した資格のジャンルを分類すると、タロット・風水・手相系の3種類が他の占い資格よりも多い結果になっています。特にタロットカードに関連した資格が多く、はじめて勉強をする場合でもハードルが低いと予想できます。

占い資格の勉強方法を教えてください。 

勉強方法人数
通信講座98名
独学33名
スクール9名
その他3名

勉強方法は、通信講座が全体の70%を占めています。

資格によっては通信講座の受講が必須になりますが、3人に2人以上の割合で利用しているので勉強方法で悩んでいたら通信講座を検討しても良いでしょう。※気になる占い資格の取得方法は、各通信講座でご確認ください。

占い資格の勉強方法の決め手を教えてください。

勉強方法人数
勉強のしやすさ87名
価格の安さ58名
占いのジャンル47名
サポート体制24名
実績7名

アンケート調査概要

  • 目的:占い資格の取得状況の調査
  • 調査対象:占い資格の取得者
  • 調査人数:140人
  • 期間:2022年5月3日〜10日※定員数到達次第、調査終了
  • 調査会社:株式会社クラウドワークス

※アンケート調査一覧を見るにはこちら

【占い資格】取得状況のアンケート調査結果

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!