ビジネス実務マナー検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

ビジネス実務マナー検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!
  • URLをコピーしました!

ビジネス実務マナー検定ってどんな資格なの?勉強方法や合格までのイメージを詳しく知りたいな。

ビジネスをする上で必要最低限の知識とマナースキルを習得できるビジネス実務マナー検定。正しいマナーをアウトプットできるスキルが身につくと、学生・社会人問わず注目されていますよね。

とはいえ、具体的な勉強方法やビジネス実務マナー検定のメリットが分からない…。そこで本記事では、ビジネス実務マナー検定の難易度や勉強方法・合格率を徹底解説しています。

この記事で分かることをチェック!

  • ビジネス実務マナー検定ってどんな資格?
  • ビジネス実務マナー検定の難易度や合格率は?
  • どんな人におすすめの検定なのかな?

資格を目指す前に、取得後のイメージや勉強方法を詳しく確認してみましょう!

タップで移動できます

ビジネス実務マナー検定の特徴【30秒でサクッと確認】

資格名ビジネス実務マナー検定
実施公益財団法人 実務技能検定協会
ジャンル民間資格
試験日程
(予定)
6月・11月
※例年2回実施
試験問題1.必要とされる資質
2.企業実務
3.対人関係
4.電話実務
5.技能
試験方法3級:選択問題(マークシート)・記述問題
2級:選択問題(マークシート)・記述問題
1級:記述問題
試験会場全国の都道府県で実施
公式サイトで公表
受験料
(税込)
3級:2,800円
2級:4,100円
1級:6,500円
合格率3級:64.9%
2級:50.0%
1級:61.8%
合格基準必要とされる資質・企業実務の分野で60%以上の正答率
対人関係・技能の分野で60%以上の正答率
勉強方法テキスト教材
独学
受験資格等特になし
申込方法公式サイトから申し込み

ビジネス実務マナー検定は、1級〜3級に分かれているビジネスマナーの基礎を習得できる民間資格です。1級は筆記試験だけでなく面接試験も含まれているので、より再現性の高さを求められます。

ビジネスマナーに自信がなくても、基礎から実践スキルまで習得できます。勉強が苦手でも、日常生活で実践しやすいので気軽に取り組めると評判ですよ!

ビジネス実務マナー検定の特徴

  • 1級〜3級で難易度が分かれている資格
  • 1級は筆記と面接の2部構成の試験内容
  • 勉強が苦手でも実践しながら理解可能

ビジネス実務マナー検定の勉強内容・身につくスキル・活かせる仕事

ビジネス実務マナー検定の勉強内容や身につくスキル・活用できる仕事を紹介します。はじめて資格を目指す場合は、具体的な勉強イメージや身につくスキルを考えてみましょう。

ビジネス実務マナー検定の勉強内容

  • 必要とされる資質
  • 企業実務
  • 対人関係
  • 技能
  • 面接試験(ロールプレイング)

https://jitsumu-kentei.jp/

ビジネス実務マナー検定は1級〜3級で勉強する範囲が異なりますが、前提として社会人として通用できるビジネスマナーの習得が目標になります。参考書に沿って勉強すれば、基本的には1回で合格を目指せる難易度の低い民間資格です。

ビジネス実務マナー検定で身につくスキル

ビジネス実務マナー検定は、ビジネスマンとしての判断や適切な行動・人間関係・マナースキルなどを習得できます。例えば、社会人としてはじめて働く前に基礎スキルを学びたい場合におすすめの民間資格です。

はじめて接客業にチャレンジする場合でも活用できるスキルです。就職活動では直接的にアピールしにくいですが、人間性やコミュニケーション力が身につきますよ!

ビジネス実務マナー検定を活用できる場所・仕事例

ビジネス実務マナー検定を活用できる仕事例

  • 秘書:平均年収532.9万円
  • 一般事務:平均年収494.3万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

繰り返しになりますが、ビジネス実務マナー検定は就職活動で直接的なアピールをしにくいのでスキルアップが目的になります。会社では、秘書や営業サポートなど、対人スキルが求められる職種で活用しやすいでしょう。

ビジネス実務マナー検定の口コミ・評判

ビジネス実務マナー検定を取得した体験談や勉強経験の口コミを紹介します。ビジネス実務マナー検定の取得を迷っている場合は、体験談をヒントにしてみましょう。

試験内容が簡単で短期間でも目指せる

各級ごとの参考書を購入する手間がかかる

秘書検定と比較してイメージ通りの資格が分からない

おすすめの秘書検定はこちらで紹介

ビジネス実務マナー検定のメリット・デメリット

ビジネス実務マナー検定のメリット・デメリットを紹介します。試験の合格だけで満足することなく、具体的な活用イメージも考えてみましょう。

ビジネス実務マナー検定のデメリット

ビジネス実務マナー検定のデメリット

  • 就職活動には直結しにくい民間資格
  • 資格の取得後に実践しないと意味ない
  • 基礎的な内容が多くて簡単な試験

ビジネス実務マナー検定は、社会人経験が長いと基礎的な内容で簡単に感じる可能性が高いです。勉強して学んだ内容を積極的に実行していかないと意味がないので、合格後のイメージを考えると良いでしょう。

ビジネス実務マナー検定のメリット

ビジネス実務マナー検定のメリット

  • 社会人として通用するマナーを理解
  • 学生のうちからビジネスの基礎を習得
  • アウトプットしやすい専門スキル

ビジネス実務マナー検定は、社会で通用できるマナースキルを気軽に習得できるメリットがあります。例えば、学生のうちから会社で通用できるビジネスマナーを学びたい場合でも取り組みやすい資格になっています。

試験難易度が低いので、気軽に合格を目指せるメリットが特徴です。効率よく勉強をして、実践スキルを習得しましょう!

ビジネス実務マナー検定の勉強・受験方法

ビジネス実務マナー検定は、独学で参考書を活用しながら試験対策をします。学生のうちから社会人として通用するマナースキルを目指す受験生が多いので難易度は高くないでしょう。

STEP
参考書を活用して試験対策を進める

参考書はAmazonや楽天などで購入ができます。1級〜3級まで参考書が分かれていますが、セットで勉強できる教材もあるので目標とする難易度を見て比較しましょう。

STEP
試験本番に備える

試験は、1級〜3級で異なります。平均的な勉強時間の公表はありませんが、基本的には1〜2ヶ月程度の勉強で一発合格を目指せるでしょう。

ビジネス実務マナー検定は、秘書検定と比較する受験生が多いです。資格選びで迷っている場合は、秘書技能検定の資料を取り寄せると具体的なイメージが分かりますよ!

↓↓↓

秘書技能検定対応の通信講座

  • ビジネスマナーを習得できる民間資
  • 秘書として活躍できる専門スキルを習得
  • はじめて勉強するなら通信講座がおすすめ
  • ユーキャンなら基礎から効率よく対策

※しつこい勧誘は一切ありません。

口コミや体験談を知りたい場合はこちらから!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

ビジネス実務マナー検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる