販売士は役に立たない?価値や使える方法をメリット・デメリットで徹底解説【結論版】

監修:
販売士は役に立たない?価値や使える方法をメリット・デメリットで徹底解説【結論版】
  • URLをコピーしました!

販売士の資格って役に立たないの?活用方法やおすすめの勉強方法を詳しく知りたいな。

商品販売やマーケティングのプロとして活躍できる販売士。給料アップや安定した職に就くために、例年2万5千人以上が目指している人気の資格ですよね。

とはいえ、販売士って役に立たないって噂をよく聞くから、目指していいのかわからない…。そこで本記事では、販売士を目指すメリット・デメリット・役に立たない噂の理由を徹底解説しています。

この記事で分かるポイント

  • 販売士が役に立たない5つの噂
  • 販売士の価値・メリット
  • おすすめの販売士を目指す方法

学習方法には独学と通信講座の2種類。せっかく販売士の勉強をしたけど意味がなかった…とならないように、目的や活用方法・メリットを詳しくみていきましょう!

↓↓↓

※無料お試し対応中

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
タップで移動できます

【5つの原因】販売士が役に立たないと言われる理由を徹底解説

役に立たないと噂の理由は5つ

  1. 民間資格で影響が少ない
  2. 専門家よりスペシャリスト
  3. アピールできる職種が限定的
  4. 在宅ワーク向きではない
  5. 独立や開業しにくい

販売士が役に立たないと噂の理由は5つ。

意味がない資格はありませんが、具体的な活用方法や目的がハッキリしていないと販売士資格を取得しただけで、放置状態になるリスクがあります。

販売士に限らず、目的がフワフワしていると役に立たないと評価されます。目指す前に販売士事情を理解しましょう!

販売士が役に立たない噂の理由①:民間資格で影響力が少ない

民間資格でアピールしにくい

  • 販売士を取得だけでは役に立たない
  • 活用イメージを考えないと厳しい
  • 現場で活かせるスキルアップが目的

販売士が役に立たないと噂の理由1つ目は、就職活動でアピールしにくいこと。

よく販売士は国家資格で、取得だけで就職が有利になると勘違いが多いですが「日本商工会議所が認定する民間資格」です。販売士試験で合格したから、将来の方向性が決まるわけではないので役に立たないと評判になっています。

民間資格国家資格
難易度
就職の影響少ない大きい
代表資格販売士
簿記検定
食育アドバイザー
保育士
看護師
調理師

民間資格を目指す目的は、現場で活かせるスキルや新しいチャレンジです。例えば、アパレル関連の企業に就職したいから販売士を取得する場合は「アピール材料の1つ」として考えましょう。

保育士や看護師と違って、販売士を取得しないと就職できない職種はありません。明確な目的がない分、役に立たないと評価されやすいです。

販売士が役に立たない噂の理由②:専門家よりはスペシャリスト

専門家よりもスペシャリストを目指す

  • 1つの専門的な知識より全体スキル
  • 汎用的な販売力を目指す講座
  • 販売の流れ・全体像を理解する

販売士が役に立たないと噂の理由2つ目は、専門的な知識ではなく、販売のスペシャリストであること

例えば、アパレルショップの店頭販売で働く場合、お客さんに服を売るだけではなく「レジ打ちやリーフレットの作成・品出し」などを一貫して対応しますよね。販売士も同様で、モノを売る全体像を理解できるスペシャリストです。

販売士ができること
販売士ができないこと
  • 商品販売の全体像を把握
  • 購入されるまでの導線を分析・管理
  • 製造や開発などモノを生み出す
  • デザインやイラスト

販売士は全体を理解したマーケティングスキルが身につくので、宣伝や広告・PR関係の職種と似ています。モノを作り出すことが目的であれば、役に立たないと評価されてしまいます。

職人のような専門家ではなく、視野を広くもって全体を見渡すスキルが身に付きます。手に職、とは少しイメージが異なるので注意しましょう。

販売士が役に立たない噂の理由③:アピールできる職種が限定的

アピールできる職種が限定的

  • 販売業や仕入れ・マーケテング業が中心
  • 営業・事務職では役に立たない資格
  • 活用する環境選びが大切になる民間資格

販売士が役に立たないと噂の理由3つ目は、アピールできる職種・仕事に限りがあること

受付や事務職など、女性を中心に人気の職種では履歴書に書きにくいため役に立たないと評価されやすいです。仕入れ管理やマーケティングなど、現場の管理者役として働く場合はアピールしやすいでしょう。

イメージしている職種によっては、全く意味がありません。とはいえ、マネジメント管理職に昇進すれば身についたスキルを活用しやすくなりますよ!

販売士が役に立たない噂の理由④:在宅ワークで活用しにくい

在宅ワークでは活用しにくい資格

  • ライターなどの副業では活かしにくい
  • リモートワークでは役に立ちにくい
  • 現場の仕事として接客力が必要になる

販売士が役に立たないと噂の理由4つ目は、在宅ワークではスキルを活用しにくいこと

パソコン1台で仕事ができる在宅ワークが増えていますが、販売士のスキルだけでは活用しにくいです。具体的なイメージがしにくいため、役に立たないと評価されやすくなっています。

項目詳細
在宅ワークの仕事・Webライター
・デザイナー
・PRプランナー
など
活かせるスキル・資格・ライタースキル
・色彩検定、デザインスキル
など
販売士のスキル現場での指揮官や担当者として
スキルを活かしやすい

在宅ワークのために販売士を目指している場合は、イメージ通りのスキルは身に付きにくいです。将来的に役立つ販売スキルを目指す場合におすすめですよ!

販売士が役に立たない噂の理由⑤:独立や開業がかなり厳しい

販売士だけで独立・開業が難しい

  • 独立するためには他のスキルと掛け合わせ
  • 販売士だけのフリーランスはいない
  • 起業家や独立を目指す場合はおすすめできない

販売士が役に立たないと噂の理由5つ目は、独立・開業が難しいこと

身につくスキルは、販売する商品がないと活用できませんよね。例えば、商品開発をして自社商品の販売やコンサルタントとして活動しないと販売士資格は役に立ちにくいでしょう。

社労士や中小企業診断士など、企業のコンサルタントスキルが身につく資格と相性がいいです。とはいえ、販売士だけの独立は難しいため注意しましょう!

※無料お試し対応中

販売士がおすすめでない人の特徴【具体例あり】

販売士がおすすめでない人3選

  • 販売士だけで就職をしたい人
  • 在宅ワークや副業が目的
  • 人と接する仕事や職種に関心がない

販売士がおすすめでない人の特徴は全部で3種類。販売士にこだわる必要はなく、あなたにピッタリな資格を目指しましょう。

スクロールできます
特徴理由おすすめ資格
販売士だけで
就職を目指している
販売士は民間資格のため
取得だけでは就職できない
国家資格全般
在宅ワークや副業が
目的
在宅ワークに関する
スキルは身に付きにくい
Webライター
デザイナー
人と接する仕事に
興味がない
顧客と関わるBtoC系の
仕事が多い
在宅ワークで
役立つ資格全般

一方で上記に当てはまらない場合は、販売士を目指すメリットが多いでしょう。詳しくは、次で解説していきます。

※無料お試し対応中

販売士の価値やメリット・難易度

販売士の価値やメリットを感じることには個人差がありますが、目指す前にチェックしておきたいポイントを紹介します。これから資格の勉強をする場合は参考にしてみましょう。

販売士の価値・メリット①:複数のスキルを同時に取得

販売以外のスキルも目指せる

  • 顧客へ販売するスキルだけではない
  • マネジメント全般を理解できる
  • 販売職以外の全般スキルを目指せる

1つ目の販売士の価値は、複数スキルを同時に目指せること。

例えば、保育士だと保育業のスキルを中心に学習しますよね。販売士の場合は、モノを売るだけでなく「マーケティング・管理・経営・財務」など、商品販売の全体像を学べるメリットがあります。

資格の名称から販売するだけに聞こえますが、コンサルタントとの相性が良く経営層にも人気ですよ!

販売士の価値・メリット②:仕事の幅を広げるチャンス

仕事の視野が広がる

  • 販売以外のスキルも身につく
  • お客様対応やサポート力を学ぶ
  • 視野が広がり活動範囲が増える

2つ目の販売士の価値は、仕事の視野や幅が広がること

販売系の仕事を目指している場合は、接客スキルを身につけるためにお客様対応を徹底的に考えますよね。資格勉強をすれば全体像が見えるため、やりたいことや方向性が広がる可能性が高いです。

仕事のジャンルは視野を広くした方が、時代の変化に合わせた就職ができます。複数スキルを目指せる販売士はメリットが大きいでしょう。

販売士の価値・メリット③:難易度別にスキルが異なる

難易度別でスキルが異なる

  • 1級〜3級でスキルが異なる
  • 目標スキルがはっきりわかる
  • 自分に合ったレベルを目指せる

3つ目の販売士の価値は、難易度別で身につくスキルが変わること

販売士は1級〜3級まで分かれていて、就職やキャリアアップを目指すなら2級以上がおすすめです。難易度によっては身につくスキルが異なるため、受講前に確認してみましょう。

難易度スキル
3級・マーケティングの基本的な考え方
・流通、小売業で必要な基礎知識
2級・マーケティング、マーチャンダイジング
・流通・小売業における高度な専門知識
1級・経営に関する極めて高度な知識
・商品計画からマーケティング、経営計画の立案

共通してマーケティングスキルが身に付きますが、一般社員の場合は「販売士2級」がおすすめです。3級の基礎スキルだけでなく実践で応用できる能力を目指せるため、履歴書でアピールしやすいと評判になっています。

販売士は独学でも目指せますが、通信講座の方が効率よく対策ができます。勉強に自信がなければコスパの良いスタディングで目指しましょう!

※無料お試し対応中

販売士を効率よく目指せる学習方法【独学と通信】

販売士は通信講座の受講や専門学校・スクールの通学は必須ではありません。そのため、販売士は独学と通信講座のいずれかで合格を目指せます。

難易度試験日程申し込み
3級7月・2月4月〜5月
2級7月・2月4月〜5月
1級2月12月〜

いずれも申し込みは、個別で対応する必要があり商工会議所の日程を小まめに確認しましょう。

独学と通信講座の比較

独学通信講座
価格
(目安)
1,500円〜5,940円〜
学習期間個人差あり最短1ヶ月間
メリット安い金額で目指せる
自分のペースでOK
好きな教材で対策
短期間で対策OK
効率よく取り組める
正しいスキルがつく
デメリット・正しい知識か不明
・未経験だとしんどい
・自己解決するリスク
・独学より高い
・好みが分かれる
おすすめ
の人
・販売職の経験あり
・マイペースが良い
・短期間で合格したい
・販売経験があまりない

独学と通信講座の大きな比較ポイントは、販売職の経験有無です。例えば、販売職の経験がなく勉学の自信があまりない…と悩んでいたら、通信講座でサクサク試験対策を進めた方が効率良いでしょう。

独学と通信講座の比較

  • 販売経験があれば、独学がおすすめ
  • 未経験かつ勉強が苦手なら通信講座
  • ライフスタイルに合った学習方法がベスト

スタディングでコスパのいい試験対策を(おすすめ)

スタディング販売士講座の特徴
講座販売士講座
(リテールマーケティング)
費用
(税込)
3級・2級セット:21,780円
2級:19,580円
3級:5,940円
分割払い
(税込)
学習スタイル映像講義
サポート体制なし
ポイント2級・3級を同時に目指せる
・他社よりコスパが良い
スキマ時間だけでOK

通信講座の中で、コスパが良い環境で短期間で販売士を目指したいならスタディングがおすすめです。未経験の場合は「2級・3級セット講義」で、基礎と応用を効率よく身につけながら一発合格を目指せます。

※無料お試し対応中

結論:販売士が役に立たない噂が気になるなら「3つの価値・メリット」を確認しよう

結論として、販売士が役に立たないと評判の理由は5つあり、3つのメリットと比較して判断すると良いでしょう。

役に立たないと評判の理由が、あなたにとってデメリットに感じない場合は今すぐ試験対策をすべきです。なぜなら、試験は2月と7月(2級・3級)しかないため。

例年10,000人近くが不合格になっている販売士試験。あなたにピッタリな学習方法で、サクッと一発合格できるように時間を有効活用しましょう!

↓↓↓

※無料お試し対応中

※本記事内の料金は全て税込価格です。

販売士は役に立たない?価値や使える方法をメリット・デメリットで徹底解説【結論版】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる