当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しています。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、記事内で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。

販売士おすすめ通信講座ランキング3選!合格率や難易度・リテールマーケティングの試験日程まで詳しく紹介【2024年対策版】

監修:
販売士おすすめ通信講座

販売士は、顧客が求めるニーズに合った的確な商品を提供する販売のプロスキルを証明する民間資格です。

独学でも合格を目指せますが、通信講座を活用した方が100時間程度の勉強をスムーズに進められると評判になっています。

でも、販売士のおすすめ通信講座が分からない。初学者でも短期間で合格を目指せる通信講座はどれかな?

とはいえ、販売士のおすすめ通信講座はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かるポイント
  • おすすめ販売士通信講座は全部で3種類ある
  • 独学では100時間以上かかる試験対策が短期間でOK
  • 迷ったら3つのポイントで比較すると分かりやすい
  • はじめて試験対策をするならスタディングがおすすめ!

そこで本記事では、おすすめ販売士通信講座3選ランキングを詳しく紹介しています。

短期間で合格を目指したい場合は、生活環境にピッタリな通信講座で合格を目指しましょう。

販売士は1〜3級まで分かれていて、合格率は50%程度です。あなたの生活環境に最適な勉強方法で、効率よく合格を目指せる通信講座を選びましょう!

おすすめ販売士講座はスタディング!
おすすめ販売士講座はスタディング!

おすすめ販売士講座は、スタディングです。

スマホだけでもスキマ時間を活用して、メリハリのある試験対策ができることがおすすめポイントになります。

販売士の受講料が安い通信講座ランキングで1位にも含まれ、負担の少ないプランで合格を目指せます。

スキマ時間を活用した試験対策で、スムーズに合格を目指せます。挫折しにくいメリットが評判ですよ!

スマホだけで気軽に合格を目指せる

タップで移動できます

おすすめの販売士(リテールマーケティング)を目指せる通信講座3選ランキング一覧表

おすすめの販売士(リテールマーケティング)を目指せる通信講座3選ランキング一覧表は以下の通りです。

スクロールできます
スタディング日本販売士協会日本マンパワー
イメージスタディング販売士講座日本販売士協会販売士講座日本マンパワー販売士講座
プラン①販売士 3級・2級セットコース[2023年試験対応版]※Q&Aチケット5枚付
②販売士2級合格コース[2023年試験対応版]※Q&Aチケット3枚付
①3級講座
②2級講座
③1級講座
①3級講座
②2級講座
①1級講座
受講料①21,780円
②19,580円
①22,000円
②23,780円
③要確認
①25,300円
②27,500円
③30,800円
分割払い
初心者向け
サポートなしスクーリングなし
ポイント2級・3級を同時に
他社よりコスパが良い
スキマ時間だけでOK
協会独自のテキスト
スクーリング対応可
試験直結の教材
スクーリング対応可
詳細公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料は公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

独学でも販売士の試験対策はできますが、通信講座を活用した方が頻出問題や重要ポイントが分かりやすく、短期間で合格を目指せます。

販売士通信講座と独学を比較して、スムーズに合格を目指せる環境で試験対策をしましょう。

販売士通信講座のメリット
  • 独学よりも正しい勉強方法で効率よく合格を目指せる
  • スキマ時間を活用してメリハリのある試験対策ができる
  • 質問や課題添削をして正しい知識を確認しながら勉強できる
  • 合格者や過去の実績をもとに作られた教材で試験対策

通信講座を受講するメリットを考えて、スムーズに試験対策ができる環境選びが大切です。合格までの勉強スケジュールを確認して、効率よく試験対策ができる通信講座を選びましょう!

↓↓↓

販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座を比較する3つのポイント

販売士(リテールマーケティング)通信講座は3つのポイントで比較がおすすめです。

はじめて販売士試験の対策をする場合は、3つのポイントで比較を意識してみましょう。

販売士通信講座おすすめの比較①:試験対策をする勉強環境

販売士通信講座おすすめの比較①:試験対策をする勉強環境

1つ目の販売士通信講座のおすすめな比較ポイントは、試験対策をする勉強環境です。

通信講座ごとに勉強方法が異なりますが、限られた時間内だけで試験対策をするならテキストのみのプランはおすすめしません。

あなたの生活環境の中で、負担なく販売士の試験対策ができるプランを選び、メリハリのある勉強方法を選びましょう。

特徴対象講座
テキスト学習・在宅でゆっくり学べる
・紙を見て集中できる
・慣れ親しんだ学習方法
日本販売士協会
日本マンパワー
スマホ学習・スキマ時間だけでOK
・学習ハードルが低い
・マイペースに試験対策
スタディング

仕事や家事・子育てをしながら販売士の試験対策をするならスタディングがおすすめです。合格実績や評判だけでなく、生活環境に最適な通信講座を選びましょう!

販売士通信講座おすすめの比較②:合格までのスケジュールやメリハリのある対策

販売士通信講座おすすめの比較②:合格までのスケジュールやメリハリのある対策

2つ目の販売士通信講座のおすすめな比較ポイントは、合格までのスケジュールやメリハリのある対策です。

販売士はCBT方式で受験ができる民間資格になるため気軽にチャレンジできますが、100時間程度の勉強が必要とされています。販売士資格を取得した後の活用場面を想定して、スムーズに合格を目指せる通信講座を選びましょう。

短期間でメリハリのある試験対策ができるスタディングや試験本番を意識した日本販売士協会の通信講座など、合格までのスピード感を比較すると理想のプランが見つかりますよ!

販売士通信講座おすすめの比較③:予算内で取り組める安い受講料

販売士通信講座おすすめの比較③:予算内で取り組める安い受講料

3つ目の販売士通信講座のおすすめな比較ポイントは、予算内で取り組める安い受講料です。

通信講座は独学よりも受講料が高くなるデメリットがあるため、事前に予算を考慮しないとトラブルになるリスクが高いです。

販売士通信講座の受講料が安いランキングで比較して、負担の少ないプランで合格を目指しましょう。

販売士の受講料が安いランキング
  • 1位:スタディング(19,580円〜)
  • 2位:日本販売士協会(22,000円〜)
  • 3位:日本マンパワー(25,300円〜)

安い受講料だと質が劣るわけではないです。予算を決めて、負担の少ないプランで販売士の試験対策をしましょう!

↓↓↓

販売士(リテールマーケティング)を目指せるおすすめ通信講座3選を詳しく紹介

販売士(リテールマーケティング)を目指せるおすすめ通信講座は3種類です。

はじめて販売士(リテールマーケティング)の試験対策をする場合は、分かりやすい教材を活用して、スムーズに合格を目指せる通信講座を選びましょう。

スタディング販売士講座はスキマ時間を活用してスムーズに合格を目指せる

スタディング販売士講座はスキマ時間を活用してスムーズに合格を目指せる
https://studying.jp/
おすすめポイント
  • スキマ時間だけで効率よく販売士の試験対策ができる
  • 受講料が安いランキングで1位のおすすめ通信講座
  • 販売士2級・3級を短期間で合格を目指せるスケジュール

スタディング販売士講座は、スマホ1台だけで試験対策ができる受講料の安い通信講座ランキング1位のプランです。

短期間で合格を目指せる勉強スケジュールになっており、長時間の勉強が苦手でもメリハリのある試験対策で合格を目指せます。

仕事や子育て・家事をしながらでもスキマ時間を活用した試験対策ができるため、挫折するリスクの少ないおすすめ販売士通信講座です。

合格までのイメージが明確になっており、安い受講料で効率よく試験対策ができます。初学者でも短期間で試験対策ができるおすすめの販売士通信講座ですよ!

講座販売士講座
(リテールマーケティング)
プラン①販売士 3級・2級セットコース[2023年試験対応版]※Q&Aチケット5枚付
②販売士2級合格コース[2023年試験対応版]※Q&Aチケット3枚付
受講料①21,780円
②19,580円
分割払い
学習スタイル映像講義
サポート体制なし
ポイント・2級・3級を同時に目指せる
・他社よりコスパが良い
・スキマ時間だけでOK
良い口コミ・評判・スキマ時間に対策OK
・知りたい情報が集約
・苦手分野が浮き彫りになる
・通勤・休憩時間に勉強
悪い口コミ・評判・モチベーション維持が難しい
・気軽だから後回しになる

スマホだけで気軽に合格を目指せる

参考 スタディング販売士講座の評判はこちら

日本販売士協会販売士講座はスクーリングでイメージしながら試験対策ができる

日本販売士協会販売士講座のおすすめポイント
おすすめポイント
  • 日本販売士協会の教材を活用して試験対策ができる
  • スクーリングで実際の販売スキルを確認できる通信講座
  • 試験本番に直結しやすい問題で合格を目指せる

日本販売士協会による独自のカリキュラムで、販売士3級・2級を基礎から効率よく目指せる通信講座です。

5ヶ月間を目安に学習を進めていき、希望者はスクーリングで直接学習(別料金)もできるため、販売経験がなくても再現性の高い勉強ができます。

講座販売士講座
プラン①3級講座
②2級講座
③1級講座
費用①22,000円
②23,780円
③要確認
分割払い
学習スタイルテキスト教材
サポート体制なし
ポイント・協会独自のテキスト
・スクーリング対応可
良い口コミ・評判不明
悪い口コミ・評判不明

日本マンパワー販売士講座は1級対策まで含まれるプランが特徴

日本マンパワー販売士講座のおすすめポイント
https://www.nipponmanpower.co.jp/
おすすめポイント
  • 販売士1級の試験対策もできるプランで合格を目指せる
  • 試験本番に直結しやすい問題で合格を目指せる
  • 5ヶ月かけてじっくり合格を目指せるスケジュール

日本マンパワー販売士講座は、3級〜1級対策までプランに含まれる通信講座です。

5ヶ月間かけて合格を目指すスケジュールが基本になるため、じっくり時間をかけた試験対策で販売士の勉強をしたい場合におすすめな通信講座が日本マンパワー販売士講座です。

講座販売士講座
費用1級:30,117円
2級:25,717円
3級:24,066円
分割払い
学習スタイルテキスト教材
サポート体制なし
ポイント・試験直結の教材
・スクーリング対応可
良い口コミ・評判不明
悪い口コミ・評判不明

販売士(リテールマーケティング)の合格率・試験日程

販売士試験の合格率・合格者数を紹介します。

販売士2級・3級は例年60〜70%程度の合格率になり、適切な対策をすれば初学者でも1回で合格を目指せる難易度です。

販売士1級〜3級の合格率や合格者を確認して、おすすめ通信講座でチャレンジしましょう。

販売士3級の合格率・合格者数

日付受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
87回(2021.2.17)9,6136,86371.4
85回(2020.2.19)8,1254,44154.7
84回(2019.7.13)7,5345,08267.5
83回(2019.2.20)9,2446,37068.9
82回(2018.7.14)8,4185,29362.9
引用元:商工会議所

販売士2級の合格率・合格者数

日付受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
87回(2021.2.17)5,1493,77873.4
85回(2020.2.19)4,9162,97960.6
84回(2019.7.13)4,7022,83660.3
83回(2019.2.20)5,1753,55368.7
82回(2018.7.14)5,0712,98158.8
引用元:商工会議所

販売士1級の合格率・合格者数

日付受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
87回(2021.2.17)69517425.0
85回(2020.2.19)90919421.3
83回(2019.2.20)99524224.3
引用元:商工会議所

販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座の比較に役立つよくある質問

販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座の比較に役立つよくある質問を紹介します。

おすすめ販売士(リテールマーケティング)おすすめ通信講座はどこですか?

はじめて販売士の試験対策をするならスタディングがおすすめです。

スマホ1台だけで試験対策ができるだけでなく、受講料が安いランキングでも1位になります。

負担の少ない受講料で、スムーズに合格を目指すならスタディング販売士講座がおすすめです。

合格率はどのくらいですか?

販売士2級・3級は、60〜70%程度の合格率です。

初学者でも適切な試験対策をすれば1回で合格を目指せるため、おすすめ販売士通信講座を比較して納得できる環境で勉強を進めましょう。

通信講座のメリットはなんですか?

販売士通信講座は、正しい勉強方法で重要ポイントを中心のスケジュールで合格を目指せます。

独学では分かりにくい重要ポイントや過去の受験生が感じる苦手ポイントを確認しながら試験対策ができます。

通信講座のデメリットを教えてください。

独学よりも受講料が高いため、負担がかかるデメリットに注意が必要です。

受講後の教材変更がしにくいため、慎重な比較がおすすめになります。

独学がおすすめの人を知りたいです。

販売や接客関連の仕事経験があれば独学でも1回で合格を目指せる可能性があります。

過去の経験や知識を考慮した上で、通信講座と独学を比較すると良いでしょう。

どのくらいの勉強期間で合格できますか?

通信講座や個人差はありますが、3ヶ月〜5ヶ月程度の期間があればじっくり合格を目指せます。

時間をかければ良いわけではないですが、余裕のあるスケジュールで販売士の試験対策をしましょう。

1日の勉強時間はどのくらいですか?

1日30分程度の勉強だけでも合格を目指せます。

通信講座ならスキマ時間を有効活用して、効率よく販売士試験の対策ができます。

初学者におすすめの販売士通信講座はどれですか?

はじめて販売士の試験対策をするならスタディングがおすすめです。

スキマ時間を活用して、安い受講料の通信講座で合格を目指せます。

2023年に販売士の試験対策をするならスタディングがおすすめ!

販売士の試験対策をするならスタディングがおすすめ!

はじめて販売士の試験対策をするならスタディングがおすすめです。

スタディングがおすすめの理由
  • スマホだけでも販売士の試験対策ができる勉強スタイル
  • 受講料が安いランキングで1位のおすすめ通信講座
  • 販売士2級・3級の合格実績が豊富で信頼できるプラン

販売士は、商品販売するだけでなくマーケティング全般のスキルも身に付く専門資格です。

合格率は60〜70%程度ですが、取得後のスキルを活用イメージを想定して、勉強するメリットを考えながら試験対策をすると全体像を理解しながら合格を目指せるでしょう。

スタディングは無料会員登録をすると、実際の講義イメージを確認できます。通信講座の受講経験がなければ、受講前に確認してみましょう!

スマホだけで気軽に合格を目指せる

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
シカクゲットナビ_LINE
販売士おすすめ通信講座

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気になったらシェア
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます