マイナンバー実務検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介【1級・2級・3級】

マイナンバー実務検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介【1級・2級・3級】
  • URLをコピーしました!

マイナンバー実務検定ってどんな資格なのかな?勉強方法や合格までのイメージを詳しく知りたい。

マイナンバー実務検定は、2015年に開始したマイナンバー制度や制度に関する番号法・個人情報保護法などの理解を証明する民間資格です。適切なマイナンバーの取り扱いをする知識が身につくので、注目の資格になっています。

とはいえ、具体的な勉強イメージがよく分からない…。そこで本記事では、マイナンバー実務検定の勉強内容や活かせる仕事内容を徹底解説しています。

この記事で分かることをチェック!

  • マイナンバー実務検定ってどんな資格?
  • マイナンバー実務検定の難易度は?
  • どんな仕事で役立つのか詳しく知りたい

資格を目指す前に、取得後のイメージや勉強方法を詳しく確認してみましょう!

タップで移動できます

マイナンバー実務検定の特徴【30秒でサクッと確認】

資格名マイナンバー実務検定
実施全日本情報学習振興協会
ジャンル民間資格
試験日程
(予定)
6月・9月・12月・3月
※各中旬(年4回)
試験方法筆記試験
(マークシート)
試験会場全国の49会場
受験料
(税込)
1級:10,000円
2級:8,000円
3級:6,000円
合格基準70%以上の正答率
出題問題1級:80問
2級:60問
3級:50問
勉強方法SMART合格講座での受講
受験資格等誰でも受験可
申込方法公式サイトから申し込み

マイナンバー実務検定は、年4回実施している民間資格です。1級〜3級まで難易度が分かれていますが、70%以上の正答率で合格するのでゼロスタートでも資格を目指しやすい試験になっています。

マイナンバー制度の基礎から理解できるので、日常生活や社内の個人情報を取り扱う部署などでスキルを活用できます。注目度の高い専門資格ですよ!

マイナンバー実務検定の特徴

  • 誰でも気軽に合格を目指せる資格
  • 例年4回、試験にチャレンジできる
  • ゼロスタートでも合格を目指せる

マイナンバー実務検定の勉強内容・身につくスキル・活かせる仕事

マイナンバー実務検定の勉強内容や身につくスキル・活用できる仕事を紹介します。はじめて資格を目指す場合は、具体的な勉強イメージや身につくスキルを考えてみましょう。

マイナンバー実務検定の勉強内容・出題範囲

  • 番号法の背景・概要
  • 第1章(総則)
  • 第2章(個人番号)
  • 第3章(個人番号カード)
  • 第4章 第1節(特定個人情報の提供の制限等)
  • 第4章 第2節(情報提供ネットワークシステムによる特定個人情報の提供)
  • 第5章(特定個人情報の保護)
  • 第6章(特定個人情報の取扱いに関する監督等)
  • 第7章(法人番号)
  • 第8章(雑則)
  • 第9章(罰則)
  • 附則
  • 特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン
  • 関連法令等

マイナンバー実務検定は1級〜3級で難易度が異なりますが、共通で70%以上の正答率で合格になります。例えば、マイナンバーカードを受領したけど、活用方法や保管のやり方が分からない場合でも合格を目指しやすいでしょう。

試験が開始された2015年の2級合格率は、55%前後です。2人に1人の割合で難易度は決して低くはないですが、適切な勉強をすれば一発合格を目指せますよ!

マイナンバー実務検定で身につくスキル

マイナンバー実務検定は、個人情報の取扱・保護で活かせるスキルが身につきます。例えば、マネジメント職や総務・事務の仕事でも法律に基づいた個人番号の管理業務などを理解できるので、活用の幅が広がりやすいでしょう。

個人情報の取り扱いは、どの企業でも重要な役割です。必ず就職できるわけではありませんが、履歴書に書いてアピールがしやすいですよ!

マイナンバー実務検定を活用できる場所・仕事例

マイナンバー実務検定を活用できる仕事例

  • 情報セキュリティ監査:平均年収584.4万円
  • セキュリティエキスパート:平均年収558.8万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

マイナンバー実務検定は、試験で合格しても必ず就職できるわけではありません。例えば、個人情報保護士やビジネス実務法務検定などの資格とセットで勉強しやすくなり、法律に基づいた個人情報の管理ができるエキスパートを目指せるでしょう。

職場で適切な個人情報の取り扱いができると、重宝されやすいです。例えば、プライバシーマーク(Pマーク)の取り扱いなど、積極的に社内管理体制を強化すると良いでしょう。

マイナンバー実務検定の口コミ・評判

マイナンバー実務検定を取得した体験談や勉強経験の口コミを紹介します。マイナンバー実務検定の取得を迷っている場合は、体験談をヒントにしてみましょう。

周回数をしないと自信が持てない

過去問対策だけでは物足りない

試験の難易度が高い資格

個人情報保護士などの仕事で活かせる

マイナンバー実務検定のメリット・デメリット

マイナンバー実務検定のメリット・デメリットを紹介します。試験の合格だけで満足することなく、具体的な活用イメージも考えてみましょう。

マイナンバー実務検定のデメリット

マイナンバー実務検定のデメリット

  • 民間資格で必ず就職はできない
  • 個人情報を取り扱うスキルに限る
  • 2015年開始で知名度が高くない

マイナンバー実務検定は、行政書士や社労士などとは異なり合格後に活かせる就職先や職種が決まっているわけではありません。とはいえ、履歴書に書いてアピールができるので、活用・アピールの幅が広いと覚えておきましょう。

マイナンバー実務検定のメリット

マイナンバー実務検定のメリット

  • 個人情報の正しい取り扱いが分かる
  • ライフスタイルでの危険を予防できる
  • 事務や管理職の就職でアピールしやすい

マイナンバー実務検定は2015年に開始したばかりの歴史は浅い資格ですが、個人情報を取り扱うあらゆる職種でアピールができます。仕事だけでなく、ライフスタイルでも個人情報の正しい保護法を理解できるでしょう。

個人情報を活用する場面は無数にあります。適切な管理を理解することで、情報漏洩やトラブルを未然に防げるメリットがあります。

マイナンバー実務検定の勉強・受験方法

マイナンバー実務検定は、独学またはSMART合格講座のいずれかで試験対策をします。大半は独学で合格を目指しているので、勉強が苦手な場合でもスキマ時間にコツコツ対策をすれば資格の取得を目指せるでしょう。

STEP
参考書で独学またはSMART合格講座で対策

2種類の勉強スタイルで試験対策を進めます。試験は年4回あるので、無理のないスケジュールで対策を進めましょう。

STEP
試験本番に備える

試験は例年6月・9月・12月・3月の各中旬です。70%以上の正答率を目指して、試験本番に臨みましょう。

資格を取得して満足することなく、マイナンバー実務検定を活かせる環境や職場を想定しながら試験対策をしましょう。将来的にも活用できる実践スキルが身につきますよ!

↓↓↓

個人情報保護を学べる通信講座

  • 個人情報保護を理解できるカリキュラム
  • スマホ1台でスキマ時間に勉強できる
  • 基礎から効率よく合格を目指せる内容
  • 分かりやすい解説が初学者向きの講座
  • コスパがよく気軽に受講できる価格

※しつこい勧誘は一切ありません。

口コミや体験談を知りたい場合はこちらから!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

マイナンバー実務検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介【1級・2級・3級】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる