画像処理エンジニア検定試験の口コミは?合格率や参考書・試験の詳細を徹底解説【2022年対策】

画像処理エンジニア検定試験の口コミは?合格率や参考書・試験の詳細を徹底解説【2022年対策】
  • URLをコピーしました!

画像処理エンジニア検定試験の口コミを詳しく知りたいな。分かりやすい参考書や合格率ってどんな感じ?

ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発能力が認定される画像処理エンジニア。仕事をしながらでも、スキマ時間だけで効率よく資格を目指したいですよね。

とはいえ、自分にピッタリな勉強方法がイマイチ分からない…。そこで本記事では、画像処理エンジニア検定試験の口コミや合格率・おすすめの参考書を徹底解説しています。

この記事で分かること
  • 画像処理エンジニア検定試験の難易度
  • 画像処理エンジニア検定試験の合格率
  • 受験した体験談や口コミ・評判
  • 画像処理エンジニア検定試験の参考書
受験前に詳しくチェック!

仕事や日常生活との両立ができずにモヤモヤする…とならないために、体験談や口コミをもとに画像処理エンジニア検定試験の知識を深めていきましょう。

監修:画像処理エンジニア検定問題集編集委員会
¥3,960 (2022/03/08 10:31時点 | Amazon調べ)
タップで移動できます

画像処理エンジニア検定試験の特徴【30秒でサクッと確認】

画像処理エンジニア検定試験の口コミは?合格率や参考書・試験の詳細を徹底解説【2022年対策】
資格名画像処理エンジニア検定試験
認定CG-ARTS協会
ジャンル民間資格
通信講座なし
試験日程
(予定)
前期:2022年4月1日(金)~6月3日(金)
後期:2022年9月1日(木)~10月21日(金)
申込日程
(予定)
前期:2022年7月10日(日)
後期:2022年11月27日(日)
合格発表検定日より約30日後に各受験者のマイページに公開
試験方法筆記試験(択一式:10問)
試験会場全国各地
受験料
(税込)
エキスパート:6,700円
ベーシック:5,600円
勉強方法テキスト
独学

画像処理エンジニア検定は、前期と後期で年2回受験するチャンスがある民間資格。知識がなくても、基礎からコツコツ勉強していけば気軽に合格を目指せる注目の専門スキルです。

最初はベーシックから勉強していきます。参考書を確認しながら勉強していけば、仕事と両立できますよ!

画像処理エンジニア検定試験の特徴

  • エンジニア経験がなくても合格を目指せる
  • 仕事をしながらでも試験対策ができる
  • 通信講座はなく、独学(参考書)の勉強が基本
監修:画像処理エンジニア検定問題集編集委員会
¥3,960 (2022/03/08 10:31時点 | Amazon調べ)

画像処理エンジニア検定試験のポイント・概要・メリット

画像処理エンジニア検定試験のポイントやメリット・デメリット、活用できる仕事例を詳しく紹介していきます。民間資格になるので、スキルアップするイメージを考えて受験しましょう。

画像処理エンジニア検定試験のポイント・概要

画像処理エンジニア検定試験は、CG-ARTS協会が認定している民間資格の1種類。資格を取得後は必ず就職できるわけではありませんが、スキルアップや日常生活・独立に役立つ可能性が高いです。

画像処理エンジニア検定試験のポイント

  • 受験資格がなく、気軽に資格を目指せる
  • ベーシックとエキスパートの2種類がある
  • 初心者はエキスパートから対策を進める

例えば、エンジニアやプログラマー・開発者として働く場合は現場で活かせる正しい実践スキルが身につきます。気軽に目指せる上に、履歴書で記入ができるので注目の専門資格の1つになっています。

専門学校卒業などの受験資格がないことは嬉しいですよね。仕事のスキマ時間に勉強して、サクッと取得できそう!

画像処理エンジニア検定試験を受講するメリット・デメリット

受講するメリット

  • 画像処理の正しい専門知識を学べる
  • 履歴書に記入できる専門資格の1つ
  • 仕事をしながらでも気軽に目指せる
  • エンジニア初心者でも習得しやすい

受講するデメリット

  • 民間資格で就職は約束されない
  • エンジニア系の資格で知名度が低い
  • 関連性の高い仕事以外は意味がない

画像処理を中心とした正しい専門知識が身につくと評判ですが、エンジニア関係の資格内では知名度が低くなっています。資格を取得よりも、フィルタリングや画像の解析等のスペシャリストを目指すイメージです。

初心者のエンジニアやプログラマーでも目指しやすいメリットが特徴ですね。スキルアップして、あなたの強みにしましょう!

画像処理エンジニア検定を活用できる場所・仕事例

画像処理エンジニア検定を活用できる仕事例

  • システムエンジニア:平均年収511.9万円
  • プログラマー:平均年収511.9万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

画像処理エンジニア検定を活かせる職場は、システムエンジニアやプログラマーなどのパソコンを活用した専門職。他にもブロガーやWebデザイナーなど直接的ではないものの、スキルを活かしやすいでしょう。

仕事でパソコンは必要不可欠な存在ですよね。画像処理エンジニア検定を取得すれば、就職活動で活かせる他にもフリーランス・個人活動でも活用できますよ!

監修:画像処理エンジニア検定問題集編集委員会
¥3,960 (2022/03/08 10:31時点 | Amazon調べ)

画像処理エンジニア検定試験の口コミ・評判

画像処理エンジニア検定を受験した口コミや評判を詳しく紹介します。エンジニアを目指す場合や目に見えた証明を目指したい場合は、体験談をヒントにしてみましょう。

画像処理エンジニア検定試験を取得した悪い口コミ・評判

勉強のモチベーション維持が難しい

画像処理エンジニア検定試験は、合格まで目指す勉強のモチベーション維持が難しいと口コミで評判です。ペースを緩めると混乱するため、短期集中型の対策が良いでしょう。

モチベーション維持に注意しよう

  • 座学よりも実践力を身につけないと混乱
  • 仕事をしながらの場合は時間を確保する
  • モチベーション維持に気をつけよう

気軽に合格を目指せると、モチベーション維持が難しそう。気の緩みには気をつけないといけないですね!

広く浅くのスキルで好みが分かれる

画像処理エンジニア検定試験は、広く浅くの知識が多いので専門性は少ないと口コミで評判になっています。職人よりのスキルよりも初心者向けの知識が基本となります。

広く浅くのスキルに注意が必要

  • 1つの特化したスキルは習得できない
  • 初心者でも身につきやすい知識
  • 気軽に目指せる分、目的に注意しよう

専門性が欠けるなら、資格を取得しなくてもよいかもしれないですね。勉強する目的やメリットを考えてから取り組みましょう!

画像処理エンジニア検定試験を取得した良い口コミ・評判

現場で活用できるスキルが身につく

画像処理エンジニア検定試験は、エンジニアやプログラマーで働いていれば即実践できるスキルが習得できると口コミで評判です。勉強しつつ、職場で再現性の高さを感じやすいでしょう。

現場で活用できる実践スキルを習得

  • エンジニアやプログラマーで活用できる
  • 職場での再現性の高さがポイント
  • 勉強した内容が実感しやすい検定

職場で画像処理の依頼があった場合は、ストレスなく対応できるメリットがありますね。スキルアップが実感しやすい民間資格です!

我流ではなく、証明の1つとしてアピールできる

画像処理エンジニア検定試験は、1つの証明として履歴書でアピールができると口コミで評判です。民間資格とはいえ、就職活動やキャリアアップでは強みとして活用できるでしょう。

履歴書には「CG-ARTS協会認定 画像処理エンジニア検定」と記入できます。適切な処置や知識が身につくので、自信をもってアピールができますよ!

監修:画像処理エンジニア検定問題集編集委員会
¥3,960 (2022/03/08 10:31時点 | Amazon調べ)

画像処理エンジニア検定試験の難易度・合格率

画像処理エンジニア検定試験の難易度・合格率

  • 合格率:不明
  • 合格者数:不明

画像処理エンジニア検定の合格率や合格者数の公表はされていません。ベーシックとエキスパートの2種類を目指せますが、ベーシックは初心者でも目指せるので高い合格率が予想できます。

画像処理エンジニア検定試験の勉強・受験方法

画像処理エンジニア検定試験の勉強・受験方法

  1. 参考書・練習問題で基礎学習
  2. 試験日程を確認して本番に挑戦!

画像処理エンジニア検定試験は、参考書と練習問題を中心に試験勉強を進めます。参考書は、Amazonや楽天市場の方が安くなるケースもあるので比較してみると良いでしょう。

出題詳細
ディジタルカメラモデルとビジュアル情報処理の原理を対応づけて理解する知識ビジュアル情報処理とディジタルカメラモデル
座標系とモデリング
ビジュアル情報処理の幾何学的モデル
ビジュアル情報処理の光学的モデル
ディジタル画像
画像処理の分類と役割
画像の濃淡変換に関する各種処理技術についての基礎的な知識画像の性質を表す諸量
画素ごとの濃淡変換
領域に基づく濃淡変換(空間フィルタリング)
そのほかの処理
画像から情報を抽出するための主要な方法についての基礎的な知識2値画像処理
領域分割処理
動画像処理
画像から特定のパターンや特徴を検出する方法や、対象物をあらかじめ学習し、新たな画像を識別するパターン認識についての基礎的な知識特徴点による画像間のマッチング
図形の検出
パターンの検出
パターン認識
ニューラルネットと深層学習
撮影された画像から3次元シーンを復元する処理についての基礎的な知識画像と空間の幾何学的関係と3次元復元
光学的なシーン復元
一般的なコンピュータシステム、ビジュアル情報処理、CG専用システム、周辺機器の基礎的な知識CGと画像処理の融合
ビジュアル情報処理用システム
ビジュアル情報処理用ソフトウェア
リアルタイム3次元CGシステム
入出力装置
画像ファイル形式と記録方式
知覚、知的財産権、情報セキュリティなどについての基礎的な知識知覚
知的財産権と情報セキュリティ
ビジュアル情報処理の歴史と応用
監修:画像処理エンジニア検定問題集編集委員会
¥3,960 (2022/03/08 10:31時点 | Amazon調べ)

画像処理エンジニア検定試験に似ているスキル・一緒に考えたい資格を厳選紹介

ITパスポートおすすめ通信講座

MOSのおすすめ通信講座

※本記事内の料金は全て税込価格です。

画像処理エンジニア検定試験の口コミは?合格率や参考書・試験の詳細を徹底解説【2022年対策】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる