心理カウンセラーが意味ないってウソ?5つの理由と勉強するメリット・ポイントを詳しく紹介


当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しており、掲載順はランキングとは異なります。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、公平な立場で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。
心理カウンセラーが意味ないってウソ?5つの理由と勉強するメリット・ポイントを詳しく紹介

心理カウンセラーが意味ないってどういうこと?勉強しても役に立たないって本当なの?

心理カウンセラーの勉強を始めようとしてインターネットで調べていると、「意味がない」「役に立たない」とネガティブな口コミがでてくるとモヤモヤしますよね。

とはいえ、勉強経験がないし、周りに心理カウンセラーをしている人がいないからよく分からない…。そこで本記事では、以下の悩みを解消する内容を紹介しています。

この記事で解決できる悩み

  • 心理カウンセラーって意味ないの?
  • 心理カウンセラーが意味って評判の理由は?
  • 役立たせる具体的な方法ってあるの?
  • 向いている人やメリットを詳しく知りたい

心理カウンセラーを目指す前にデメリットや意味ないと評判の理由を知って損はありません。具体的な活用方法をイメージしながら、サクッと1分で読める内容になっていますよ!

↓↓↓

※ネット申込の割引キャンペーン実施中です。

タップで移動できます

心理カウンセラーが意味ないと勘違いされる理由は5つ

最初に結論を紹介すると、心理カウンセラーが意味ないと評判は勘違いです。とはいえ、インターネット上には意味ない・役に立たないとネガティブな口コミが少なくありません。

まずは、心理カウンセラーが意味ないと評判になる5つの理由を詳しく紹介していきます。

心理カウンセラーが意味ないと評判の理由を1つずつ確認していきましょう!

意味ないと勘違いの理由①:国家資格がなくて信頼しにくい

1つ目の意味ないと勘違いされる理由は、国家資格がなくて信頼しにくいためです。

心理カウンセラーは専門性が高いので、国家資格のイメージが強い口コミは少なくありません。とはいえ、心理カウンセラーは全て民間資格なので、通信講座または独学で誰でも気軽に目指せます。

心理カウンセラーは民間資格のみ!

  • 国家資格とは異なり、誰でも目指せる資格
  • 複数の資格があって優位性がよく分からない
  • 知名度が低い通信講座でも資格を目指せる

例えば、公務員や保育士などの国家資格は大半の人が知っています。民間資格の場合は、そもそも知らない人や怪しく感じる口コミが少なくありません。

意味ないと勘違いの理由②:資格商法とスキルアップの線引きが分からない

2つ目の意味ないと勘違いされる理由は、資格商法とスキルアップの線引きがしにくいためです。

繰り返しになりますが、民間資格は独学や通信講座で誰でも気軽に目指せます。中には、資格を取得することに満足感や自己肯定感を覚え、資格商法とネガティブな印象を持つ口コミも多いです。

心理カウンセラーを目指す目的

  • 日常生活や育児・自分自身に活用する
  • 視野を広げた考え方を身につける
  • 仕事のキャリアアップで実践する

心理カウンセラーを目指す目的は、実用的なスキルを身につけてカウンセリングすること。つまり、資格を取得して満足するだけでは意味がないですね。

意味ないと勘違いの理由③:心理カウンセラーの幅が広すぎる

3つ目の意味ないと勘違いされる理由は、心理カウンセラーの幅が広すぎるためです。心理カウンセラーの人気資格(一部)をピックアップしただけでも6種類のスキルが身につきます。

資格名スキル例
メンタル心理カウンセラー人間関係などのストレスを抱えている方のカウンセリング
メンタルケアカウンセラーメンタルヘルスのセルフケア術を理解する
メンタルケア心理士心理学の学問的知識と実践スキルを学べる
行動心理士しぐさや表情・行動などから相手の気持ちを読み解く
心理カウンセリングスペシャリスト人間関係の考え方や自分の心のケアができる
メンタルケア・アドバイザー心の問題の理由・自力解決できるまでのサポート

例えば、保育士のように誰もが同じスキルを習得するのではなく、心理カウンセラーは資格ごとで身につくスキルが異なります。スキルの幅の広さから、意味があるのか分からないと評判になりやすいです。

同じ心理カウンセラー資格を取得しても、得意分野やスキルが異なると本当に役立つのか疑問に感じます…。目的を持って資格勉強をした方が良いと思います。

意味ないと勘違いの理由④:受験資格がなく、学歴等は関係ない

4つ目の意味ないと勘違いされる理由は、学歴の条件がない上に受験ハードルが低くて気軽に資格を目指せるためです。

例えば、看護師の場合は看護・専門学校の卒業が基本条件になりますが、心理カウンセラーの場合は通信講座や独学で資格を取得できます。差別化のはかりにくさから、意味ない資格と思われがちです。

心理カウンセラーは気軽に目指せる!

  • 学歴や条件ハードルが低い専門資格
  • 通信講座の受講で気軽に目指しやすい
  • 誰でも気軽に取得できるカウンセラー

気軽に目指せるので勉強が苦手な場合でもチャレンジしやすいですよね。大人になってから新たなスキルアップもできそうです!

意味ないと勘違いの理由⑤:難易度が低くて合格を目指しやすい

5つ目の意味ないと勘違いされる理由は、難易度が低くて短期間で合格を目指せるためです。

例えば、キャリカレで目指せるメンタル心理カウンセラー基本的には2ヶ月間で合格を目指せるカリキュラムです。1日1時間のペースだけでも合格を目指せるので、ハードルの低さから意味ないと評価されやすいでしょう。

↓↓↓

※ネット申込の割引キャンペーン実施中です。

心理カウンセラーが意味ないのはウソ!勉強するメリットは3つ

心理カウンセラーが意味ないと評判になっている理由は、資格を目指す目的や活用イメージがハッキリしていないことが原因です。一方で、勉強するメリットは3つあります。

意味ないと評判の理由が分かったら、勉強するメリットと比較してみましょう!

勉強するメリット①:人間関係や感情のコントロールができる

1つ目の勉強するメリットは、人間関係や感情のコントロールができること

心理カウンセラーの目的は、人との関係性や苛立ち・円滑なコミュニケーションなどで悩んでいる人のカウンセリングすることが大半となっています。例えば、マネジメント職や経営者側の教える立場や保育士などの対人が必要な職場で活用しやすいです。

勉強するメリット②:子育てや円満な家庭環境を築きやすい

2つ目の勉強するメリットは、子育てや円満な家庭環境を築きやすいこと

心理カウンセラーが意味ないと感じる原因は、活用方法や活かせる場所が分からないケースも少なくありません。例えば、子どもが学校で上手く馴染めてない場合や夫婦・カップル間でのコミュニケーションが取れていない状況でも実践しやすいでしょう。

再現性の高い専門スキルを習得できます。心理カウンセラーは仕事以外でも幅広く活用できますよ!

勉強するメリット③:仕事の幅が広がりキャリアアップしやすい

3つ目の勉強するメリットは、仕事の幅が広がってキャリアアップしやすいこと

メンタル心理カウンセラーは国家資格がないですが、仕事の幅を広げたりキャリアアップできるチャンスが増えます。特に保育士や看護師・公務員などの対人スキルが必要な職場だと実用しやすいでしょう。

キャリアアップや視野が広がりやすい例

  • 保育士:悩んでいる子どもをいち早く発見できる
  • 看護師:患者さんとの適切なコミュニケーションが取れる
  • 教員:生徒の悩みやいじめ問題を未然に防げる可能性
  • マネジメント職:部下の悩み発見やモチベーション管理

就職活動として活用はしにくいですが、キャリアアップや視野を広げる可能性が高いです。意味ないと感じるより、具体的な活用イメージを考えてみましょう!

↓↓↓

※ネット申込の割引キャンペーン実施中です。

心理カウンセラーが役立つ職場や生活環境

心理カウンセラーは、大きく分けて職場と日常生活の2種類で活用方法が異なります。資格を取得する前にイメージしておかないと、せっかく努力をしても意味がないと感じてしまうので注意しましょう。

職場・就職活動で役立たせる方法

職場・就職活動で役立たせる方法

  • 対人スキルや人間関係の構築で活用する
  • 円滑なコミュニケーション力を習得する
  • 部下や仲間で悩んでいる人のサポート
  • 自問自答をしてストレスの少ない環境
  • 自分の強みとして積極的にアピールする

職場や就職活動・キャリアアップで役立たせるためには、心理カウンセラーの勉強で学んだ円滑なコミュニケーション力や人間関係の考え方を実践しましょう。

職場環境での人付き合いや立ち位置で悩んでしまうと集中した仕事ができません。程よい距離感や対処法・考え方を活かして、ストレスの少ない仕事ができるでしょう。

生活環境・ライフスタイルで役立たせる方法

ライフスタイルで役立たせる方法

  • 子どもの気持ちを考えて対応できる
  • 家族間での円滑なコミュニケーション
  • ストレスを未然に防いだ環境で生活
  • うつ病やメンタル防止のライフスタイル
  • 自分らしく生き生き生活できる環境

ライフスタイルで役立たせるためには、家族や大切なパートナーとの適切な距離感やコミュニケーション力を活用できます。特に子育てでは大切な子どもの悩みを解消しやすいでしょう。

例えば、子どもが学校で馴染めていない場合や悩みを抱えている場合にいち早く心を開かせ、求めているメンタルケアができます。

子どもは言語化が苦手で、溜め込んでしまう可能性があります。ストレスを少しでも減らしてあげるために、心理カウンセラーで学んだスキルを有効活用しましょう!

おすすめの心理カウンセラーはキャリカレ!

心理カウンセラーが意味ないはウソ!おすすめの勉強方法で資格を目指してみよう

結論をまとめると、心理カウンセラーが意味ないと言われる理由は5つで具体的な活用方法や目的を理解できれば解消できるでしょう。

意味ないと言われる5つの理由

  1. 国家資格がなくて信頼しにくい
  2. スキルアップの線引きが分からない
  3. 心理カウンセラーの幅が広すぎる
  4. 学歴など関係なく気軽に目指せる
  5. 難易度が低くて合格しやすい資格

心理カウンセラーを目指す目的は個人差がありますが、仕事やライフスタイルなどで幅広く活用できます。実用するイメージをすると、具体的な意味や目的がハッキリするでしょう。

でも、本当に私が求めているスキルなのかイマイチ自信がもてない…。決め手があれば良いけど、何かあるの?

心理カウンセラーの意味がない勘違いを解消できても、勉強するイメージが湧かない場合は無料の資料請求がおすすめです。特にキャリカレでは、受講した体験談や合格までのイメージ・活用事例を詳しく紹介しています。

キャリカレの心理カウンセラーは2000件以上の体験談が報告されている人気資格です。資料請求をしても、しつこい勧誘は一切ないので30秒でサクッと取り寄せてみましょう!

↓↓↓

※しつこい電話勧誘は一切ありません。

公式サイトはこちらでチェック!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

※本記事内の料金は全て税込価格です。
※参照:厚生労働省

心理カウンセラーが意味ないってウソ?5つの理由と勉強するメリット・ポイントを詳しく紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます