ビジネスコンプライアンス検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

ビジネスコンプライアンス検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!
  • URLをコピーしました!

ビジネスコンプライアンス検定はどんな資格なの?難しさとか勉強方法・合格率を詳しく知りたいな。

適切なコンプライアンスを守り、クリーンな表現の確認ができるビジネスコンプライアンス検定。総務や秘書に関連する職種で働く場合は取得しておきたいですよね。

とはいえ、具体的な資格の特徴や勉強方法がイメージできない…。そこで本記事では、ビジネスコンプライアンス検定の勉強方法や合格率・おすすめの資格を徹底解説しています。

この記事で分かることをチェック!

  • ビジネスコンプライアンス検定って?
  • ビジネスコンプライアンス検定の合格率は?
  • 具体的な勉強方法やおすすめの人は?

資格の勉強をした後にギャップを感じないようにしましょう。1分でサクッと読める内容になっていますよ!

タップで移動できます

ビジネスコンプライアンス検定の特徴【30秒でサクッと確認】

資格名ビジネスコンプライアンス検定
実施サーティファイ コンプライアンス検定委員会
ジャンル民間資格
試験日程
(予定)
2月・8月(7月下旬)
※年2回実施
試験問題筆記試験
種類初級(Primary Level)
上級(Advanced Level)
試験方法リモートWEBテスト
試験会場自宅試験
受験料
(税込)
初級:5,500円
上級:8,000円
合格率55.2%
※初級・上級の平均(2020年度実績)
累計合格者32,445名
※2021年3月時点
勉強方法独学
※サンプル問題あり
勉強時間BASIC:10~12時間程度
初級:20時間程度
上級:40時間程度
受験資格等 特になし
申込方法公式サイトから申し込み

ビジネスコンプライアンス検定は、初級と上級に分かれているコンプライアンスや法律の観点からチェックをする民間資格の1つです。1年間で2回の受験チャンスがありますが、難易度は低めで誰でも気軽に目指せるメリットがあります。

ビジネスコンプライアンス検定は、コンプライアンス経営およびビジネスパーソンとしてのコンプライアンス行動の理解を証明する資格です。秘書や総務で働く場合におすすめの資格ですよ!

ビジネスコンプライアンス検定の特徴

  • コンプライアンスの基礎から学べる資格
  • 1年間に2回の試験で難易度が低い傾向
  • 初級と上級の2種類に分かれた民間資格

ビジネスコンプライアンス検定の勉強内容・身につくスキル・活かせる仕事

ビジネスコンプライアンス検定の勉強内容や身につくスキル・活用できる仕事を紹介します。はじめて資格を目指す場合は、具体的な勉強イメージや身につくスキルを考えてみましょう。

ビジネスコンプライアンス検定の勉強内容

「ビジネスコンプライアンス検定 初級・上級」の求める、社会的要請に基づいた価値判断基準や基盤となる法令理解の前提として必要となる、コンプライアンスに関する基礎的な知識と高い意識について、多肢選択式問題として出題。

https://www.sikaku.gr.jp/co/introduction/content/

ビジネスコンプライアンス検定は、難易度によってコンプライアンスの観点が異なります。例えば、経営者としてのコンプライアンスを理解する場合は上級で、従業員としては初級が該当スキルです。

ビジネスコンプライアンス検定で身につくスキル

ビジネスコンプライアンス検定は、コンプライアンスに関する理念と目的の理解度、価値判断基準、および個々のビジネスシーンにおける対応スキルが身につきます。秘書や総務だけでなく、広報部としても活用しやすいスキルです。

適切な表現や判断基準を学べるスキルが身につきます。例えば、フリーランスや独立・開業でも必要なスキルですよ!

ビジネスコンプライアンス検定を活用できる場所・仕事例

ビジネスコンプライアンス検定を活用できる仕事例

  • コンプライアンス推進担当:平均年収439.7万円
  • 企業法務担当:平均年収439.7万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

ビジネスコンプライアンス検定は、企業内では重要な役割である法務や総務・コンプライアンス部署での活躍が多いです。資格の取得は必須ではありませんが、履歴書に書くことで重宝される可能性があるでしょう。

ビジネスコンプライアンス検定の口コミ・評判

ビジネスコンプライアンス検定を取得した体験談や勉強経験の口コミを紹介します。ビジネスコンプライアンス検定の取得を迷っている場合は、体験談をヒントにしてみましょう。

システムトラブルが多くて不安に感じる

初級を目指すメリットが分からない

簿記など複数の資格と同時にスキルを目指せる

学校で必修資格になったので検定の勉強をはじめた

おすすめの秘書検定はこちらで紹介

ビジネスコンプライアンス検定のメリット・デメリット

ビジネスコンプライアンス検定のメリット・デメリットを紹介します。試験の合格だけで満足することなく、具体的な活用イメージも考えてみましょう。

ビジネスコンプライアンス検定のデメリット

ビジネスコンプライアンス検定のデメリット

  • 必ず就職できるわけではない
  • コンプライアンスの基礎が基本のスキル
  • 関連性のない職場では活用しにくい

ビジネスコンプライアンス検定は、法務や総務・秘書などといったコンプライアンスや法令に関わる職種では活用できますが、関連性がなければ意味がないと感じます。とはいえ、SNSの普及なども含めて正しい法律を理解するメリットは大きいでしょう。

ビジネスコンプライアンス検定のメリット

ビジネスコンプライアンス検定のメリット

  • 正しいコンプライアンスの知識を習得
  • 幅広い職種で活躍ができる民間資格
  • 特定の職種ではアピールしやすい内容

ビジネスコンプライアンス検定のメリットは、正しい法令や適切な表現・コンプライアンスを理解できること。例えば、独立や開業・フリーランスとして活躍する場合でも習得して損のないスキルでしょう。

上級でも正しい勉強方法でコツコツ取り組めば一発合格を目指せます。あなたの生活環境に合わせて、スキマ時間に試験対策をしましょう!

ビジネスコンプライアンス検定の勉強・受験方法

ビジネスコンプライアンス検定は、独学で参考書を活用しながら試験対策をします。仕事をしながらでも効率よく合格を目指せるので、忙しいあなたでも一発合格を目指せるでしょう。

STEP
参考書を活用して試験対策を進める

参考書はAmazonや楽天などで購入ができます。初級と上級で参考書が分かれているので、目標の難易度を確認してから購入しましょう。

STEP
試験本番に備える

試験は、初級・上級で異なります。初級の場合は20時間程度の勉強で合格を目指せるので、スキマ時間を有効的に活用して無理のないペースで試験対策をしましょう。

※上級は平均40時間程度の勉強で合格を目指します。

ビジネスコンプライアンス検定は、秘書検定と比較する受験生が多いです。資格選びで迷っている場合は、秘書技能検定の資料を取り寄せると具体的なイメージが分かりますよ!

↓↓↓

比較して決めたいおすすめの講座

  • コンプライアンスよりも秘書に特化資格
  • 秘書や総務として働きたい場合におすすめ
  • 初心者でも効率よく取り組める内容
  • ユーキャンなら基礎から効率よく対策

※しつこい勧誘は一切ありません。

口コミや体験談を知りたい場合はこちらから!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

ビジネスコンプライアンス検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる