家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いは?勉強方法や合格率・難易度を徹底比較!

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いは?勉強方法や合格率・難易度を徹底比較!
  • URLをコピーしました!

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いってなんだろう?勉強方法やおすすめの人・目的で比較してみたいな。

動物の適切な管理やペット飼育スキルを資格の勉強から身につけるケースは少なくありません。特に、ペット飼育や動物に関連する仕事で就職したい場合は最短期間で正しいスキルが身につくメリットがあります。

一方で、人気の家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いが分からない…。そこで本記事では、家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いを詳しく紹介しています。

この記事で解決できる悩み

  • 家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違い
  • 家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の勉強方法の違い
  • 具体的な資格の目的やおすすめの人

資格の違いを理解してから、勉強する方向性を考えましょう。いずれも初心者から目指せるおすすめの動物資格ですよ!

↓↓↓

この記事のざっくりしたまとめ

  • 勉強する目的やスキルで異なる資格
  • 動物取扱責任者は2つとも目指せる
  • 合格率・難易度はあまり変わらない
  • 愛玩動物飼養管理士の方が知名度が高い
  • 資料請求で具体的なイメージを確認
タップで移動できます

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違い【一覧表で比較】

資格名家庭動物管理士愛玩動物飼養管理士
実施一般社団法人 全国ペット協会公益社団法人日本愛玩動物協会
ジャンル民間資格民間資格
難易度
種類2級・3級1級・2級
通信講座指定カリキュラムあり指定カリキュラムあり
受講料
(税込)
受験料10,000円
受講料20,000円
※別途登録料10,000円
32,000円
※別途登録料8,000円
勉強方法テキスト教材テキスト教材
試験会場全国主要都市で実施全国主要都市で実施
スキルペットの関連法令や衛生管理・接客の基本などを身につけ実施するスキル愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを実施するスキル

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いは、大きく分けて3つです。

2種類の資格の違いを紹介

  • 認定している協会・団体が異なる
  • 資格の種類や難易度が異なる
  • 身につくスキルや目的が異なる

動物に関連する正しい管理・飼育スキルの習得は変わりませんが、受講者数や知名度・将来的にペット共生住宅管理士を目指す場合は愛玩動物飼養管理士が該当します。受講前に活用イメージを考えてみると明確になるでしょう。

勉強する目的や資格を取得後の活用イメージを考えてみると分かりやすいですね。知名度だけで判断すると、形だけの資格になるので注意が必要です!

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士を目指す目的の違い

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士を目指す目的の違いは以下のとおりです。

資格名家庭動物管理士愛玩動物飼養管理士
資格の目的動物取扱責任者を目指す
・家庭内でペット飼育をする
・正しい管理方法を理解する
動物取扱責任者を目指す
ペット共生住宅管理士を目指す
・普及啓発活動を実施する
詳細種別に係る半年以上の実務経験又は実務経験と同等の1年間以上の飼養経験、かつ公平性、専門性のある団体が行った試験により資格等を得ている条件に当てはまる種別に係る半年以上の実務経験又は実務経験と同等の1年間以上の飼養経験、かつ公平性、専門性のある団体が行った試験により資格等を得ている条件に当てはまる
スキルペットの関連法令や衛生管理・接客の基本などを身につけ実施するスキル愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを実施するスキル
ペットのケアナビ

ペットの関連法令や日常生活でのケア・衛生管理を中心に理解したい場合は家庭動物管理士、適正な飼育管理や普及啓発活動を実施する場合は愛玩動物飼養管理士がおすすめです。

いずれも資格を取得後の活用イメージを明確にしてから受講すると、イメージに最適な勉強内容が見つかるでしょう。

ペットサロンなどの開業に必要な動物取扱責任者はいずれも対象です。身についたスキルの活用方法で比較すると良いですよ!

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の勉強方法の違い

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の勉強方法の違いは、以下の通りです。

資格名家庭動物管理士愛玩動物飼養管理士
勉強方法テキスト勉強
スクーリング
テキスト勉強
スクーリング
分かりやすさ
サポートなしなし
通信講座なしなし
勉強の流れ①テキストの自主勉強
②スクーリング(1日)
③試験本番※②と同日
①テキストの自主勉強
②スクーリング(6時間)
③試験本番
勉強期間2〜3ヶ月6〜7ヶ月

勉強方法の大きな違いはありませんが、共通してスクーリングによる講師の直接指導がカリキュラムに含まれています。ユーキャンなどの通信講座で受講ができないのでサポート体制がありませんが、初学者でも理解しやすい特徴がポイントです。

勉強方法の違いを理解しよう

  • 通信講座での受講ができない
  • サポート体制がなく基本的に個別学習
  • スクーリングで講師の直接指導がある
  • 勉強期間は愛玩動物飼養管理士が長い

短期間で合格を目指すなら家庭動物管理士がおすすめです。合格を目指す期間で比較すると、方向性が分かってきますよ!

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の難易度や合格率の違い

資格名家庭動物管理士愛玩動物飼養管理士
合格率2級:80%程度
3級:80%程度
2級:81.2%程度
1級:76.9%程度
※過去の平均
合格基準正答率70%以上非公開
合格者数19,000人以上200,000人以上
通信講座なしなし
合格までの勉強2〜3ヶ月6〜7ヶ月
おすすめの環境自宅学習自宅学習

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の難易度に大きな違いはありません

愛玩動物飼養管理士1級が若干合格率が低いものの、10人に8人程度が合格する割合と覚えておきましょう。基本的には自宅での勉強だけで、一発合格を目指せる民間資格になっています。

合格率や難易度で比較しよう

  • 10人に8人程度が合格する割合の試験
  • 自宅学習だけで合格を目指せる民間資格
  • 累計受講生は愛玩動物飼養管理士が多い

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士のおすすめの人

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士がおすすめの人は以下のとおりです。

家庭動物管理士
おすすめの人
愛玩動物飼養管理士
おすすめの人
  • ペットの関連法令や衛生管理を理解したい
  • お客さんとのコミュニケーション力をつけたい
  • ペット共生住宅管理士は目指していない
  • ペットの愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動を目指したい
  • 独立や開業スキルまで習得したい
  • ペット共生住宅管理士を目指している

2種類の動物に関する資格は、ペット飼育や動物と関わる上で必要な専門スキルを習得できます。違いで迷っている場合は、将来的に資格を活用する場所や方向性で比較すると具体的なイメージが分かるでしょう。

勉強方法や資格の取得で迷っていたら、無料の資料を30秒で取り寄せてみるとイメージとのギャップを未然に防げるでしょう。

※資料請求でしつこい勧誘は一切ありません。

犬猫に関するおすすめの専門資格はこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

家庭動物管理士と愛玩動物飼養管理士の違いは?勉強方法や合格率・難易度を徹底比較!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる