食に関する資格は独学で目指せる?おすすめの勉強方法と国家資格の難易度・通信講座との比較を詳しく紹介!

食に関する資格は独学で目指せる?おすすめの勉強方法と国家資格の難易度・通信講座との比較を詳しく紹介!
  • URLをコピーしました!

食に関する資格は独学で目指せるの?はじめて勉強するけど、難易度や通信講座との比較をして決めたいな。

日常生活での実践や専門職として活躍ができる食に関する資格。例えば、中島健人さん(SexyZone)や白石麻衣さんが取得した食生活アドバイザーは、人気の食資格として有名ですよね。

とはいえ、独学で目指せる食に関する資格がイマイチよく分からない…。そこで本記事では、以下の悩みを抱えているあなたにおすすめの内容を紹介しています。

この記事で解決できる悩み

  • 独学で目指せる食に関する資格の種類は?
  • 独学で目指せる食に関する資格に国家資格はある?
  • 具体的な注意ポイントはあるの?
  • 通信講座と独学を比較して判断したい

特にはじめて食に関する資格を目指す場合におすすめの内容となっています。あなたにとって最適な勉強方法で専門資格を目指しましょう!

↓↓↓

おすすめの食に関する通信講座

  • 初心者でも分かりやすい教材
  • 独学では取得できない専門資格
  • 無制限の質問で確認しながらでOK
  • 家事と両立しながらスキルアップ
  • 無料の資料でイメージをチェック!
タップで移動できます

食に関する資格を独学で目指すなら2種類!難易度は低めで取得しやすい

食に関する資格を独学で目指すなら、基本的に以下の2種類です。

独学で目指せる食に関する資格

  1. 食生活アドバイザー資格
  2. フードコーディネーター資格

順番に紹介していきます。

独学で目指せる食に関する資格①:食生活アドバイザー

1つ目の独学で目指せる資格は、食生活アドバイザーです。

出題範囲が広く、食品学や食文化・日常生活全体の問題が出題されるので、食全体のスペシャリストとして活躍できます。芸能人の資格取得も多く、3級・2級と難易度別で目指せることも特徴です。

項目詳細
資格名食生活アドバイザー
種類3級・2級
難易度
試験例年2回
出題範囲栄養と健康
食文化と食習慣
食品学
衛生管理
食マーケット
社会生活
出題形式マークシート
合格基準3級:60点以上(100点満点)
2級:74点以上(123点満点)

独学での勉強時間は1日1時間程度を2〜3ヶ月継続すれば合格できる難易度で、決して難しいわけではありません。落とす試験というよりは、食に関する一般的な知識と衛生面の理解が求められる民間資格と覚えておきましょう。

独学で目指せる食に関する資格②:フードコーディネーター

2つ目の独学で目指せる食に関する資格は、フードコーディネーターです。

3級合格者だけで30,000人を超えており、食生活アドバイザーに次いで独学で目指せる人気の資格です。一方で、試験が各級1回ずつしか実施しないので丁寧な試験対策をしないと翌年まで待つ必要があります。

項目詳細
資格名フードコーディネーター
種類3級・2級・1級
難易度
試験例年1回
出題範囲「デザイン・アート」「経済・経営」「文化」「科学」
出題形式CBT形式
合格基準不明

独学での目安となる勉強時間の公表はありませんが、食生活アドバイザーと同様で1日1時間程度を2ヶ月継続すれば合格を目指せるでしょう。一方で、年1回しかチャンスがないので、正しい勉強方法で効率よく対策をする必要があります。

独学で取得できる食に関する資格に国家資格はなし!

独学で取得できる食に関する資格の中に、国家資格はありません

食に関する国家資格は調理師や栄養士が当てはまりますが、いずれも専門学校の卒業や現場経験などの条件が必須になるため独学だけでは取得できません。今すぐ気軽に目指せる食に関する資格は2種類(食生活アドバイザー・フードコーディネーター)と覚えておきましょう。

民間資格を取得するメリットは、日常生活での実践や仕事でのキャリアアップです。実践するイメージを考えながら受講した方が、取得後のギャップを防げますよ!

食に関する資格を独学で目指すなら注意ポイントは3つ

食に関する資格2種類を独学で目指すためには、3つの注意ポイントがあります。勉強前に確認して、ギャップを未然に防ぎましょう。

上から順番に紹介していきます。

資格の活用方法・目的で考える

1つ目の注意ポイントは、食に関する資格を取得した後の活用イメージを考えることです。

資格を取得しても活用しないと、形だけの証明になるので独学での勉強だけで十分になります。例えば、就職活動や職場のスキルアップ・正しい知識の証明をするなどの目的を考えてから資格を目指しましょう。

資格を取得する意味や目的を理解しないと、独学での勉強だけで十分です。余分な費用をかけずに済むので、比較して考えてみましょう!

勉強できる時間や気持ちの余裕

2つ目の注意ポイントは、勉強を継続する時間やメンタル面の余裕があることです。

例えば、家事や育児をしながら勉強をする場合は1日の勉強時間が限定的な上に、毎日継続できる保証がありません。独学の場合は、あなた自身でスケジュール管理をする必要があるため挫折するリスクがないか予め考えてみましょう。

勉強できる時間が確保できないとモチベーション維持が難しいです。独学で勉強する場合は、1日1時間程度は確保できるようにしましょう!

食に関する知識やサポート体制

3つ目の注意ポイントは、食に関する知識やサポート体制の有無を確認することです。

独学で勉強するデメリットは、正しい勉強内容か判断にしにくくサポート体制がつかない問題になります。例えば、勉強が苦手で質問をしながらスキルアップしたい場合は、独学はおすすめできないので注意しましょう。

サポート体制が充実している勉強ならキャリカレ!

食に関する資格を独学で目指す前に通信講座と比較しよう

食に関する資格は独学だけでなく、通信講座のカリキュラムでも目指せます。独学で目指す前に、通信講座と比較するとストレスなくスキルアップできる勉強方法を見つけやすいでしょう。

資格を目指す教材で比較しよう

独学通信講座
教材例テキスト教材
YouTube
テキスト教材
映像講義
eラーニング
メリット好きな教材で自由に勉強できる決められた教材で正しい知識が身につく
デメリット教材の種類が多すぎて、正しい知識が身につく方法がパッとしない教材の好みや相性が合わない場合がある
おすすめの人ある程度の知識があり、好きな教材で自由な勉強をしたい料理や栄養の知識が初心者で、決められた教材で効率よく勉強したい

教材で比較すると、テキスト教材だけでなく映像講義やeラーニングなど充実しているのは通信講座です。

例えば、好きな教材で自由に勉強をして食に関する資格を目指したい場合は独学の方が良いですが、初心者でゼロスタートの場合は通信講座がおすすめとなっています。長期的な勉強になる可能性があるため、教材選びは慎重になりましょう。

分かりやすい教材が評判のユーキャンをチェック!

受講料やキャンペーンで比較しよう

独学通信講座
受講料
(目安)
2,000円〜30,000円〜
メリットコスパ良く、手頃な受講料で資格を目指せる合格特典やスキルアップの特典がつく
デメリット適切な教材を判断しにくく、複数の教材を購入する可能性がある独学よりも受講料が高くて、予算内で資格を目指すことが難しい
おすすめの人ある程度の食に関する知識があり、コスパ良く専門資格を目指したい受講料よりも合格や特典を優先的に考えて受講したい

受講料やキャンペーンで比較すると、コスパ重視で考える場合は独学がおすすめです。

通信講座の場合は独学よりも割高になっていますが、受講者特典やキャンペーンが含まれる場合があります。食に関する資格を目指す前に、予算を想定してから判断した方が良いでしょう。

サポート体制で比較しよう

独学通信講座
サポート体制なし質問サポート
課題の添削
スクーリング
メリット特になし分からないことは気軽に質問しながら食に関する資格を目指せる
デメリット通信講座のようなサポート体制が一切つかない通信講座によってサポート体制が異なる
おすすめの人自分のペースでコツコツ勉強していきたい質問や課題の添削をしてもらい、疑問やモヤモヤを解消しながら資格を目指したい

サポート体制で比較すると、独学にはつかないので注意が必要です。

質問や課題添削などのサポートを受けながら食に関する資格を目指したい場合は、通信講座になります。特に1つ1つ確認して、疑問や不安を解消したい場合は独学だと前向きに取り組めない可能性があるため注意しましょう。

食に関する資格を取得できるおすすめ通信講座

食に関する資格を取得できるおすすめの通信講座は3種類です。

いずれも民間資格を取得できますが、種類が異なるので活用イメージやカリキュラム内容を比較してから受講した方がギャップを防げるでしょう。

ユーキャン食生活アドバイザー講座

1つ目のおすすめ通信講座は、ユーキャン食生活アドバイザー講座です。

独学でも目指せる食生活アドバイザー資格ですが、ユーキャンのカリキュラムで分かりやすい教材を活用した試験対策ができます。実績豊富なユーキャンになるので、過去の傾向をもとに徹底分析された教材で対策ができるメリットが特徴です。

ユーキャン食生活アドバイザーの詳細はこちらから

がくぶん食育インストラクター講座

出典:がくぶん公式サイト

2つ目のおすすめ通信講座は、がくぶん食育インストラクター講座です。

がくぶんは歴史あるカリキュラムで、初心者向けの丁寧なサポート・プロによる監修が人気の秘訣になっています。日常生活で活かせる実践スキルが目的なので、再現性の高さと身近なスキルを習得できるでしょう。

がくぶん食育インストラクター講座の詳細はこちらから

キャリカレ食育アドバイザー講座

出典:キャリカレ公式サイト

3つ目のおすすめ通信講座は、キャリカレ食育アドバイザー講座です。

キャリカレは通信講座の中でも受講料が安い上に充実したサポート体制が評判になっています。例えば、食に関する資格を目指したいけど、勉強を続ける自信がない場合におすすめのカリキュラムです。

キャリカレ食育アドバイザー講座の詳細はこちらから

食に関する資格を独学で目指す前に通信講座と比較しよう!

結論をまとめると、独学で目指せる食に関する資格は2種類ありゼロスタートでも気軽に受験できます。

独学で目指せる食に関する資格

  1. 食生活アドバイザー資格
  2. フードコーディネーター資格

とはいえ、未経験の場合は独学で勉強するよりも通信講座で質問・課題の提出をしながら食に関する資格を目指した方が将来的に役立つスキルを習得できるでしょう。具体的なイメージが分からない場合は、無料の資料を取り寄せると分かりやすいです。

30秒でサクッと資料請求をして、受講前にギャップを防ぎましょう!

↓↓↓

※しつこい勧誘は一切ありません。

※本記事内の料金は全て税込価格です。

食に関する資格は独学で目指せる?おすすめの勉強方法と国家資格の難易度・通信講座との比較を詳しく紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる