当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しています。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、記事内で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。

パーソナルカラー資格はどれがいい?おすすめ7選ランキング・独学との比較まで徹底解説【2024年版】

監修:
パーソナルカラー資格はどれがいい?

パーソナルカラー資格は、色彩理論を取り入れて適切な色の判別ができ、顔の見え方やパーソナルカラーの判断ができるスキルを証明する民間資格です。

日常生活で色を楽しむだけでなく、心理学を用いたパーソナルカラーを提案できるため、ファッションやデザイナーなど色に関わる仕事で通用する専門性を高めることができます。

パーソナルカラーとは、他の人(第3者)から見て、似合う色合い・カラーベースのこと。

春・夏・秋・冬と4つのベースカラーから似合う色のグループとシーズンを診断するパーソナルカラー診断が定番です。  イエローベース(イエベ)・ブルーベース(ブルベ)などの専門用語はSNSで評判になっています。

パーソナルカラー資格はどれがいい?おすすめ比較ランキング8選と意味ない・いらない評判の真相

とはいえ、パーソナルカラー資格はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かるポイント
  • 7種類のパーソナルカラー資格がおすすめ
  • 3つの比較ポイントで理想の資格が分かる
  • 国家資格はなくてスキルアップが目的
  • 初心者向けパーソナルカラー資格が大半
  • パーソナルカラー資格をはじめて目指すならラーキャリパーソナルカラープランナー資格がおすすめ!

そこで本記事では、おすすめパーソナルカラー資格7選を3つのポイントで徹底比較しています。パーソナルカラーや色彩の勉強経験がない場合は、おすすめ資格選びのヒントにしてみてください。

独学との比較や初心者でも気軽にパーソナルカラー資格の合格を目指せる通信講座を紹介しています。パーソナルカラーを活用するイメージをしながら比較してみましょう!

↓↓↓

タップで移動できます

パーソナルカラー資格はどれがいい?おすすめ比較一覧表で7種類をチェックしよう

パーソナルカラー資格選びで、どれがいいか迷ったら比較したいおすすめ7選を紹介します。

通信講座を受講しないと取得できないパーソナルカラー資格もあるため、興味のある種類や勉強方法を確認しましょう。

スクロールできます
通信講座ユーキャンラーキャリキャリカレ日本カラーコーディネーター協会パーソナルカラー実務検定協会日本パーソナルカラー協会ICBI
イメージ
資格名パーソナルカラリスト検定2級・3級パーソナルカラープランナー資格カラーコーディネーター色彩活用パーソナルカラー検定パーソナルカラー実務検定色彩技能パーソナルカラー検定パーソナルカラーアナリスト
難易度2級・3級1種類1種類3級・2級・1級3級・2級・1級モジュール3級・2級・1級1種類
独学可能可能可能可能可能可能可能
受講料51,740円49,500円
39,500円
49,600円
39,600円
教材+受験料教材+受験料教材+受験料教材+受験料
分割払い
受講期間6ヶ月個人差あり最短1ヶ月個人差あり個人差あり個人差あり個人差あり
サポート1日3問までの質問
最長12ヶ月間延長
課題添削
質問サポート
課題添削
無制限の質問
最長1年間延長
課題添削
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
なしなしなしなし
ジャンル民間資格民間資格民間資格民間資格民間資格民間資格民間資格
初心者向け
詳細公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料は公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

パーソナルカラー資格を学べるおすすめの通信講座は7種類ですが、サポート体制や実績を考慮するとラーキャリキャリカレがおすすめです。

中でもキャリカレは、万が一不合格だった場合でも受講料が全額返金されるため、勉強が苦手な場合でも余計な心配をすることなく合格を目指せます。

比較する前に確認したいポイント
  • パーソナルカラーに国家資格はない(2023年時点)
  • 通信講座は初心者向けの勉強内容が大半
  • 独学でも試験対策はできるがサポートが含まれない
  • ラーキャリキャリカレがおすすめ!

おすすめのパーソナルカラー資格を目指せる通信講座は7種類ですが、独学よりは受講料が高くなるデメリットに注意しなくてはなりません。

例えば、パーソナルカラーの勉強経験がない初心者や一人で試験対策を継続することに自信がない・正しい色彩の知識を最短ルートで身につけたい場合におすすめです。

  • パーソナルカラーの経験がない初心者
  • 色彩の知識を効率よく身につけたい
  • 質問や課題添削をしてモヤモヤを解消したい
  • 試験日程まで時間がなくて焦っている

パーソナルカラー資格は合格がゴールではありません。日常生活や色を取り扱う仕事現場での実践スキルを意識できる勉強環境がおすすめです!

↓↓↓

パーソナルカラー資格はどれがいい?3つのポイントで比較がおすすめ

パーソナルカラー資格はどれがいいか迷ったら、3つのポイントで比較がおすすめです。

評判や実績だけでなく、3つのポイントで比較すれば受講後のギャップを防止しやすいです。はじめてパーソナルカラー資格の勉強をする場合は参考にしてみてください。

パーソナルカラー資格はどれがいい?目指す目的やスキルで比較しよう

パーソナルカラー資格はどれがいい?目指す目的やスキルで比較しよう

1つ目のパーソナルカラー資格選びでどれがいいか迷ったら比較したいポイントは、勉強する目的や身につくスキルです。

パーソナルカラーに国家資格がないため、仕事のキャリアアップや日常の中でで色彩を意識したファッションや化粧を楽しむために目指します。

パーソナルカラー資格の活用方法
  • ファッション業界で色のバランスを考える
  • デザイン・Webデザインの色彩調整で活かす
  • インテリアや化粧品関連の仕事で活用
  • 日常生活で色彩の楽しみ方を見直す

通信講座ごとに勉強方法が異なるため、パーソナルカラーや色彩バランスをスムーズに理解ができる勉強環境がおすすめです。

中でも初心者向けに作られている教材を活用するパーソナルカラー資格の通信講座が挫折しにくいでしょう。

通信講座勉強方法
ラーキャリ初心者向けのテキストで勉強ができる
ユーキャン初心者向けのテキストと映像講義で勉強ができる
キャリカレ初心者向けのテキストと映像講義で勉強ができる
日本カラーコーディネーター協会難易度ごとの参考書で試験対策
パーソナルカラー実務検定協会難易度ごとの参考書で試験対策
日本パーソナルカラー協会難易度ごとの参考書で試験対策
ICBI難易度ごとの参考書で試験対策
パーソナルカラー資格の勉強方法

通信講座ごとに勉強方法が異なるため、合格までのイメージや納得できる環境で試験対策をすることが大切です。通信講座を活用する以上、スムーズに理解ができる環境を選びましょう!

パーソナルカラー資格はどれがいい?サポート体制で比較しよう

パーソナルカラー資格はどれがいい?サポート体制で比較しよう

2つ目のパーソナルカラー資格選びでどれがいいか迷ったら比較したいポイントは、独自のサポートやフォロー体制です。

通信講座は独学よりも受講料が高いですが、質問や課題添削などのサポートがプランに含まれます。

サポートが充実していれば、勉強に集中しやすく、生活環境の中で無理なく取り組めるメリットがあります。

通信講座サポート体制
ラーキャリ質問サポート
課題添削
ユーキャン1日3問までの質問
最長12ヶ月間延長
課題添削
キャリカレ無制限の質問
最長1年間延長
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
日本カラーコーディネーター協会なし
パーソナルカラー実務検定協会なし
日本パーソナルカラー協会なし
ICBIなし
パーソナルカラー資格通信講座のサポート体制

中でも万が一不合格だった場合に受講料が全額返金されるキャリカレは、支払い面の不安を減らしてマイペースに合格を目指せます。

独学にはない独自のサポート体制で比較して、あなたの生活リズムや心配事を減らして試験対策ができるパーソナルカラー資格の通信講座を選びましょう。

せっかく通信講座で受講しても挫折したら意味がありません。最短1ヶ月で試験対策ができるパーソナルカラー資格もあるため、無理なく合格を目指せる通信講座を選びましょう!

パーソナルカラー資格はどれがいい?受講料の安さで比較しよう

パーソナルカラー資格はどれがいい?受講料の安さで比較しよう

3つ目のパーソナルカラー資格選びでどれがいいか迷ったら比較したいポイントは、受講料の安さや予算に応じたカリキュラムです。

サポートが充実しているおすすめ通信講座の受講料が安いランキングでは、ラーキャリが最安値になります。

他にもキャンペーンを積極的に実施しているキャリカレやプレゼントが豊富なユーキャンと比較してみると、負担の少ない通信講座が明確になるでしょう。

通信講座の受講料は高いから良いわけではありません。無理のない予算とストレスなく取り組める環境選びが大切ですよ!

↓↓↓

パーソナルカラー資格のおすすめ7選を徹底比較

パーソナルカラー資格のおすすめ通信講座7選を紹介します。3つのポイントで比較して、あなたのイメージに合った通信講座でパーソナルカラー資格の合格を目指しましょう。

※タップで該当箇所までジャンプします。

パーソナルカラリスト検定の対策ができるユーキャンは苦手ポイントを確認しやすい

https://www.u-can.co.jp/
おすすめポイント
  • パーソナルカラー診断で自分を診断できる
  • パーソナルカラリスト検定2級・3級対応の通信講座
  • 5回の課題添削で苦手ポイントを確認できる

ユーキャンは、通信講座で唯一パーソナルカラリスト検定を目指せるカリキュラムで合格を目指せます。

全部で5回の課題添削とあなたのパーソナルカラー診断ができるため、日常生活での活用イメージやパーソナルカラリスト検定対策をする上で苦手ポイントを発見しやすいです。

色彩に関する知識の自信がなくても、マイペースにパーソナルカラリスト検定2級・3級の合格を目指せる通信講座がユーキャンです。

30時間程度の勉強が必要なパーソナルカラリスト検定ですが、ユーキャンなら重要ポイントを中心に試験対策ができます。実績が充実している通信講座が良いならおすすめですよ!

通信講座
スクール
ユーキャン
資格名パーソナルカラリスト検定2級・3級
受講料
(税込)
51,740円
受講期間6ヶ月
サポート1日3問までの質問
最長12ヶ月間延長
初心者向け

月3,980円で受講できる通信講座

参考 ユーキャンカラーコーディネート講座の口コミや評判を解説!

パーソナルカラープランナー資格は最短3週間で合格を目指せるスケジュール

https://lear-caree.jp/
おすすめポイント
  • 適切なパーソナルカラー診断を学べる通信講座
  • CMYKやRGBでデザインの仕事に役立つスキル
  • 最短3週間で合格を目指せるスケジュール内容

ラーキャリで目指せるパーソナルカラープランナー資格の特徴は、初心者でも基礎から短期間で合格を目指せるスケジュールです。

テキストのみの勉強ですが、パーソナルカラー診断の適切な知識を理解できるため、ベースカラー・4シーズンカラー・16 タイプカラーと複数の観点から色彩の専門性を高めることができます。

ラーキャリの特徴は、コンパクトな教材で初心者でも気軽に合格を目指せること。勉強が苦手でも、無理のないペースで専門スキルを習得できますよ!

通信講座
スクール
ラーキャリ
資格名パーソナルカラープランナー資格
受講料
(税込)
■通信講座+資格:49,500円
■試験のみ:11,000円
受講期間個人差あり
サポート質問サポート
初心者向け

最大10,000円割引キャンペーン中

参考 ラーキャリパーソナルカラープランナー資格の口コミや評判を解説!

カラーコーディネーター資格は全額返金制度があるキャリカレで合格を目指せる

https://www.c-c-j.com/
おすすめポイント
  • 無制限の質問で確認しながら試験対策
  • 不合格でも全額返金でリスクが少ない
  • 色彩検定と同時に合格を目指せる通信講座

キャリカレは他の通信講座と比較しても無制限の質問など、サポート体制が充実していることが評判ポイントです。

カラーコーディネーターだけでなく、色彩検定と同時に目指せるため、色彩に関する専門性を高めたい場合にもおすすめになります。

最短1ヶ月間の勉強だけでカラーコーディネーター資格を目指せるスケジュールになっており、重要ポイントを中心にメリハリのある試験対策をしたいならおすすめの通信講座がキャリカレです。

独学にはないサポートが充実しているメリットがキャリカレの特徴です。仕事や子育てをしながらでも取り組みやすいですよ!

通信講座
スクール
キャリカレ
資格名カラーコーディネーター資格
(スタンダードクラス・アドバンスクラス)
受講料
(税込)
49,600円
39,600円
受講期間最短1ヶ月
サポート無制限の質問
最長1年間延長
不合格なら全額返金
合格で2講座目が無料
初心者向け

今なら10,000円割引の通信講座

色彩活用パーソナルカラー検定

色彩活用パーソナルカラー検定は、3級・2級・1級と専門スキルをステップアップするシステムで専門資格を目指します。

1級まで取得するとコンサルタントとして活躍ができるので、独立・開業も視野に入れることができるでしょう。

通信講座
スクール
資格名色彩活用パーソナルカラー検定
受講料
(税込)
教材+受験料
受講期間個人差あり
サポート
初心者向け

パーソナルカラー実務検定

パーソナルカラー実務検定は、化粧品メーカー・化粧品ブランド・アパレル・宝飾メーカーなどの現場で活用できる実践スキルを習得できます。

3級・2級・1級と難易度が分かれているので、目標を決めてコツコツ試験対策をしましょう。

通信講座
スクール
資格名パーソナルカラー実務検定
受講料
(税込)
教材+受験料
受講期間個人差あり
サポート
初心者向け

色彩技能パーソナルカラー検定

色彩技能パーソナルカラー検定は、モジュール1・2・3と3つの難易度に分かれている民間資格です。CBT方式の試験になりますが、通信講座がないので独学(公式テキスト)で勉強する必要があるので注意しましょう。

通信講座
スクール
資格名色彩技能パーソナルカラー検定
受講料
(税込)
教材+受験料
受講期間個人差あり
サポート
初心者向け

パーソナルカラーアナリスト

パーソナルカラーアナリストは、美容系(ヘア、メイク、ネイル)や、ファッション系(企画、デザイン、販売)の仕事などで活用できる専門スキルを習得できます。

初心者でも基礎から勉強すれば合格を目指せるので、ハードルが低い民間資格と覚えておきましょう。

通信講座
スクール
資格名パーソナルカラーアナリスト
受講料
(税込)
教材+受験料
受講期間個人差あり
サポート
初心者向け

パーソナルカラー資格の受講料が安いランキング

おすすめパーソナルカラー資格を目指せるおすすめ通信講座の受講料が安いランキングを紹介します。

受講料が安さだけで判断はおすすめしませんが、予算内で無理なく合格を目指せる通信講座で合格を目指しましょう。

1位:ラーキャリパーソナルカラープランナー資格講座

おすすめ通信講座の受講料が安いランキング1位は、ラーキャリパーソナルカラープランナー資格講座です。

ラーキャリはテキストで合格を目指すスケジュールですが、試験のみをチャレンジすることもできます。

パーソナルカラーに関する知識に自信があれば独学でも十分ですが、通信講座でも他社と比較して最安値になるため、負担の少ない勉強方法を探している場合におすすめです。

  • 通常:49,500円39,500円
  • 試験のみ:11,000円

最大10,000円割引キャンペーン中

2位:キャリカレカラーコーディネーターW合格指導講座

おすすめ通信講座の受講料が安いランキング2位は、キャリカレカラーコーディネーターW合格指導講座です。

サポート体制が充実しているキャリカレは、カラーコーディネーターと色彩検定の2種類を対策できるスケジュールになっています。

受講料には無制限の質問や課題添削も含まれるため、勉強を継続する自信がない場合におすすめな通信講座です。

  • 通常:49,600円39,600円
  • カラーコーディネーターのみ:41,900円31,900円
  • 色彩検定のみ:41,900円31,900円

今なら10,000円割引の通信講座

3位:ユーキャンパーソナルカラリスト検定

おすすめ通信講座の受講料が安いランキング3位は、ユーキャンカラーコーディネート講座です。

1回のパーソナルカラー診断と5回の課題添削がスケジュールに含まれており、正しい知識を確認しながら合格を目指したい場合におすすめな通信講座になります。

定期的にユーキャン割引クーポンを発行しており、安い時期に合わせた受講もおすすめです。

  • 通常:51,740円

月3,980円で受講できる通信講座

パーソナルカラー資格が意味ない・いらないと評判の理由

パーソナルカラー資格は意味ないとネガティブな評判は複数出ています。

理由は、国家資格に含まれないパーソナルカラーは取得しても必ず専門職に就けるわけではないためです。

  1. 国家資格に含まれないため意味がない
  2. 難易度が低い資格が多くて意味がない
  3. 独学でも合格を目指せるハードルの低さ

意味ないと評判の理由を詳しく紹介します。

国家資格に含まれないため意味がない

パーソナルカラーは共通して民間資格になるため、国が認定する国家資格ではありません

スキルアップが目的な民間資格に含まれるパーソナルカラーは、明確な活用方法が決められていないため、具体的な実践イメージが分からないため意味がなく感じる評判が多いです。

国家資格以外の活用方法
  • 日常の中で色彩を意識したファッション
  • インテリアやデザインバランスの見直しをする
  • パーソナルカラー診断で自分に合った化粧を確認
  • デザイナーやファッション業界で活躍する
  • 商品開発や企画書の作成業務で活用する

例えば、保育士や宅地建物取引士などの国家資格は保育園や不動産業の企業に就職しやすくなりますが、パーソナルカラー資格は特定の専門職に就けません

資格の取得は就職活動やキャリアアップだけに限定してしまうと、合格しても意味がないと感じてしまうでしょう。

パーソナルカラー資格を取得した後の活用イメージを想定すると意味が明確になります。合格だけで満足しないように注意しましょう!

難易度が低い資格が多くて意味がない

勉強経験がない初心者でも合格を目指しやすいパーソナルカラー資格は、難易度の低さから取得しても意味がない評判は出ています。

資格合格率
パーソナルカラープランナー資格不明
パーソナルカラリスト検定3級:75%程度
2級:75%程度
1級:50%程度
カラーコーディネーター不明
色彩活用パーソナルカラー検定3級:75%程度
2級:75%程度
1級:50%程度
パーソナルカラー実務検定3級:不明
2級:不明
1級:不明
色彩技能パーソナルカラー検定モジュール1:70%程度
モジュール2:50%程度
モジュール3:70%程度
パーソナルカラーアナリスト不明
パーソナルカラー資格の合格率

合格率の公表がないパーソナルカラープランナーカラーコーディネーターも初心者が1回で合格できる難易度で、気軽にチャレンジができるメリットが特徴です。

一方で、初心者でも合格できるハードルの低さからパーソナルカラー資格を取得しても他の人との差別化がしにくい観点から意味ないと評判になりやすいのでしょう。

独学でも合格を目指せるハードルの低さ

パーソナルカラーは独学で取得できる資格もあるため、初級(3級)なら誰でもチャレンジできる試験になります。

例えば、学歴や経験などの受験条件がないため、パーソナルカラー資格を目指せるハードルの低さから意味ないと評判になりやすいです。

資格独学
パーソナルカラープランナー資格
パーソナルカラリスト検定
カラーコーディネーター
色彩活用パーソナルカラー検定
パーソナルカラー実務検定
色彩技能パーソナルカラー検定
パーソナルカラーアナリスト
パーソナルカラー資格の独学対応

パーソナルカラープランナーはラーキャリ(通信講座)で試験のみを受験することも可能なため、色彩の知識に自信があれば安い費用で合格を目指せます。

とはいえ、国家資格も独学で取得できるケースもあり、受験条件だけで意味ないと判断するのは勿体無いです。

パーソナルカラー資格が意味ないのではなく、活用方法や正しい色彩の知識を身につけてあなたの強みにしなければ、合格しただけで満足してしまう受験生が多いことが分かります。

パーソナルカラー診断だけでなく、色を活用する場面を想定できれば取得するメリットが明確になります。合格後のイメージを考えた上でチャレンジしましょう!

独学と通信講座でパーソナルカラー資格を対策する比較

パーソナルカラー資格は独学でも合格を目指せます。

独学だと、通信講座に必要な受講料がかからないメリットがあるだけでなく、好きな教材を活用してスムーズな試験対策がしやすいです。

通信講座を活用すれば必ず試験で合格できるわけではなく、負担の少ない環境でパーソナルカラー資格を目指すと良いでしょう。

安い費用で負担を減らすなら独学がおすすめ

独学でパーソナルカラー資格の合格を目指すと、安い受講料で負担の少ない環境で試験対策ができます。

おすすめ通信講座の最安値はラーキャリパーソナルカラープランナー資格講座の49,500円(キャンペーン期間中は39,500円)になるため、独学の方が数万円単位で安くなります。

試験対策に欠ける費用を安くして、余計な心配をしたくないなら独学でパーソナルカラー資格を目指した方が良いでしょう。

おすすめ 最安値ならラーキャリパーソナルカラープランナー資格講座

教材を自由に決めて試験対策ができる

参考書やYouTubeなどの教材は自由に決めて試験対策ができることも独学のメリットです。

質問や課題添削などのサポートが含まれないデメリットはありますが、色彩に関する基礎知識があれば好きな教材で勉強をした方がストレスを感じにくいでしょう。

独学通信講座
初心者向け
教材参考書やYouTubeを自由に決めて勉強ができる決められた教材で合格を目指す
メリット教材との相性が悪ければ途中で変更がしやすい合格まで最短ルートで、質問などのサポートを活用しながら対策できる
デメリット正しい知識の確認がしにくく、最短ルートで合格を目指しにくい教材の変更ができず、相性が悪い場合の対処法が難しい
独学と通信講座の比較

合格までのスケジュール調整が不安なら通信講座がおすすめですが、複数の教材を比較した上で勉強方法を決めたいなら独学がおすすめです。

パーソナルカラー資格は1年間の中で日程が決まっている試験が多いため、効率よく合格を目指せる勉強方法を選びましょう。

正しい色彩の知識と最短ルートで合格を目指すなら通信講座

はじめてパーソナルカラー資格の勉強をする場合は、通信講座で試験対策をした方がスムーズに準備ができます。

独学よりも通信講座がおすすめの人は以下の通りです。

通信講座がおすすめの人
  • 色彩に関する基礎知識から勉強をしたい
  • 最短期間で合格を目指す環境が良い
  • 質問や課題添削などのサポートが充実してほしい
  • 一人で勉強を継続する自信がない

合格までの勉強スケジュールやあなたの知識を確認して、独学と通信講座を比較してみましょう!

最大10,000円割引キャンペーン中

パーソナルカラー資格を目指す前に知っておきたいよくある質問

パーソナルカラー資格を目指す前に知っておきたいよくある質問を紹介します。資格を目指した後のギャップを防ぐために、よくある質問や疑問を解消しましょう。

パーソナルカラー資格に国家資格はありますか?

いいえ、パーソナルカラー資格は全て民間資格になるので国家資格はありません。

スキルアップが目的になるため、パーソナルカラー資格の勉強をする目的を考えた上で受講した方が良いでしょう。

おすすめのパーソナルカラー資格はありますか?

パーソナルカラー資格を学べるおすすめの通信講座は7種類ですが、サポート体制や実績を考慮するとラーキャリキャリカレがおすすめです。

初心者でもパーソナルカラー資格を目指せますか?

はい、色・色彩の知識がなくても基礎から学べるカリキュラムが大半です。

パーソナルカラー資格はどのような職場で活用できますか?

パーソナルカラーは民間資格の1種類になるので、就職活動には直結しにくいです。ただし、アパレル・化粧品・インテリアなど、色に関連する知識が必要な職場では専門スキルを活かした仕事ができるでしょう。

どのくらいの期間でパーソナルカラー資格は合格できますか?

個人差はありますが、最短1ヶ月で合格できるパーソナルカラー資格もあります。

スキマ時間を活用してスムーズな試験対策をしましょう。

独学と通信講座はどちらがおすすめですか?

色彩に関する知識状況で異なりますが、基礎からマイペースに学びたい場合は通信講座がおすすめです。

独学は通信講座よりも受講料が安く、好きな教材で試験対策ができるメリットがあります。

あなたのイメージに合った勉強方法で効率よく試験対策をしましょう。

初心者向けのおすすめ通信講座はラーキャリパーソナルカラープランナー資格!

おすすめのパーソナルカラー資格は7種類で、身に付くスキルや試験日程・難易度が異なります。

勉強経験がなく、はじめてパーソナルカラー資格を目指すならラーキャリで取得できるパーソナルカラープランナー資格がおすすめです。

ラーキャリがおすすめの理由
  • 色に関する基礎知識から理解できる
  • スキマ時間だけでも十分理解OK
  • 初心者向けで分かりやすい内容
  • 日常・仕事の両方で活かせるスキル
  • 期間限定のキャンペーン実施中!

パーソナルカラーは国家資格には含まれないため、色を活用できるファッションやデザイン業界・日常生活で楽しむためなど、身近な場面で実践するスキルの習得が目的です。

ラーキャリは色彩の基礎知識だけでなく、身近な場面での活用イメージも学べる勉強内容になっており、再現性の高さも評判になっています。

ラーキャリは定期的に10,000円割引キャンペーンを実施しています。負担の少ないプランを選び、納得のできる環境でパーソナルカラー資格を目指しましょう!

最大10,000円割引キャンペーン中

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
シカクゲットナビ_LINE
パーソナルカラー資格はどれがいい?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気になったらシェア
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます