司法試験予備試験の予備校・通信講座を3つのポイントで比較!安いランキングほか【2023年合格へ】


当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しており、掲載順はランキングとは異なります。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、公平な立場で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。
司法試験予備試験の予備校・通信講座を3つのポイントで比較!安いランキングほか【2023年合格へ】

「司法試験・予備試験のおすすめ通信講座は?」
「初学者でも分かりやすい教材で効率よく合格を目指したい」

司法試験・予備試験の対策をしたくても複数の予備校や通信講座があると、どれがいいのか判断が難しいですよね。他の国家資格よりも難易度が高いだけでなく、受講料が高いし失敗はしたくない…

でも、選び方がイマイチ分からないし、おすすめの比較ポイントってあるのかな?

そこで本記事では、司法試験・予備試験のおすすめ予備校や通信講座を3つのポイントで徹底比較しています。受講後に後悔しないため、あなたの生活環境に最適な勉強方法を選びましょう。

※タップで該当箇所までジャンプします。

おすすめの通信講座をピックアップ!

アガルート司法

  • 初学者でも目指しやすい通信講座
  • 実績が豊富で1年間の合格を目指せる
  • 仕事をしながらでも両立できる
  • サポートが充実して心の負担が少ない
  • 割引キャンペーンでお得に受講できる
タップで移動できます

司法試験予備試験のおすすめ予備校・通信講座6選の一覧表【ひと目でチェック】

アガルート司法資格スクエア伊藤塾LECスタディングWセミナー
通信講座
予備校
アガルート資格スクエア伊藤塾LECスタディングWセミナー
受講料
(税込)
714,560円〜659,780円〜1,148,000円〜1,062,870円〜89,100円〜639,000円
初学者向け
サポート体制
おすすめ度
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料・割引キャンペーンは公式サイトでご確認ください。

司法試験予備試験のおすすめ予備校・通信講座6選を比較するポイントは3つ

司法試験・予備試験のおすすめ予備校や通信講座を比較するポイントは3つです。

上から順番に紹介していきます。

おすすめ比較ポイント①:受講料が安くて、予算内の通信講座・予備校

1つ目のおすすめ比較ポイントは、受講料が安いだけでなく予算内の通信講座や予備校です。

司法試験・予備試験を目指せる予備校や通信講座は、他の国家資格試験のカリキュラムと比較して、受講料が安いわけではありません。合格実績が豊富な環境だけで判断すると、余計な負担がかかるので注意しましょう。

受講料が安いだけで判断は難しい

  • 司法試験予備試験は受講料が安くない
  • 支払いだけで精一杯になるリスクあり
  • 予算に合わせた勉強環境が一番大切

費用はスタディングが最も安く119,900円で受講できますが、平均的には600,000円を超えるので基本的には分割払いで支払うケースが多いです。司法試験・予備試験の通信講座や予備校の安いランキングはこちらで紹介しています。

受講料が安いだけで判断はおすすめしませんが、予算に応じた環境選びが大切です。支払いだけで精一杯になったり、ストレスを抱える環境は避けましょう!

おすすめ比較ポイント②:初学者でも分かりやすく、効率よく対策ができる

2つ目のおすすめ比較ポイントは、初学者でも分かりやすくてスムーズな対策ができる通信講座・予備校です。

司法試験や予備試験で合格するためには3000〜8000時間は必要と評判ですが、勉強スタイルやインプットしやすさで大きく幅が広がります。例えば、仕事や家事をしながらでも挫折しにくい教材選びを意識しましょう。

初学者でも分かりやすい教材を選ぶ

  • 国家資格の中でも勉強時間は長い試験
  • 生活環境に最適な勉強スタイルが大切
  • インプットしやすい教材を有効活用

具体的には以下のような環境で合格を目指す場合は、インプットしやすいカリキュラムがおすすめです。

仕事をしながら試験対策をするんだけど、効率よく継続できるか不安に感じるな…。

家事をしながらだと、スキマ時間に取り組むしかできないな。朝勉と夜勉だけで足りるのかモヤモヤする。

司法試験・予備試験の対策は、最短ルートで合格を目指すことはもちろん、挫折しない環境づくりも大切です。評判や体験談だけでなく、サンプル教材で相性をチェックした方が負担の少ない対策ができるでしょう。

おすすめ比較ポイント③:信頼できるサポート体制とメンタル面の負担が少ない環境

3つ目のおすすめ比較ポイントは、信頼できるサポート体制やメンタル面の負担が少ない環境選びです。

司法試験・予備試験の対策は、メンタルケアが必要になってきます。例えば、カウンセリングや質問・課題の添削など、軌道修正やモチベーション維持しやすい環境選びが大切です。

分かりやすい教材とサポート面の両軸

  • メンタルケアがしやすい環境選び
  • 間違いに気づきやすいサポート体制
  • 講師との適度な距離感と信頼関係

充実した環境選びをする軸は、サポート面での比較もポイントです。教材の質だけでなく、講師との信頼関係を気づくことも最短ルートで合格できる秘訣でしょう。

司法試験予備試験のおすすめ予備校・通信講座6選を詳しく理解しよう

上から順番に詳しく紹介していきます。

おすすめ予備校・通信講座①:アガルート

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    5
  • サポート
    5
  • 実績
    5
  • 教材
    5

アガルートのおすすめポイント

  • 分かりやすい教材で初学者でもOK
  • 頻出傾向を徹底分析したカリキュラム
  • 映像講義で疑問を解消しやすい解説
  • 司法試験の合格者占有率が47.8%
  • 最長12回までは分割手数料が無料

※分割手数料無料は6/30完全〆切です。

↓↓↓

※分割手数料無料は6/30完全〆切です。

おすすめ予備校・通信講座②:資格スクエア

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    5
  • サポート
    5
  • 実績
    5
  • 教材
    5

資格スクエアのおすすめポイント

  • スキマ時間に取り組みやすい教材
  • AIが予想する短答式試験模試の対応
  • 初学者でも分かりやすいテキスト教材
  • 充実したサポート体制が信頼できる

※説明会参加で30,000円割引中。

↓↓↓

※説明会参加で30,000円割引中。

資格スクエア

おすすめ予備校・通信講座③:伊藤塾

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    4
  • サポート
    4
  • 実績
    5
  • 教材
    5

伊藤塾のおすすめポイント

  • 歴史のあるカリキュラムで対策
  • 通信・通学の2種類から選択できる
  • サポートが通常コースに含まれる
  • 早期申し込みでお得に受講できる

※早期割引キャンペーン中。

↓↓↓

※早期割引キャンペーン中。

伊藤塾

おすすめ予備校・通信講座④:LEC

  • 価格
    3
  • 初学者向け
    4
  • サポート
    4
  • 実績
    5
  • 教材
    5

LECのおすすめポイント

  • 複数のコースから合格を目指せる
  • 実績が豊富で信頼できるカリキュラム
  • 副教材としても活用しやすい
  • 早期割引でお得に受講ができる

※早期割引キャンペーン中。

↓↓↓

※早期割引キャンペーン中。

LEC

おすすめ予備校・通信講座⑤:スタディング

  • 価格
    5
  • 初学者向け
    3
  • サポート
    3
  • 実績
    4
  • 教材
    5

スタディングのおすすめポイント

  • 他社と比較して受講料が安い通信講座
  • スマホ1台だけで合格を目指せる内容
  • スキマ時間を有効活用しやすい教材
  • 仕事や家事・育児をしながらでも対策

※受講料が最も安い通信講座。

↓↓↓

※早期割引キャンペーン中。

おすすめ予備校・通信講座⑥:Wセミナー

  • 価格
    4
  • 初学者向け
    4
  • サポート
    3
  • 実績
    4
  • 教材
    5

Wセミナーのおすすめポイント

  • 実績が充実している予備校で対策
  • 悩みに合ったカリキュラムを専攻
  • 説明会で具体的なイメージが明確
  • キャンペーンも積極的に実施中

【安いランキング】司法試験予備試験のおすすめ予備校・通信講座

受講料が安いランキング6選

  1. スタディング:89,100円〜
  2. Wセミナー:639,000円
  3. 資格スクエア:659,780円〜
  4. アガルート:714,560円〜
  5. LEC: 1,062,870円〜
  6. 伊藤塾:1,148,000円〜

受講料で比較すると、最も安い司法試験・予備試験の通信講座や予備校はスタディングです。コースによっては、100,000円を割る受講料で司法試験・予備試験対策ができるので、できる限り安くしたい場合におすすめとなっています。

とはいえ、サポート体制や過去の実績を考慮するとしにくの場合は資格スクエアアガルートの方が総合的には受講しやすいです。資料やサンプル教材で比較して、決め手の優先順位を考えてみましょう。

司法試験予備試験は通信と独学ではどっちがおすすめ?

結論を紹介すると、司法試験・予備試験対策の独学はおすすめしません

難易度の高い試験のため勉強量の問題もありますが、最大の壁はメンタル面です。基本的には3000〜8000時間程度の試験対策が必要な司法試験・予備試験対策は、独学だとモチベーション維持が難しいデメリットがあります。

例えば、好きな教材で自分の中でコントロールしながら合格を目指せる場合は別ですが、独学だとハードルが上がります。効率良い対策なら独学はおすすめしません。

司法試験予備試験のおすすめポイント【生活環境別】

司法試験・予備試験の対策は、生活環境に合わせて勉強方法を選ぶこともおすすめです。例えば、仕事をしながら試験対策をする場合や司法試験・予備試験の勉強だけに集中ができる環境では取り組める状況が全く違います。

生活環境で勉強環境を比較しよう

国家資格の中でも司法試験・予備試験は、勉強期間が長く最短でも1年間で合格を目指します。長期的な対策が必要なため、勉強だけでなくメンタル面のケアや焦りを解消できる環境が合格できる最短ルートになるでしょう。

司法試験予備試験の試験日程日程【2023年対策】※例年との変更点アリ

試験日程
予備試験短答試験令和5年7月16日(日)
予備試験論文試験令和5年9月9日(土)・10日(日)
予備試験口述試験令和6年1月20日(土)・21日(日)
司法試験令和6年7月12日(水)・13日(木)・15日(土)・16日(日)

2023年における司法試験・予備試験の試験日程は、例年よりも2ヶ月程度後ろ倒しになります。つまり、1年合格を目指しやすい勉強スタイルをとれるので、多少の時間に余裕が生まれます。

とはいえ、試験対策をする内容や勉強量には変わりないので、まずはストレスの少ない環境でスムーズな取り組みができるように考えてみましょう。

司法試験予備試験の予備校・通信講座を比較して1年で合格を目指そう!

結論をまとめると、司法試験・予備試験はあなたの生活環境や3つのポイントで比較すると、負担が少なく最短ルートで合格を目指しやすいでしょう。

比較するポイント

  1. 受講料が安い通信講座や予備校
  2. 初学者向けのカリキュラム内容
  3. メンタル面の負担が少ない環境

司法試験・予備試験の通信講座や予備校は、他の国家資格と比較しても受講料が安いわけではありません。例えば、早めに勉強を始めたいけど、イマイチ決めきれない場合は無料の資料請求やサンプル講義を確認すればイメージしやすいです。

司法試験・予備試験を最短期間で合格したいけど勉強方法が分からない…と悩んでいたら、実績豊富かつサポート体制が充実しているアガルートの詳細を無料の資料で確認してみませんか?

↓↓↓

※期間限定の割引キャンペーン実施中!

アガルート司法資格スクエア伊藤塾LECスタディングWセミナー
通信講座
予備校
アガルート資格スクエア伊藤塾LECスタディングWセミナー
受講料
(税込)
714,560円〜659,780円〜1,148,000円〜1,062,870円〜89,100円〜639,000円
初学者向け
サポート体制
おすすめ度
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※本記事内の料金は全て税込価格です。

司法試験予備試験の予備校・通信講座を3つのポイントで比較!安いランキングほか【2023年合格へ】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます