登録販売者を独学で主婦が目指す方法は?挫折する5つの原因・育児と両立するポイントを徹底解説!

監修:

当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しており、掲載順はランキングとは異なります。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、公平な立場で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。
登録販売者を独学で主婦が目指す方法は?挫折する5つの原因・育児と両立するポイントを徹底解説!

主婦が独学で登録販売者の試験勉強をしても合格できるのかな?家事や育児をしながら対策したいけど、効率の良い方法を知りたい。

1年に1回しかチャンスがない登録販売者。10人に4人が合格する割合になるので、独学でも育児と両立して効率よく試験対策をして一発合格を目指したいですよね。

とはいえ、子どものことがあるし独学で本当に合格できるのか自信がない…。そこで本記事では、以下の悩みを抱えているあなたにおすすめの内容を紹介しています。

この記事で解決できる悩み

  • 主婦が独学で登録販売者を目指せるの?
  • 主婦が独学で勉強する具体的なポイントは?
  • 挫折する原因とか注意ポイントはあるの?
  • 家事や育児と両立できる方法を知りたい

例えば、登録販売者資格で合格して再就職やパート勤務しようとしても、思うような勉強時間の確保ができない場合や育児との両立で挫折するリスクがあります。注意ポイントを理解してから、効率よく一発合格を目指しましょう。

負担の少ない試験対策をして、最短ルートで合格を目指しましょう。やり方次第では、モチベーション維持できますよ!

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘は一切ありません。

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。

おすすめ登録販売者講座の比較はこちらから!

タップで移動できます

登録販売者は主婦が独学でも目指せる公的資格

最初に結論をお伝えすると、主婦でも独学で登録販売者を目指せます。具体的な理由は3つのポイントです。

上から順番に詳しく紹介していきます。

主婦が独学で目指せる理由①:受験資格がなくて気軽に目指せる

独学で目指せる1つ目の理由は、受験資格がない公的資格のためです。

登録販売者は年1回の試験が全国の都道府県で実施されますが、専門学校の卒業や通信講座の修了などといった条件がありません。主婦や社会人・学生など、幅広く登録販売者を目指せる特徴がポイントです。

受験資格がなくて気軽に目指しやすい

  • 学歴や通学・通信講座の条件がない
  • 年に1回各都道府県ごとに試験を実施
  • 主婦や学生・社会人と幅広く目指せる

学歴や受験条件がないので、多くの主婦や社会人に人気の資格です。とはいえ、正しい勉強方法でコツコツ取り組まないと不合格になるので注意が必要です!

主婦が独学で目指せる理由②:平均3ヶ月間の勉強で試験対策ができる

独学で目指せる2つ目の理由は、平均3ヶ月間の勉強だけで試験対策ができるためです。

登録販売者の試験対策は、ゼロスタートで独学だと400時間程度必要となります。例えば、平日2.5時間・土日6時間ずつの勉強で合格を目指せるので、家事や育児のスキマ時間の積み重ねで目指せるでしょう。

一方で、子どもの状況や家族の行事次第ではうまく勉強時間が取れない場合があります。独学でも目指せますが、時間の使い方には注意しましょう!

主婦が独学で目指せる理由③:育児をしながらでもスキマ時間を有効活用

独学で目指せる3つ目の理由は、育児をしながらでも気軽に資格を目指せるためです。

例えば、保育士を目指す場合は、筆記の他に実技の対策が必要なため、育児との両立が難しい場合があります。登録販売者の場合は、自宅で座学の勉強で対策ができるので、育児と両立しながら主婦が独学でも目指しやすいでしょう。

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘は一切ありません。

主婦の独学をおすすめしない3つの理由

登録販売者は主婦が目指すことができますが、家事や育児・ライフスタイルの状況から独学はおすすめしません。具体的な理由は3つあるので、詳しく紹介していきます。

独学で対策する前に、負担の少ない環境選びを考えてみましょう!

主婦が独学で目指せない原因①:毎日バタバタして時間がない

主婦が独学で目指せない1つ目の原因は、毎日忙しく決まった時間に試験対策ができないため

例えば、旦那の食事や掃除など嵐のような毎日を繰り返していると、勉強のモチベーション維持は難しいですよね。学校とは異なり、自分で時間調整ができないと合格は難しいでしょう

勉強する環境に注意しよう!

  • 決まった時間に勉強しにくく集中できない
  • 継続ができずにモチベーション維持が困難
  • 自分自身で時間のコントロールをしにくい

何となく独学で勉強すると、途中で挫折する可能性があります。主婦の場合は、自由な時間が限られているのでハードルが高くなってしまいます。

主婦が独学で目指せない原因②:子育てで落ち着かない日常

主婦が独学で目指せない2つ目の原因は、子育てで毎日落ち着かない日々を過ごしているため

「ギャン泣き・イヤイヤ期・反抗期」など、子育てをしているとバタバタして落ち着かないですよね。忙しい毎日を過ごすと、試験対策が二の次になる可能性が高いです。

家事や育児で勉強する時間が限定的

  • 登録販売者の試験対策が後回しになりやすい
  • 家事や育児のストレスが溜まるリスクが高い
  • ワンオペ育児だと勉強する余裕がなくなる

育児中の試験対策はポイントに絞った勉強が大切です。独学だと限界があるので、ライフスタイルの見直しをすると良いでしょう。

主婦が独学で目指せない原因③:勉強方法がよく分からない

主婦が独学で目指せない3つ目の原因は、勉強方法がよく分からないため

独学で勉強する場合、参考書を活用しますがポイントが掴めないまま試験対策をするリスクがあります。初学者の場合は、質問ができる通信講座の方が効率よく合格を目指せるでしょう。

独学だとポイントが分かりにくい

  • 勉強するポイントがいまいち分からない
  • 何となく勉強した感覚になる可能性
  • 質問や課題がない独学はおすすめできない

独学よりは費用がかかりますが、短期間でサクッと一発合格を目指すなら通信講座がおすすめです。独学と比較してみて、最適な環境を選びましょう!

おすすめ登録販売者講座の比較はこちら!

登録販売者を主婦が独学で目指すポイント

結論として、主婦が登録販売者を目指す場合は通信講座がおすすめですが、予算的に独学で目指す場合は3つのポイントを意識しましょう。

上から順番に紹介していきます。

主婦が独学で一発合格を目指す方法①:試験対策の時間を明確にする

主婦が独学で登録販売者を目指す1つ目の方法は、試験対策の時間を明確にすること

家事や子育てをしていると、毎日決まった時間に取り組む余裕はないですよね。昼休憩や寝る前など、毎日無理なく取り組める時間帯を事前に決めましょう。

勉強する時間を明確にする

  • ゆっくりできる自分の時間帯を考える
  • 1回15分程度など短時間を小刻みに繰り返す
  • 無理なく継続することを最優先にする

ポイントは無理なく続けることです。登録販売者は医薬品などの専門知識を理解する必要があるので、継続的な勉強でコツコツ理解を深めましょう!

主婦が独学で一発合格を目指す方法②:旦那や家族の協力を求める

主婦が独学で登録販売者を目指す2つ目の方法は、旦那や家族の協力を求めること

試験勉強だけではないですが、家庭内で分担をしないとやりたいことが何もできないですよね。例えば、登録販売者の試験勉強をする3ヶ月間は家事を手伝ってもらうなど協力を呼びかけましょう。

家族に試験対策を理解してもらう

  • 試験前の家事や育児・家のことを分担する
  • ストレスなく勉強できる環境作りに協力してもらう
  • 合格後のイメージを共有して、一緒に合格を目指す

7月〜12月に実施する試験前は、家族の協力なしは難しいです。分担をして、将来的なイメージを家族で考えながら試験対策を進めましょう!

主婦が独学で一発合格を目指す方法③:ポイントに絞って取り組む

主婦が独学で登録販売者を目指す3つ目の方法は、ポイントに絞った試験対策をすること

平均して400時間程度の勉強時間が必要な登録販売者の試験対策は、頻出ポイントを中心に対策しないと効率よく合格を目指せません。忙しい主婦の場合は特に、効率の良さが求められるので注意しましょう。

独学のメリット
独学のデメリット
  • 好きな教材で勉強できる
  • コスパ良く対策できる
  • 時間関係なく取り組める
  • ポイントが分からない
  • 教材探しが手間になる
  • サポート体制がつかない

ゼロスタートで独学だと心細いかもしれません。SNSで質問するなど、ちょっとした工夫をしていかないと行き詰まった時に苦しくなるリスクがあります。

登録販売者を主婦が独学で目指す勉強期間【目安は3ヶ月】

登録販売者を目指す一般的な勉強は400時間程度と言われています。主婦の日常生活を想定した場合、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の期間で比較してみましょう。

1ヶ月間で合格を目指す場合のメリット・デメリット

1ヶ月間で合格を目指す場合は、ほとんど毎日長時間の勉強が必要になります。特に初学者の場合は合格が非常に難しく、急ぎでない場合は翌年に切り替えても良いでしょう。

項目詳細
勉強時間1日10時間以上
メリット短期間でメリハリのある試験対策ができて、集中力を保てる
デメリット初学者の場合は覚える範囲が広く、現実的ではない

1ヶ月間で合格を目指す方法はおすすめできません。急ぎでない場合は、翌年の試験対策に切り替えたほうが良いですよ!

3ヶ月間で合格を目指す場合のメリット・デメリット【おすすめ!】

一般的に3ヶ月間で登録販売者試験を目指すケースは非常に多いです。ダラダラした勉強を防げる上に、平日3時間・休日5時間など努力次第では目指しやすいと評判になっています。

項目詳細
勉強時間1日3時間以上
メリットメリハリのある試験対策ができ、無理なく取り組める
デメリットポイントを理解しながら勉強しないと、終わらない

3ヶ月間で合格を目指す主婦は多いですが、試験で出題されやすい重要ポイントを中心に取り組まないと混乱します。自分に合った教材探しをしましょう!

6ヶ月間で合格を目指す場合のメリット・デメリット

時間をかけて登録販売者を目指したい場合は6ヶ月間以上かけて、ゆっくり勉強もおすすめです。とはいえ、ダラダラしてしまう可能性があるので毎日コツコツ勉強するようにしましょう。

項目詳細
勉強時間1日1.5時間以上
メリット時間をかけて勉強ができて、気持ちに余裕が生まれる
デメリット時間をかける分、モチベーション維持が難しい

6ヶ月間かけて勉強する場合は時間がある分、勉強の優先順位が低くなる可能性があります。毎日短時間でも勉強するように意識しましょう!

登録販売者試験が受かりやすい都道府県はある?

登録販売者試験で合格しやすい都道府県はありません。平均して40%前後が合格率となっているので、10人に6人が不合格になる割合です。

都道府県登録販売者試験
受験者数(名)
登録販売者試験
合格者数(名)
登録販売者試験
合格率
合計52,95921,95341.5%
北海道1,81586147.4%
青森県68929743.1%
岩手県69134650.1%
宮城県1,66573644.2%
秋田県41416239.1%
山形県40317944.4%
福島県69223634.1%
茨城県1,24054544.0%
栃木県89338543.1%
群馬県1,00947046.6%
埼玉県2,49074930.1%
千葉県2,14073734.4%
東京都4,4371,46433.0%
神奈川県2,6711,03338.7%
新潟県88333237.6%
山梨県2879232.1%
長野県1,31841931.8%
富山県54923943.5%
石川県76533043.1%
福井県47716634.8%
岐阜県1,26258346.2%
静岡県1,26363650.4%
愛知県2,7861,56156.0%
三重県73539053.1%
奈良県1,72661235.5%
鳥取県2007738.5%
島根県28014050.0%
岡山県86942949.4%
広島県1,03960458.1%
山口県51727954.0%
香川県51826250.6%
愛媛県62230048.2%
高知県38315239.7%
福岡県2,6551,15443.5%
佐賀県39815839.7%
長崎県52922141.8%
熊本県82135543.2%
大分県56626546.8%
宮崎県48517135.3%
鹿児島県84931036.5%
沖縄県79628635.9%
関西広域連合8,1323,23039.7%
引用厚生労働省(これまでの登録販売者試験実施状況等について)

受験する都道府県によって難易度が変わるわけではありません。一方で、試験日は異なるのでお住まいの試験情報を確認してみましょう!

登録販売者試験と都道府県

  • 合格しやすい都道府県はない
  • 全体平均で40%前後の合格率
  • 年間20,000人以上が合格している

主婦がスキマ時間に合格を目指すならキャリカレ!

登録販売者を独学で目指す自信がないなら方法は1つ

結論をまとめると、主婦が独学で登録販売者を目指すことは可能です。

とはいえ、家事や育児などもあり効率よく試験対策ができるかイマイチ自信が持てないでしょう。さらには、10人に6人が不合格の割合なため、不安に感じているのではないでしょうか。

通信講座独学
費用
(目安)
24,800円〜2,000円〜
学習方法テキスト/映像講義などテキスト/YouTubeなど
メリット効率よくポイントに絞って勉強ができて、スキマ時間を活用しやすいコスパよく好きな教材で、試験対策ができる
デメリット独学よりもコストがかかる質問などのサポート体制がつかない

独学での勉強に不安を感じるなら、通信講座で効率よく合格を目指す方法がおすすめです。体験者・実績が豊富で、短い時間を有効活用しマイペースに登録販売者を目指せるでしょう。

受講料は独学よりも高くなりますが、効率面・合格実績を考慮すると通信講座の方が良いケースもあります。まずは比較や資料請求をして、学習イメージを確認してみましょう!

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘は一切ありません。

おすすめ登録販売者講座の比較はこちらから!

キャリカレTOPたのまなTOP
通信講座
スクール
キャリカレスタディングたのまなユーキャン三幸医療カレッジ
受講料
(税込)
38,500円24,800円37,700円〜49,000円35,200円〜
分割払い
期間3ヶ月個人差あり6ヶ月8ヶ月個人差あり
初心者向け
サポート無制限の質問
最長12ヶ月間延長
不合格なら全額返金
就職支援
基本なし無制限の質問
最長18ヶ月間延長
1日3問までの質問
最長14ヶ月間延長
12ヶ月間動画閲覧
担任講師がつく
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料・キャンペーンは公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

※本記事内の料金は全て税込価格です。
※参考:公益社団法人 全日本医薬品登録販売者協会
※参考:厚生労働省「職業提供情報サイト」
※参考:厚生労働省「これまでの登録販売者試験実施状況等について」

登録販売者を独学で主婦が目指す方法は?挫折する5つの原因・育児と両立するポイントを徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます