当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しています。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、記事内で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。

紅茶資格はどれがいい?おすすめ種類一覧やユーキャンの勉強方法・初心者向けの教材まで詳しく紹介【2024年2月版】

紅茶資格はどれがいい?

紅茶資格は、紅茶の正しい知識だけでなく、ティーフードとのバランスを考慮した楽しみ方までアドバイスができるスキルの証明をする民間資格です。

おすすめコーヒー資格と合わせて比較すると、カフェ店員や飲食店での仕事現場で活かせる勉強ができると評判になっています。

でも、おすすめの紅茶資格はどれがいいのか分からない。はじめて勉強をする場合でも目指しやすい腸活資格はあるのかな。

とはいえ、おすすめ紅茶資格はどれがいいか分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かるポイント
  • 2023年時点のおすすめ紅茶資格は7種類ある
  • 紅茶資格の勉強経験がない初心者でも気軽に合格を目指せる
  • 紅茶資格には2023年時点では国家資格がない
  • 紅茶資格はどれがいいか迷ったら紅茶プロフェッショナル資格がおすすめ
  • 安い受講料ランキング1位はformie紅茶アナリスト資格

そこで本記事では、紅茶資格おすすめ7選ランキングを3つの比較ポイントで詳しく紹介しています。

紅茶資格に興味はあるけど、何からはじめれば良いか分からないと悩んでいる場合は通信講座で勉強するイメージを参考にしてみてください。

紅茶資格は身近な場面で実践できる再現性の高さで比較がおすすめです。イメージ通りの勉強ができる通信講座で、効率よく合格を目指しましょう!

↓↓↓

タップで移動できます

紅茶資格はどれがいいか迷ったら比較したいおすすめ7選一覧表【2024年2月版】

紅茶資格はどれがいいか迷ったら比較したいおすすめ7選一覧表を紹介します。

スクロールできます
ラーキャリキャリカレformieSARAスクールハッピーチャレンジゼミ日本紅茶協会
イメージ紅茶プロフェッショナルティースペシャリスト紅茶アナリスト紅茶アドバイザー・紅茶マイスター紅茶コーディネーター紅茶検定
資格紅茶プロフェッショナル①ティースペシャリスト
②カーサバリスタ
紅茶アナリスト①紅茶アドバイザー
②紅茶マイスター
紅茶コーディネーター紅茶検定
受講料49,500円
39,500円
※講座+試験
85,900円
75,900円
①サブスク:980円(初回7日間)・3,980円
②通常:38,500円
①69,800円
②89,800円
64,000円試験のみ
期間最短3週間3ヶ月間1ヶ月〜6ヶ月間9ヶ月間個人差あり
初心者向け
サポート無制限の質問
無制限の延長
無制限の質問
最長700日間延長
メールサポート無制限の質問
最長12ヶ月間延長
最長14ヶ月間延長なし
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

2023年5月時点では紅茶資格に国家資格がないため、勉強はスキルアップが目的になります。

独学ではなく、通信講座を活用して紅茶資格を取得する目的やメリットを比較すると理想の環境で勉強がしやすくなるでしょう。

紅茶資格の目的・メリット
  • 日常の食生活で紅茶を楽しむ方法を理解できる
  • 独学では理解が難しい紅茶に含まれる成分・栄養素を学べる
  • 世界の三大銘茶や紅茶の美味しい飲み方を短期間で習得できる
  • 食関連の就職活動で履歴書に紅茶資格を書いてアピールできる

おすすめ通信講座は3つのポイントで比較が良いですが、紅茶資格の目的は事前に考えた方が理想のスキルを目指せます。勉強するメリットを考えた上でチャレンジしましょう!

↓↓↓

紅茶資格はどれがいいか迷ったら比較したい3つのおすすめポイント

紅茶資格はどれがいいか迷ったら比較したい3つのおすすめポイントを紹介します。

  1. 紅茶資格の活用方法で比較する
  2. 紅茶初心者でも分かりやすいサポートで比較する
  3. 予算内で目指せる安い受講料で比較する

はじめて紅茶資格の勉強をする場合は、比較ポイントを参考にしてみてください。

どれがいいか迷ったら紅茶資格の活用方法で比較する

どれがいいか迷ったら紅茶資格の活用方法で比較する

紅茶資格でどれがいいか迷ったら、スキルの活用方法や実践イメージの比較がおすすめです。

国家資格でない紅茶資格は、必ず特定の専門職に就けるわけではありません

例えば、日常生活の中で紅茶を楽しみたい場合や飲食店やカフェスタッフとして美味しい紅茶を提供したい状況では目的が異なります。

日常で活用仕事で活用
紅茶資格紅茶プロフェッショナル
ティースペシャリスト
紅茶アナリスト
紅茶アドバイザー
紅茶マイスター
紅茶コーディネーター
紅茶検定
紅茶プロフェッショナル
ティースペシャリスト
紅茶コーディネーター
紅茶検定
スキル日常で紅茶を楽しむための実践スキルを習得できる紅茶の基礎だけでなく、提供・サービススキルまで習得できる
紅茶資格の目的

日常で紅茶を楽しみたい場合は、自分や家族好みのオリジナルブレンドや味わいを極める紅茶専門家を目指した方が理想のスキルを習得できます。

紅茶資格は評判や合格体験談だけでなく、合格後の活用イメージまで想定した上でチャレンジした方が通信講座を比較しやすいです。

紅茶資格は目的によって比較しないと、中途半端な勉強になるリスクがあります。合格体験談や評判だけで判断せずに、紅茶資格を目指すキッカケを思い出してみると良いですよ!

どれがいいか迷ったら紅茶初心者でも分かりやすいサポートで比較する

どれがいいか迷ったら紅茶初心者でも分かりやすいサポートで比較する

紅茶資格でどれがいいか迷ったら、初心者でもスムーズに理解ができるサポートの比較がおすすめです。

通信講座は独学にはない質問や課題添削などのサポートが含まれるため、勉強が苦手な場合や紅茶の勉強経験がない初心者でも気軽に合格を目指せます。

紅茶資格サポート体制
紅茶プロフェッショナル無制限の質問
無制限の延長
ティースペシャリスト無制限の質問
最長700日間延長
紅茶アナリストメールサポート
紅茶アドバイザー無制限の質問
最長12ヶ月間延長
紅茶マイスター無制限の質問
最長12ヶ月間延長
紅茶コーディネーター最長14ヶ月間延長
紅茶検定なし
紅茶資格のサポート体制

サポート体制で比較するなら紅茶プロフェッショナルティースペシャリストがおすすめですが、疑問を解消して、正しい紅茶資格の勉強ができる通信講座選びが大切です。

独学よりも受講料が高い通信講座を選ぶメリットの1つであるサポート体制で比較して、スムーズに紅茶資格の勉強ができるプランを選びましょう。

通信講座のサポートは、受講料に含まれているケースが大半です。スムーズな環境で、実用的な紅茶資格を取得できるようにしましょう!

どれがいいか迷ったら予算内で目指せる安い受講料で比較する

どれがいいか迷ったら予算内で目指せる安い受講料で比較する

紅茶資格でどれがいいか迷ったら、安い受講料で負担の少ない通信講座で比較がおすすめです。

紅茶資格
受講料が安いランキング

受講料が安いランキングの1位は紅茶アナリスト資格ですが、サブスク形式のプランもあるため、負担を減らして紅茶資格の勉強ができます。

高い受講料を支払っても必ず紅茶に関する専門スキルを習得できるわけではないので、予算を決めた上で、無理なく身近な場面で活かせる再現性の高い勉強をしましょう。

紅茶資格の通信講座は、独学よりも高くなるデメリットがあります。支払い面のストレスを減らして、無理なく勉強ができる紅茶資格を目指しましょう!

↓↓↓

紅茶資格はどれがいいか迷ったら比較したいおすすめ7選を詳しく紹介

紅茶資格はどれがいいか迷ったら比較したいおすすめ7選を詳しく紹介します。

はじめて紅茶資格の勉強をする場合は、受講後のギャップを防止するためにおすすめ通信講座を比較してみましょう。

紅茶プロフェッショナル資格は初心者でも最短3週間で合格を目指せる

紅茶プロフェッショナル資格は初心者でも最短3週間で合格を目指せる
おすすめポイント
  • 紅茶初心者でも基礎からスムーズに学べる勉強内容
  • 最短3週間だけで専門性の高い紅茶資格を取得できる
  • 紅茶に含まれる栄養素や季節ごとの楽しみ方を理解

紅茶プロフェッショナル資格は、最短3週間で合格を目指せる勉強スケジュールで、初心者でもテキストだけでスムーズに理解ができると評判です。

紅茶の主な成分や美味しい飲み方・日常生活での取り入れ方を基礎から学べるので、気軽にチャレンジしやすい勉強環境がおすすめポイントになります。

映像講義がなくても品種別の紅茶や適切な淹れ方まで学べるので、カフェや飲食店でも通用するプロスキルまで習得できるでしょう。

通信講座ラーキャリ
受講料49,500円
39,500円
分割払い
資格紅茶プロフェッショナル
サポート体制無制限の質問
無制限の延長

最短3週間で紅茶資格を取得

ティースペシャリスト資格はカフェ経営スキルまで学べる勉強内容

ティースペシャリスト資格はカフェ経営スキルまで学べる勉強内容
おすすめポイント
  • 紅茶の淹れ方や楽しみ方の基礎からスムーズに学べる
  • テキストと映像講義を活用して初心者でも分かりやすい
  • カフェ経営スキルまで学べて仕事で通用する実践スキル

ティースペシャリスト資格は、紅茶の淹れ方やチャイ・ミルクティーの知識までテキストと映像講義を活用して、スムーズに合格を目指せます。

紅茶に関する専門性を高めるだけでなく、カフェ開業スキルまで学べるため、飲食店の経営スキルまで理解できる通信講座です。

さらに無制限の質問や課題添削などのサポートが充実しているため、勉強が苦手な場合や独学との比較で悩んでいる状況でもおすすめな紅茶資格になります。

通信講座キャリカレ
受講料85,900円
75,900円
分割払い
資格①ティースペシャリスト
②カーサバリスタ
サポート体制無制限の質問
最長700日間延長

今なら10,000割引で受講できる

紅茶アナリスト資格は受講料が安いランキングで1位の通信講座

紅茶アナリスト資格は受講料が安いランキングで1位の通信講座
おすすめポイント
  • おすすめ紅茶資格の受講料が安いランキング1位のプラン
  • スマホだけでスキマ時間を活用した勉強ができる
  • 食事に合う紅茶やレシピを効率よく理解できる勉強内容

紅茶アナリスト資格は、スマホだけで4ヶ国以上の種類を理解して、紅茶との相性が良い1年間分のレシピまで学べる通信講座です。

スイーツレシピやテイスティングまで学べるので、日常の食生活やカフェ・飲食店での現場で活かせるスキルを習得できます。

さらに、おすすめ紅茶資格の受講料が安いランキング1位のプランになるため、負担の少ない通信講座で紅茶の勉強をしたい場合にピッタリです。

通信講座formie(フォーミー)
受講料①サブスク:980円(初回7日間)・3,980円
②通常:38,500円
分割払い
資格紅茶アナリスト
サポート体制メールサポート

スマホ1台だけで気軽に目指せる

紅茶アドバイザー資格・紅茶マイスター資格は楽しみ方と開業スキルを学べる

紅茶アドバイザー資格・紅茶マイスター資格は楽しみ方と開業スキルを学べる
おすすめポイント
  • 2種類の紅茶資格を同時に目指せる通信講座
  • テキストでじっくり時間をかけた勉強スケジュール
  • 紅茶に合うレシピやカフェ開業スキルを習得できる

紅茶アドバイザー資格・紅茶マイスター資格は、紅茶の分類や効能・美味しい淹れ方と初心者向けの勉強内容で、じっくり6ヶ月かけたスケジュールで合格を目指します。

2種類の紅茶資格を同時に目指せることも他の通信講座と異なり、紅茶の知識だけでなく、カフェ開業スキルも同時に取得可能です。

試験が不安な場合は、プラチナコースを選べば誰でも2種類の紅茶資格を取得できるため、気軽にチャレンジができるおすすめの通信講座になります。

通信講座SARAスクール
受講料①69,800円
②89,800円
分割払い
資格紅茶アドバイザー
紅茶マイスター
サポート体制無制限の質問
最長12ヶ月間延長

2種類の紅茶資格を同時に取得

紅茶コーディネーター資格は紅茶を引き立てるティーフードも学べる

紅茶コーディネーター資格は紅茶を引き立てるティーフードも学べる
おすすめポイント
  • 紅茶を楽しむためのティーフードを短期間で学べる
  • 茶葉やポット・テイスティングカップなどが含まれている
  • テキストと映像講義を活用してスムーズに勉強できる

紅茶コーディネーター資格は、ダージリン・アッサム・ニルギリなどの茶葉の見分け方や美味しい淹れ方を中心に、日常の食生活で活かせる勉強が中心です。

日本創芸学院が認定する紅茶コーディネーター資格を取得できるので、履歴書に書いてアピールしやすい特徴も評判になっています。

さらに紅茶に合うティーフードの勉強もできるため、紅茶の引き立て方を理解して、楽しみ方のバリエーションを増やせる勉強内容です。

通信講座ハッピーチャレンジゼミ
受講料64,000円
分割払い
資格紅茶コーディネーター
サポート体制最長14ヶ月間延長

紅茶検定は3つの難易度に分けれていて専門家を目指せる民間資格

紅茶検定は3つの難易度に分けれていて専門家を目指せる民間資格
おすすめポイント
  • 紅茶に関する専門性の高い知識を習得できる民間資格
  • 紅茶資格の中で知名度が高くてアピールしやすい
  • カフェや飲食店で通用する紅茶の専門家を目指せる

紅茶検定は、紅茶に関する正しい知識だけでなく、世界の紅茶事情や道具・使い方を証明できる民間資格です。

通信講座で紅茶検定の合格は目指せないですが、取得後はティーアドバイザー養成研修を割引金額で受講できるため、紅茶に関する専門家を目指す場合におすすめになります。

初級・中級・上級と難易度は3つに分かれており、紅茶検定の公式サイトで紹介されている例題を中心に事前対策ができるため、紅茶に関する知識の自信があればチャレンジするメリットがあるでしょう。

通信講座日本紅茶協会
受講料試験のみ
分割払い
資格紅茶検定
サポート体制なし

紅茶資格の受講料が安いランキング【2024年2月版】

紅茶資格の受講料が安いランキングを比較すると、紅茶アナリスト資格が最安値です。

紅茶資格
受講料が安いランキング

国家資格がない紅茶資格は合格しただけで満足したら意味がないため、無理のない予算で受講でき、身近な場面で活かせる紅茶の専門知識を習得することが大切です。

高い受講料を支払えば紅茶の専門家になれるわけではないので、あらかじめ予算を決めて、負担の少ないプランで紅茶資格を目指した方が余計な心配をするリスクを減らせます。

紅茶資格の通信講座では、期間限定の割引キャンペーンやクーポン発行をしています。勉強に集中できる環境で、心配事の少ないスキルアップをしましょう!

↓↓↓

スマホ1台だけで気軽に目指せる

ユーキャンで紅茶資格を目指す方法・勉強スケジュール

ユーキャンで紅茶資格を目指す方法・勉強スケジュール

紅茶資格は、ユーキャンで合格を目指すことはできないです。

ユーキャンは通信講座大手で常に100種類以上の講座が開講されていて知名度が高いですが、紅茶資格をはじめとする民間資格は協会や団体が認定する必要があり、提携していないと取得できません。

ユーキャンで紅茶資格を取得できない理由
  • ユーキャンは紅茶資格を認定している協会と提携していない
  • 紅茶資格を認定している協会や団体は限られている
  • 大手通信講座のユーキャンも取得できない資格は多数

紅茶資格との関連性が高い飲食関係の資格では、UCCドリップマイスター資格発酵食品ソムリエ資格などが当てはまりますが、いずれもユーキャンのみで目指せる民間資格です。

ユーキャンなどの特定の通信講座だけで判断せず、目指したい専門スキルや資格で比較して、将来性の高い勉強をした方がスキルアップするメリットがあるでしょう。

ユーキャンは紅茶資格の取得はできないですが、食関連の資格は多いです。知名度の高い通信講座で紅茶資格を目指すならラーキャリやキャリカレがおすすめですよ!

↓↓↓

今なら10,000割引で受講できる

紅茶資格と一緒に考えたいおすすめコーヒー資格

紅茶資格と一緒に比較したいおすすめコーヒー資格を紹介します。

おすすめコーヒー資格は全部で8種類ですが、いずれも初心者向けで分かりやすい教材を活用できます。

コーヒーの挽き方や淹れ方を中心とした楽しみ方を学べる勉強内容ですが、カフェ開業・飲食店の現場スタッフとしても通用するスキルを習得できます。

紅茶資格との相性も良いですが、コーヒー・紅茶の両方を同時に学びたい場合はキャリカレコーヒー&紅茶カフェマスター講座がおすすめです。

バリスタなどのカフェ店員や食に関連する企業・日常の食生活で活かせる実践力を効率よく学びましょう。

おすすめコーヒー資格は、仕事や子育て・家事をしながらでもスキマ時間に勉強ができます。初心者向けの分かりやすい教材を活用して、再現性の高い勉強をしましょう!

紅茶資格の比較に役立つよくある質問

紅茶資格の比較に役立つよくある質問を紹介します。

おすすめの紅茶資格はどれですか?

紅茶プロフェッショナル資格がおすすめです。

最短3週間で合格を目指せるスケジュールで、紅茶初心者でも分かりやすい解説が評判になっています。

紅茶資格を比較するなら、最初にチェックしたいおすすめの勉強内容です。

紅茶資格に国家資格はありますか?

いいえ、紅茶資格には国家資格はないです。

共通して民間資格になるので、合格した後は日常の食生活やカフェ・飲食店などの仕事現場で実践することが目的になります。

どのくらいの勉強期間で紅茶資格は合格できますか?

最短3週間で合格できる紅茶資格が多いですが、初心者でも3ヶ月程度の勉強で十分な内容です。

紅茶の美味しい淹れ方や種類の見分け方・食事の楽しみ方まで凝縮された教材で紅茶資格を目指せます。

日常の食生活で活用できますか?

はい、紅茶資格は日常の食生活でも活かせるスキルを中心に学べるため、自分ごととして捉えて勉強ができます。

合格までの勉強だけでなく、身近な場面で活かせる内容になっているため、長期的に知識を活用できるでしょう。

紅茶資格は独学では目指せないですか?

独学で紅茶資格を取得できる種類もあります。

例えば、紅茶検定は知名度・評判が高くて、履歴書に書いてアピールがしやすいメリットが特徴です。

独学と通信講座を比較して、スムーズに取り組める環境で紅茶資格の合格を目指しましょう。

通信講座のメリットを教えてください。

通信講座で紅茶資格の勉強をすると、正しい知識を習得できるだけでなく、質問や課題添削などのサポートが含まれていて疑問の解消ができます。

また、通信講座の受講が必須条件になる紅茶資格も多いため、独学にはないメリットは多くなっています。

紅茶資格を通信講座で目指すデメリットはありますか?

独学よりも受講料が高いため、支払い面の負担が増えることです。

受講した後は教材の変更ができないため、勉強内容やスケジュールを比較した上で判断した方がギャップを防止できるでしょう。

初心者におすすめの紅茶資格を教えてください。

はじめて紅茶資格の勉強をするなら紅茶プロフェッショナル資格がおすすめです。

紅茶の基礎知識だけでなく、日常での活かし方・カフェや飲食店で仕事の活用方法まで理解できます。

合格した後の活用イメージまでしやすい勉強ができる紅茶資格です。

紅茶資格を目指すなら紅茶プロフェッショナルなら初心者向けで分かりやすい!

紅茶プロフェッショナル資格は初心者でも最短3週間で合格を目指せる

紅茶資格を目指すなら紅茶プロフェッショナルがおすすめです。

紅茶プロフェッショナルがおすすめの理由
  • 紅茶初心者でも写真が豊富な分かりやすい教材でスムーズに学べる
  • 受講期限がなくてマイペースに紅茶資格の勉強ができる
  • 最短3週間だけで合格を目指せるスケジュールでメリハリがある
  • 日常の食生活だけでなく、カフェや飲食店で実践できるスキルを習得

国家資格がなくて大手のユーキャンで合格できない紅茶資格ですが、初心者でも気軽にチャレンジがしやすい勉強内容が大半で、スキマ時間を活用してスムーズにスキルアップができます。

独学で取得できる紅茶資格もありますが、正しい知識や疑問を解消しながら勉強をするならおすすめ通信講座を活用した方がイメージ通りの専門性を高めることができるでしょう。

まずは公式サイトで紹介している教材と合格までのイメージや紅茶資格を勉強するメリットが明確になります。勉強イメージは無料で確認ができますよ!

↓↓↓

最短3週間で紅茶資格を取得

シカクゲットナビ_LINE
紅茶資格はどれがいい?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気になったらシェア
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます