ビジネスメール実務検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

ビジネスメール実務検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!
  • URLをコピーしました!

ビジネスメール実務検定ってどんな資格なの?合格率や難易度を知ってから資格を目指したいな。

ビジネスメール実務検定は、仕事で通用するメール文書スキルを習得する民間資格です。新社会人を中心に、取引先や社内のコミュニケーションを円滑にとるために最適と評判になっています。

とはいえ、勉強方法がイマイチよく分からんくて不安…。そこで本記事では、ビジネスメール実務検定の勉強方法や難易度・合格率を詳しく紹介しています。

この記事で分かることをチェック!

  • ビジネスメール実務検定ってどんな資格?
  • ビジネスメール実務検定の難易度や合格率は?
  • メリットや仕事の活用方法を知りたい

資格を目指す前に、取得後のイメージや勉強方法を詳しく確認してみましょう!

タップで移動できます

ビジネスメール実務検定の特徴【30秒でサクッと確認】

資格名ビジネスメール実務検定
実施一般社団法人 日本ビジネスメール協会
ジャンル民間資格
通信講座なし
試験日程
(予定)
毎月開催
申込日程
(予定)
試験日で異なる
合格発表不明
試験方法2級:筆記試験・実技試験
3級:筆記試験
試験会場東京都
受験料
(税込)
2級:13,200円
3級:3,300円
勉強方法テキスト(独学)

ビジネスメール実務検定は、2級と3級の2種類ある民間資格です。試験会場が限られているので受験のしにくさが懸念ですが、誰でも気軽に正しいビジネスメールを理解できることが特徴になっています。

就職活動でアピールはしにくいですが、正しいビジネスメールを学べる民間資格です。社会で通用するスキルを習得できますよ!

ビジネスメール実務検定の特徴

  • 毎月試験を実施している民間資格
  • 難易度が低くて合格を目指しやすい
  • 試験会場が限られているため注意

ビジネスメール実務検定の勉強内容・身につくスキル・活かせる仕事

ビジネスメール実務検定の勉強内容や身につくスキル・活用できる仕事を紹介します。受講後のギャップを防ぐために、具体的な身につくスキルや勉強方法を確認してみましょう。

ビジネスメール実務検定の勉強内容

ビジネスメール実務検定の勉強する内容

  • 3級:ビジネスメールの基本的なルールだけでなく、シチュエーションごとの書き方・送り方、他のコミュニケーション手段との使い分け、効率化、などの基礎知識
  • 2級:ビジネスメールコミュニケーションの基礎知識を有しているだけでなく、実際にメールを活用できる

ビジネスメール実務検定は3級と2級で証明するスキルが異なりますが、実践力まで身につけたい場合は2級を目指した方が良いでしょう。3級は基礎知識を身につけることが中心になるので、簡単すぎると感じる可能性があります。

3級だと知っている知識が大半を占めるので、まずは公式サイト勉強イメージや詳細を確認した方が良いですよ!

ビジネスメール実務検定で身につくスキル

難易度スキル
3級ビジネスメールの基本的なルールだけでなく、シチュエーションごとの書き方・送り方、他のコミュニケーション手段との使い分け、効率化、などの基礎知識。社会人経験が少ない場合に役立つスキルが身につく。
2級ビジネスメールコミュニケーションの基礎知識を有しているだけでなく、実際にメールを活用できるかを検定。社会人やすぐにスキルを活用したい場合におすすめのスキル。

3級は座学に近い内容なので、スキルを活かしたい場合は2級を目指した方が良いです。受験後にギャップを感じないように注意しましょう!

ビジネスメール実務検定を活用できる場所・仕事例

ビジネスメール実務検定を活用できる仕事例

  • 一般事務:平均年収494.3万円
  • 営業事務:平均年収464.4万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

ビジネスメール実務検定のスキルを活用できる仕事は、営業や事務職など幅が広いです。特に社会人経験が少ない場合は、正しいコミュニケーションをとれるキッカケになるのでおすすめの資格となっています。

ビジネスメール実務検定のメリット・デメリット

ビジネスメール実務検定のメリット・デメリットを紹介します。試験の合格だけで満足することなく、具体的な活用イメージも考えてみましょう。

ビジネスメール実務検定のデメリット

ビジネスメール実務検定のデメリット

  • 民間資格で必ず就職はできない
  • 独学でも十分分かる内容が大半を占める
  • スキルアップが目的と割り切る必要性

ビジネスメール実務検定は独学でもスキルを習得できますが、必ず就職できるわけではないので、スキルアップ後の目的やイメージを考える必要があります。勉強するだけでなく、合格後のイメージを明確にしてから資格を目指した方がギャップが少ないでしょう。

ビジネスメール実務検定のメリット

ビジネスメール実務検定のメリット

  • 社会で通用するメールスキルを学べる
  • 正しいメール文書作成で評価が上がる
  • 難易度が低くて合格を目指しやすい

ビジネスメール実務検定は、民間資格の中でも難易度が低くて気軽に目指せるメリットが特徴です。さらにメールを活用する職場では毎日のように活用できるので、無駄になりにくい特徴がポイントになっています。

民間資格は取得して満足するケースが多いですが、メールを活用する環境であれば即実践できるメリットがあります。社内外問わず、適切なコミュニケーションスキルを習得できますよ!

ビジネスメール実務検定の勉強・受験方法

ビジネスメール実務検定は、協会が実施している講座を受講しながら試験対策をします。試験は毎月開催していますが、ビジネスメールに自信がない場合はルールを確認して丁寧な勉強をした方がトラブルになりにくいでしょう。

STEP
一般社団法人日本ビジネスメール協会が主催するカリキュラムを受講

まずは、一般社団法人ビジネスメール協会が主催する試験対策のカリキュラムを受講します。3級と2級でコースが異なるため、受講前に確認しましょう。

STEP
毎月開催している試験にチャレンジ

ビジネスメール実務検定は、毎月開催している民間資格です。基本は東京都の会場ですが、オンライン(Web上)での試験になる場合もあるので受験前に確認し、試験本番に備えましょう。

ビジネスメール実務検定は、社内のコミュニケーションや取引先とのやり取りで活かせるおすすめのスキルです。似ている資格が多くて、どれがいいか迷っている場合は、秘書技能検定と比較すると判断しやすいと評判ですよ!

↓↓↓

秘書技能検定対応の通信講座

  • 米国上級秘書資格の通信講座はない
  • 英語力が心配なら秘書技能検定を推奨
  • はじめて勉強するなら通信講座がおすすめ
  • ユーキャンなら基礎から効率よく対策

※しつこい勧誘は一切ありません。

口コミや体験談を知りたい場合はこちらから!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

ビジネスメール実務検定とは?難易度や勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる