ピアノ調律技能検定の口コミは?合格率や独学との比較・難易度まで徹底解説【2022年対策】

ピアノ調律技能検定の口コミは?合格率や独学との比較・難易度まで徹底解説【2022年対策】
  • URLをコピーしました!

ピアノ調律技能検定の口コミってどうなの?合格率や独学で勉強する方法まで詳しく知りたいな。

プロの調律技能を習得し、就職活動や将来的にも活用しやすいピアノ調律技能検定。音楽やピアノに関する仕事に興味がある場合は、取得を目指したくなりますよね。

とはいえ、具体的な勉強方法や試験時期・難易度がイマイチ分からない…。そこで本記事では、ピアノ調律技能検定の特徴・口コミを徹底解説しています。

この記事で分かること
  • ピアノ調律技能検定の難易度
  • ピアノ調律技能検定の合格率
  • 受験した体験談や口コミ・評判
  • ピアノ調律技能検定の勉強方法
受験前に詳しくチェック!

せっかく勉強をしてきたけどイメージとのギャップを感じた…とならないために、体験談や口コミをもとにピアノ調律技能検定の知識を深めていきましょう。

資格取得
¥700 (2022/03/07 13:39時点 | Amazon調べ)
タップで移動できます

ピアノ調律技能検定資格の特徴【30秒でサクッと確認】

ピアノ調律技能検定資格の特徴【30秒でサクッと確認】
資格名ピアノ調律技能検定
実施一般社団法人 日本ピアノ調律師協会
ジャンル国家資格
通信講座なし
試験日程
(予定)
■1級・2級
7月上旬(年1回)
■3級
11月上旬(年1回)
申込日程
(予定)
■基本
4月〜5月予定
■2級実技のみ
6月〜7月予定
■3級学科・実技試験
8月〜9月予定
■3級実技のみ
10月〜11月予定
合格発表不明
試験方法学科試験(択一式)、実技試験
試験会場1級:静岡
2・3級:宮城、東京、静岡、愛知、大阪、福岡
受験料
(税込)
学科(共通):8,500円
1級(実技):29,500円
2級(実技):26,500円
3級(実技):23,500円
勉強方法テキスト
独学

ピアノ調律技能検定は、1級〜3級に分類している国家資格。1・2級と3級は試験時期が異なるので、受験前にスケジュールや学習環境を整える必要があるでしょう。

3級も含めて実技経験が必須な国家資格ですが、条件のハードルは低いです。ピアノに関連する専門資格を目指したい場合におすすめですよ!

ピアノ調律技能検定の特徴

  • 1級〜3級に分かれている国家資格の1つ
  • 実務経験が必須条件になる資格
  • 各級・難易度別に年1回ずつしか実施なし
資格取得
¥700 (2022/03/07 13:39時点 | Amazon調べ)

ピアノ調律技能検定のポイント・概要・メリット

ピアノ調律技能検定資格のポイントやメリット・デメリット、活用できる仕事例を詳しく紹介していきます。ピアノ調律技能検定のイメージと取得後のメリットを考えてみましょう。

ピアノ調律技能検定のポイント・概要

ピアノ調律技能検定は国家資格の1種類として、一般社団法人日本ピアノ調律師協会実施のもと試験が開催されています。1級と2級・3級で合格証名が異なります。

ピアノ調律技能検定のポイント

  • 1級:厚生労働大臣より合格証が発行
  • 2級・3級:協会会長より合格証が発行

例えば、ピアノを取り扱う音楽関係の仕事に興味がある場合は履歴書に記入してアピールしやすいです。保育士のような資格取得後に直結している仕事はありませんが、活用方法は無数にあります。

音楽業界の就職活動でアピールしやすい国家資格です。履歴書の記入ができるので、あなたの強みの1つになりますよ!

ピアノ調律技能検定を受講するメリット・デメリット

受講するメリット

  • ピアノに関する専門スキルが身につく
  • 調律の知識と実施能力が習得できる
  • 就職活動でアピールしやすい国家資格
  • 1級〜3級まで難易度が明確に分かれる

受講するデメリット

  • ピアノ調律に特化した専門的なスキル
  • 活用できる就職先が限定的になる

ピアノ調律技能検定は国家資格の1種類になるので、就職活動でアピールしやすいメリットがあります。とはいえ、音楽関係の中でもピアノ調律の技能や知識が求められる環境でないと活用できないので注意しましょう。

音楽に関する商品販売やピアノの先生・教員など幅広く活用できるメリットがありますね。勉強しながら、合格後のイメージを考えた方が活用しやすいですね!

ピアノ調律技能検定を活用できる場所・仕事例

ピアノ調律技能検定を活用できる仕事例

  • ピアノ調律師:平均年収496.8万円
  • 音楽教室講師:平均年収376.8万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

ピアノ調律技能検定を活かせる仕事は、ピアノ調律師や音楽教室講師など幅広くなっています。特にピアノ調律師は、全国で24万人以上が就業している上に平均年収も高い部類に含まれます。

専門職になるので、あなただけができるスキルを活用できます。属人的になりやすいので、年収も高い求人も少なくないですよ!

ピアノ調律技能検定の口コミ・評判

ピアノ調律技能検定を受験した口コミや評判を詳しく紹介します。受験のヒントになる口コミをピックアップしたので、悩んでいる場合は参考にしましょう。

ピアノ調律技能検定を取得した悪い口コミ・評判

はじめての場合は徹底した試験対策が必要

ピアノ調律技能検定は、難易度が低い3級でも充実した試験対策をしないと一発合格が難しいと口コミで評判です。勉強が苦手でも、スキマ時間にコツコツ勉強を継続できれば合格できるでしょう。

1年に1回のチャンスに対策をしよう

  • 3級でも充実した試験対策が必須
  • 勉強をしないと不合格になるリスク
  • スキマ時間にコツコツ勉強が大切

仕事や家事をしながらの場合は、勉強時間の確保がポイントですね。無理のないペースで取り組むために、1日30分程度の勉強は必要です。

はじめての場合は徹底した試験対策が必要

ピアノ調律技能検定は、直感的なスキルや知識だけでは合格が難しいと口コミで評判です。絶対音感などのスキルを持っていると感覚的に理解できますが、試験対策は1つ1つ丁寧に実施する必要があるでしょう。

ていねいな試験対策がおすすめ!

  • 感覚的な勉強では不合格になる
  • 参考書をもとにていねいな勉強が良い
  • 合格よりも活かせるスキルが重要

合格しても、スキルアップできていなければ意味がないですよね。試験対策は将来につながるので、ていねいに勉強した方が良さそう!

ピアノ調律技能検定を取得した良い口コミ・評判

モチベーション高く勉強ができる

1級〜3級まで3段階に難易度やスキルが分類されているピアノ調律技能検定。難易度があり専門性が高い分、モチベーションを高めながら試験対策ができると口コミで評判になっています。

専門職の勉強は好きではないと継続が難しいです。国家資格であるものの、スキルアップを目的に勉強するとモチベーションが維持しやすいですよ!

仕事の幅が広くて活かしやすい

ピアノ調律技能検定は、調律師としてコンサートやピアノサークルなど幅広い職場で活躍できると口コミで評判です。活躍の場が広いので、資格を目指すメリットが大きいでしょう。

音楽関係の就職活動で活かせる

  • 調律師として活躍するケースが多い
  • 個人の活動・独立も視野に入る
  • 音楽関連の就職活動で活かしやすい

音楽の先生としてもスキルを活かしやすいですね。子育てをしながら個人活動もできるので、資格を取得後のイメージができる特徴は嬉しいです!

資格取得
¥700 (2022/03/07 13:39時点 | Amazon調べ)

ピアノ調律技能検定の難易度・合格率

ピアノ調律技能検定の難易度・合格率

  • 合格率:不明
  • 合格者数:不明

ピアノ調律技能検定の合格率や合格者数の公表はされていません。試験は学科と実技の2種類に分かれていて専門性の高さから、難易度はやや高めになっていると予想できるでしょう。

ピアノ調律技能検定資格の勉強・受験方法

ピアノ調律技能検定資格の勉強・受験方法

  1. 参考書・練習問題で基礎学習
  2. 過去問で頻出の傾向をチェック
  3. 試験日程を確認して本番に挑戦!

ピアノ調律技能検定は、参考書と過去問を中心に勉強して合格を目指します。1級〜3級を分けた過去問は、一般社団法人 日本ピアノ調律師協会の公式サイトで公表しています。

参考書をお得な割引価格で購入する場合は、Amazonや楽天市場になるので比較してから対策をしましょう。

資格取得
¥700 (2022/03/07 13:39時点 | Amazon調べ)

ピアノ調律技能検定に似ているスキル・一緒に考えたい資格を厳選紹介

ユーキャン大人のピアノ講座

※本記事内の料金は全て税込価格です。

ピアノ調律技能検定の口コミは?合格率や独学との比較・難易度まで徹底解説【2022年対策】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる