働き方マスター試験とは?口コミや難易度・勉強方法・合格率まで詳しく紹介!


当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しており、掲載順はランキングとは異なります。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、公平な立場で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。
働き方マスター試験とは?口コミや難易度・勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

働き方マスター試験ってどんな資格なの?口コミや合格率・難易度を知ってから資格を目指したいな。

働き方マスター試験は、新しい労働のあり方や働き方改革を理解できる民間資格です。ストレスなく働ける職場環境づくりのために、スキマ時間を活用して合格したいですよね。

とはいえ、勉強方法がイマイチよく分からなくて不安…。そこで本記事では、働き方マスター試験の口コミや勉強方法・難易度・合格率を詳しく紹介しています。

この記事で分かることをチェック!

  • 働き方マスター試験ってどんな資格?
  • 働き方マスター試験の難易度や合格率は?
  • メリットや仕事の活用方法を知りたい

資格を目指す前に、取得後のイメージや勉強方法を詳しく確認してみましょう!

タップで移動できます

働き方マスター試験の特徴【30秒でサクッと確認】

資格名働き方マスター
実施一般財団法人 全日本情報学習振興協会
ジャンル民間資格
通信講座あり
試験日程
(予定)
5月・8月・11月・2月(年4回)
申込日程
(予定)
不明
合格発表不明
試験方法マークシート
試験会場全国の都道府県
受験料
(税込)
8,000円
勉強方法独学

働き方マスター試験は年4回の試験で合格を目指せる民間資格の1つです。経済や働き方の現状だけでなく、将来的な目標や方向性まで職場で再現性の高いスキルを習得できるでしょう。

気軽に合格を目指せるので、幅広い層に評判となっています。マネジメント職や部下の教育を任されている場合はおすすめな民間資格となります。

働き方マスター試験の特徴

  • 年4回のチャンスで合格を目指せる
  • 難易度が低くて合格を目指しやすい
  • マネジメント職におすすめの資格

働き方マスター試験の勉強内容・身につくスキル・活かせる仕事

働き方マスター試験の勉強内容や身につくスキル・活用できる仕事を紹介します。受講後のギャップを防ぐために、具体的な身につくスキルや勉強方法を確認してみましょう。

働き方マスター試験の勉強内容

働き方マスター試験の出題範囲

  1. 我が国の経済社会の現状
  2. 働き方の現状と現行の法律及び関連法律の改正展望
  3. 個別的労働関係法
  4. 労働関係の展開

全部で4つの範囲が出題されますが、「働き方改革」に関する現状と関連法律を学ぶ中級クラスの試験になっています。例えば、労働基準法、労働契約法などの重要な基礎論点などは「働き方マネージャー試験」になるので注意しましょう。

働き方マスター試験を活用できる場所・仕事例

働き方マスター試験を活用できる仕事例

  • 営業課長:平均年収840.5万円
  • 人事事務:平均年収464.5万円

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

働き方マスター試験は、マネジメント職や人事系の職種でスキルを活用できます。例えば、残業が多い企業の働き方の見直しやストレス社会の改善を目標にしている場合はおすすめの民間資格です。

働き方マスター試験の口コミ・評判

働き方マスター試験を受験・合格をした口コミや評判を紹介します。受験が決まっていなくてモヤモヤしている場合は参考にしてみましょう。

働き方マスター試験を取得した悪い口コミ・評判

働き方マスター試験を取得した良い口コミ・評判

働き方マスター試験のメリット・デメリット

働き方マスター試験のメリット・デメリットを紹介します。試験の合格だけで満足することなく、具体的な活用イメージも考えてみましょう。

働き方マスター試験のデメリット

働き方マスター試験のデメリット

  • 民間資格で必ず就職はできない
  • 独学での勉強しか対策できない
  • 受講生が少なく知名度が低い資格

働き方マスター試験は、民間資格の1種類になるので必ず就職できるわけではありません。受講生が少ない上に知名度も高くはないので、スキルアップや働きやすい職場づくりの一環として受験した方が良いでしょう。

働き方マスター試験のメリット

働き方マスター試験のメリット

  • 働き方改革の目的や基礎を理解できる
  • ストレスの少ない職場を構築できる
  • 管理職としてマネジメントスキルを習得

働き方改革の基礎やリモートワークの取り入れ・ワークライフバランスの見直しなど、働き方全般を改善できるスキルを習得できます。ストレス社会を減らして、働きやすい環境づくりをしていけるでしょう。

働き方マスター試験の勉強・受験方法

マイナビ出版
¥2,200 (2022/07/05 23:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

働き方マスター試験は独学(参考書)で合格を目指せる民間資格です。スキマ時間を活用して、年4回の試験に向けてコツコツ対策を進めましょう!

口コミや体験談を知りたい場合はこちらから!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

働き方マスター試験とは?口コミや難易度・勉強方法・合格率まで詳しく紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます