保育士資格は主婦が独学で目指せる?勉強時間・実技対策・デメリットまで徹底解説!

監修:
保育士資格は主婦が独学で目指せる?勉強時間・実技対策・デメリットまで徹底解説!
  • URLをコピーしました!

保育士資格は主婦でも独学で目指せるのかな?実技の対策やデメリットを知ってから勉強方法を決めたい。

1年に2回実施される保育士試験は、例年40,000人以上が合格を目指す人気の国家資格。受験資格がなく、主婦が職場復帰のために合格を目指すケースも少なくありません

一方で、少しでも出費を抑えて試験対策をしたくても以下のような悩みを抱えていませんか?

こんな悩みを考えていたらおすすめの記事

  • 主婦が独学で保育士試験を目指せるの?
  • 独学だと実技試験対策はどうすればいいの?
  • 勉強時間や勉強できる環境はどうやって作るの?
  • 子育てや家事との両立ができるか不安…。

この記事では、保育士資格を主婦が独学で目指す前に知っておきたい注意ポイントを詳しく紹介しています。事前に対策を考えると挫折を防げますよ!

↓↓↓

独学よりもおすすめの勉強方法

  • 独学よりも効率良く対策ができる
  • 無制限の質問でモヤモヤを解消できる
  • 万が一不合格でも全額返金される
  • 最長3年間延長で子育てと両立しやすい
  • 独学にはない実技試験は映像講義でOK
この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
タップで移動できます

保育士資格は主婦が独学で目指せるが注意が必要

最初に結論を紹介すると、保育士資格は主婦が独学でも目指せます

理由は、保育士試験を受験する条件のハードルが低いので、気軽に目指せる国家資格の1つに当てはまるためです。例えば、大学や専門学校を卒業すれば学部学科関係なく保育士を目指せます。

主婦が独学で保育士を目指せる理由

  • 保育士試験の受験条件のハードルが低い
  • 独学で合格した実績が多い国家資格
  • 例年2回ずつ合格できるチャンスがある

とはいえ、主婦が独学で試験対策をすると子育てとのバランスや実技の準備など、注意ポイントが複数あります。できる限り安くするだけでなく、勉強前に挫折するリスクを減らしましょう。

独学はコスパ良く保育士を目指せますが、複数のデメリットがあります。ストレスなく対策ができる環境を考えてみましょう!

保育士資格を主婦が独学で目指す注意ポイント・デメリット5選

保育士資格を主婦が独学で目指すデメリットは5つです。

保育士の試験対策をする前に、あなたのライフスタイルと比較してみましょう!

主婦が独学で目指す注意ポイント①:勉強時間の確保が難しい

1つ目の注意ポイントは、勉強時間の確保が難しいこと

例えば、子育てをしながら保育士試験の勉強をする場合は、1日の中で1・2時間程度しか自由な時間を確保できないですよね。自由な時間の大半を試験勉強にすると、ストレスが溜まって挫折するリスクがあるでしょう。

ゆっくりする時間がないのは厳しいですよね。できる限り、効率良く試験勉強がしたいです。

主婦が独学で目指す注意ポイント②:子育ての先入観で混乱しやすい

2つ目の注意ポイントは、子育てによる先入観でギャップを感じること

子育てをしていると、我が家ルールを決めている家庭は少なくありません。保育士の勉強をする上で、適切なコミュニケーションや距離感を保つための知識とギャップを感じるリスクがあります。

保育士の仕事は複数の児童を対象とした仕事です。平等に接する必要があるので、先入観による知識に違和感を感じるでしょう。

主婦が独学で目指す注意ポイント③:正しい知識が身につくか判断しにくい

3つ目の注意ポイントは、正しい知識が身につくか判断しにくいため

独学で勉強すると、通信講座やスクールのように間違いの軌道修正ができるわけではありません。ゼロスタートで保育士を目指すなら、独学だと合格まで遠回りになるリスクが高いので注意しましょう。

主婦が独学で目指す注意ポイント④:途中で挫折して試験が先延ばしになる

4つ目の注意ポイントは、途中で挫折してダラダラ先延ばしになるため

繰り返しになりますが、保育士は例年2回のペースで試験が実施されます。「次の機会で…」とダラダラ勉強してしまうと、将来的なプランや就職活動で苦労する可能性があるでしょう。

収入面が安定しないとモヤモヤしますよね。サクッと合格して、保育士として活躍したいです。

主婦が独学で目指す注意ポイント⑤:実技試験対策に限界を感じる

5つ目の注意ポイントは、実技試験対策の限界があるため

例えば、スクールや通信講座の場合は映像講義・スクーリングで実技試験対策まで対応できますが、独学だとあなた自身で準備を進める必要があります。ピアノ等の実技もありますが、過去の頻出傾向を理解したい場合はおすすめできません。

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘はありません。

保育士資格を主婦が独学で目指すメリット・おすすめポイント

保育士資格を主婦が独学で目指すメリットは3つです。

メリットを確認し、あなたのイメージと比較してみましょう!

主婦が独学で目指すメリット①:スクールや通信講座より安い

1つ目のメリットは、スクールや通信講座よりも総費用が安く済むこと

保育士を目指せる通信講座は最安値でも31,900円(キャリカレ)ですが、独学だと2,000円〜4,000円程度と1/8程度で試験対策ができます。支払う負担を減らして、無理のない予算感で合格を目指せるメリットがあります。

主婦は家計のやりくりだけでも大変ですよね。独学ならコスパ良く合格を目指せますよ!

主婦が独学で目指すメリット②:好きな教材で自由に試験勉強ができる

2つ目のメリットは、好きな教材でマイペースに保育士を目指せること

通信講座やスクールは、勉強に活用する教材やテキストが決まっていますが、独学だとサクサク理解しやすい教材を活用できます。勉強のこだわりがあれば独学の方が良いでしょう。

主婦は勉強する時間が限られていますよね。ストレスなく勉強に集中するために、理解しやすい教材を活用しましょう!

主婦が独学で目指すメリット③:スキマ時間を有効活用しやすい

3つ目のメリットは、スキマ時間を有効活用しやすいこと

例えば、移動時間が多い場合や子どもの迎えをする時間を活用する場合はイラストや漫画中心の教材がパッと理解できるでしょう。状況に合わせた勉強スタイルが独学はしやすいメリットがあります。

子どもの状況によって活用できる時間帯や場所が異なるので、生活リズムに合った勉強が良いです。ストレスフリーで合格を目指しましょう!

保育士資格を主婦が独学で目指した体験談・口コミ

保育士資格を主婦が独学で合格した体験談や口コミの一部を紹介します。ちょっとしたスキマ時間だけでも効率良く試験対策をしている主婦の体験談が多く紹介されています。

保育士パートの主婦が独学で合格!

保育士のパートとして働きながら試験対策をする主婦の口コミが出ています。例えば、正規雇用でなくても現場での経験があれば独学でも合格を目指せるでしょう。

仕事や子育て・家事をしながらでも試験対策できる

主婦が独学で保育士試験の勉強をする大半は、家事や子育てをしながら合格を目指します。ちょっとしたスキマ時間の積み重ねが最短期間で合格を目指せる秘訣になっています。

独学が苦手で放置した口コミも…

独学での勉強は、あなた自身でスケジュール調整や取り組みをする必要があります。毎日バタバタしている主婦は、限られた時間の中で勉強するので挫折するリスクがあることを覚えておきましょう。

無料の資料でおすすめ保育士講座をチェック!

保育士資格を主婦が目指すなら通信講座がおすすめ

主婦が独学で保育士資格を取得した体験談や口コミは多数出ていますが、毎日決まった時間帯の勉強ができない場合は通信講座がおすすめです。独学よりは受講料がかかるデメリットがありますが、勉強前に比較すると良いでしょう。

勉強する選択肢を広げた方が負担の少ない試験対策ができます。判断する前に通信講座と独学を比較してみましょう!

主婦におすすめの理由①:勉強時間を減らした対策ができる

通信講座を主婦におすすめする1つ目の理由は、勉強時間を減らして最短ルートで合格を目指せることです。

家事や子どもの面倒を見たり、旦那の食事など、ただでさえ時間が限られている主婦にとって遠回りの勉強はストレスが溜まります。平均100時間程度の必要な対策をできるだけコンパクトにした方が負担を減らせるでしょう

最短ルートで合格を目指そう

  • 主婦は毎日の勉強時間が限られている
  • 保育士試験の対策を最短ルートで進める
  • 通信講座なら合格まで一直線で対策可能

間違えた知識が積み重なると、軌道修正するだけで時間がかかってしまいます。通信講座なら過去の頻出傾向から、最短ルートで合格を目指せますよ!

主婦におすすめの理由②:スクールよりもコスパが良い

通信講座を主婦におすすめする2つ目の理由は、スクールや専門学校よりも受講料が安いことです。

通信講座は独学よりも高いもののスクールや専門学校より安い傾向があります。例えば、できる限りコスパ良く保育士の合格を目指したいけど、独学では自信がない場合におすすめとなっています。

大半は「独学 < 通信講座 < スクール」の順番で費用が高くなります。予算内で無理なく対策できる環境を目指しましょう!

主婦におすすめの理由③:子育てや家事と両立しやすい

通信講座を主婦におすすめする3つ目の理由は、子育てや家事と両立しやすいことです。

独学だと重要ポイントや傾向をあなた自身が発見する必要がありますが、独学だと例年最新の情報を取り入れた教材をリニューアルしています。さらに質問や実技対策も含まれるケースもおすすめできるポイントです。

子育てや家事をしながらでも対策OK

  • スキマ時間にサクサク勉強しやすい
  • 質問や添削課題のサポートが充実
  • 実技試験対策が含まれるケースが多数

通信講座なら独学にはない質問・課題添削サポートがつくことが多いです。実技試験対策も含まれるので、筆記だけでなくピアノなどの対策もしやすいですよ!

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘はありません。

保育士資格を主婦が目指すならキャリカレで効率良く!

結論を紹介すると、主婦が独学で保育士を目指せますが、通信講座の方が効率よく試験対策ができます。

特に勉強が苦手な場合や限られたスキマ時間だけで合格を目指す場合は、最短ルートで負担を減らした対策ができる通信講座がおすすめです。あなたのライフスタイルに最適な勉強方法を見つけましょう。

主婦が保育士を目指すなら通信講座!

  • スキマ時間にコツコツ試験対策ができる
  • 質問や課題の添削で軌道修正しやすい
  • スクールよりも受講料が安くい傾向がある
  • 実技試験対策が含まれる通信講座が多い

主婦が保育士試験対策をするなら、効率の良さがポイントです。挫折せずに最短期間で合格できるために、まずはおすすめの通信講座の資料を取り寄せるとイメージしやすいですよ!

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘はありません。

キャリカレ

※本記事内の料金は全て税込価格です。
※参考:全国保育士養成協議会厚生労働省「保育士関係」厚生労働省「保育士の現状と主な取組」

保育士資格は主婦が独学で目指せる?勉強時間・実技対策・デメリットまで徹底解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる