保育士試験でピアノがボロボロで弾けない…。体験談や評判・課題曲から解決のヒントを紹介!

監修:
保育士試験でピアノがボロボロで弾けない…。体験談や評判・課題曲から解決のヒントを紹介!
  • URLをコピーしました!

保育士試験でピアノが弾けなかったらどうしよう…。ボロボロだった体験談を聞いたことがあるし、対策はどうすれば良いのかな?

筆記と実技の2部試験で合否が判断される保育士資格。実技試験の合格率は80%前後と1回で合格しやすい割合が出ていますが、ピアノを弾いた経験がないと不安に感じますよね。

体験談の中では、ピアノがボロボロで全く弾けなかった話を聞いたことがある…。そこで本記事では、保育士試験でピアノがボロボロだった体験談と事前に対策しておきたい5つの方法を詳しく紹介しています。

この記事で分かる内容を紹介!

  • ピアノがボロボロだった体験談
  • ピアノが弾けなかったときの失敗話
  • 実技試験対策のおすすめ方法5選

せっかく筆記試験で合格しても、ピアノなどの実技試験で不合格になると意味がありません。最適な勉強方法で一発合格を目指しましょう!

↓↓↓

保育士試験対策ならキャリカレ!

  • 頻出ポイントが明確でパッと見で分かる
  • 仕事で忙しくてもサクサク保育士対策
  • 無制限の質問で1つ1つ確認しながらでOK
  • 最長3年間は無料で延長できるサポート
  • 就職活動の相談がしやすいフォロー体制
この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
タップで移動できます

保育士試験でピアノがボロボロで弾けなかった!万全の準備をしないと厳しい結果に…

最初に結論を紹介すると、保育士資格は筆記と実技試験の2種類で合否を判断するので、実技試験対策が万全でないと不合格になる可能性が非常に高いです。体験談の中でも実技試験が想定外だった口コミも出ています。

実技試験では、ピアノを含む音楽と造形・言語の中から2つ選択して試験をしますが、ピアノを専攻する割合が高いと予想できます。とはいえ、1回もピアノを弾いたことがないとボロボロになるリスクが高いでしょう。

保育士試験で合格する割合や傾向

  • 筆記試験の合格率:20%前後
  • 実技試験の合格率:80%前後

※参照:厚生労働省「保育士試験」

よくある失敗談は「準備不足で全く弾けなかった」「本番で緊張して練習通りに弾けなかった」など、筆記試験対策に重きを置いたことによるギャップです。最後まで気を抜かずに合格するため、万全の状態で実技試験に臨んだ方が良いでしょう。

保育士資格を目指すなら、筆記と実技はセットで対策を進めましょう。不合格になってから対策をしても意味がないですよ!

おすすめの実技試験対策方法5選までジャンプする

保育士試験でピアノがボロボロで弾けなかった体験談を紹介

保育士試験でピアノが弾けなくてボロボロだった体験談を紹介します。先輩の失敗談を参考にして、最短ルートで一発合格できるように試験対策をしていきましょう。

緊張してピアノが上手く弾けなかった

一番多いピアノがボロボロだった体験談は、緊張して本番で練習通りの演奏ができなかったこと

実技試験は筆記と異なり、試験官の前で実際にピアノの演奏や歌・造形などを実践して評価してもらいます。人前で話すことやあがり症な場合は、実技試験が苦手に感じる可能性が高いでしょう。

保育士として実際に働くイメージができないと、ピアノの試験も上手く弾けなそうですね。緊張しますが、自信を持って演奏する準備が必要です。

万全な準備をしておけば良かったと後悔

2番目に多いピアノが弾けなくてボロボロだった体験談は、試験までに準備が間に合わないケース

筆記試験の方が合格率が低いので対策時間の重きを置いてしまうと、実技試験対策がおろそかになるリスクがあります。筆記試験対策だけでなく、あらかじめ実技対策のスケジュールを可視化した方が良いでしょう。

試験会場が寒くて、上手く弾けなかった

保育士試験は、例年春と冬の2回実施されます。特に冬場の実技試験の場合は、手がかじかんでピアノが弾けなくてボロボロだった体験談が少なくありません。

ホッカイロなどの対策を考えた方が良いですね。せっかく対策をしても気温で合否を左右されないようにしましょう!

グランドピアノの対策をした方が良い

保育士のピアノによる実技試験は、グランドピアノで実施するケースが多いです。

キーボードや電子ピアノで対策をしたいる場合は、試験本番と同じ環境やグランドピアノでの対策をした方がギャップが少ないと評判になっています。レンタルスペースなどを活用して、本番さながらの対策をしましょう。

落ちたと思ったけど、見事に合格していた!

保育士実技試験の本番でボロボロでも、合格していた体験談も出ています。音楽(ピアノなど)がボロボロでも、他の試験で評価が上回れば合格できる可能性が高いので諦めずに最後まで取り組んだ方が良いでしょう。

諦めたら不合格になる可能性がグッと高くなります。最後まで自分を信じて、コツコツ努力してきた対策をアピールすることが大切ですよ!

場合によっては、弾き直しで合格できた体験談も!

保育士実技試験のピアノが弾けずにボロボロだと感じても、弾き直しで合格できた体験談が出ています。

決して諦めずに、ピアノの演奏を継続して最後までやり抜けば良い結果につながる可能性が高いです。試験対策をコツコツ継続し、目の前に子どもがいると思って演奏をすると試験官に伝わる場合もあるでしょう。

ピアノは一度間違えると混乱する可能性があります。ボロボロだと感じる前に、気持ちを切り替えた演奏が合格への最短ルートですよ!

筆記・実技のW対策をしているおすすめ通信講座!

保育士試験でピアノがボロボロになる前に対策すべき5つのこと

保育士試験でピアノがボロボロに弾けなかったと後悔する前に対策したい方法は5つです。筆記試験の対策中でも実践できる内容なので、少しでも合格率を上げるために万全の準備を進めましょう。

対策①:最新の課題曲を早めにチェック

1つ目の対策は、最新の課題曲を早めにチェックすること

最新のピアノの課題曲は、全国保育士養成協議会で公開されるので筆記試験の対策中にもチェックしておくとスタートダッシュを切りやすいです。実技は保育士として勤務後も活用できるので、早く準備をしても損はないでしょう。

令和3年実技試験の課題曲

1. あひるの行列 (作詞 :小林純一 作曲:中田喜直)

2. 揺籃のうた (作詞:北原白秋 作曲:草川信)

全国保育士養成協議会

課題曲は例年変更されるので、最新の情報をチェックしましょう。コツコツ練習をすれば、数ヶ月で弾けるようになりますよ!

対策②:ピアノを弾く環境を探してみる

2つ目の対策は、ピアノを弾く環境を探すこと

実技試験ではグランドピアノを活用するケースが多いので、キーボードや電子ピアノで対策をしている場合はレンタルスペースなどで本番と同じ環境で対策をしましょう。1時間2,000円などでレンタルしている施設は少なくありません。

住んでいるエリアでグランドピアノをレンタルできる施設を探すと見つかります。本番前に1回は試しておきたい対策ですよ!

対策③:人前でピアノを弾く練習を増やす

3つ目の対策は、人前でピアノを弾く練習をして慣れること

練習ではしっかり弾けても本番ではボロボロだった…と、思うような力を発揮できない体験談は少なくありません。実技試験の本番前に、ピアノの演奏をチェックしてもらうと緊張感を減らして臨めるでしょう。

一人でピアノの練習をするのと、誰かに見られていると緊張感が異なりますよね。本番で実力を発揮するために、練習でも確認してもらうようにしましょう!

対策④:別の実技試験に切り替える【音楽・造形・言語】

4つ目の対策は、ピアノの演奏にこだわらないこと

保育士実技試験では、音楽・造形・言語の3種類から2つを選択して合格を目指すので、無理にピアノを選択する必要がありません。ピアノを選択するケースが多いですが、試し弾きをしてイマイチなら別の項目で受験しましょう。

対策⑤:ピアノを含む実技試験の対策カリキュラムを検討する

5つ目の対策は、実技試験がセットの対策カリキュラムを選ぶこと

保育士試験は独学でも対策ができますが、ゼロスタートで一発合格を目指す場合は通信講座がおすすめです。特に主婦の場合は限られた時間で対策をする必要があるので、通信講座を活用して最短合格を目指した方が良いでしょう。

通信講座なら筆記と実技がセットで対策できるため、遠回りをするリスクが減ります。受講料がかかるリスクがありますが、無料の資料を取り寄せてイメージを確かめてみましょう!

↓↓↓

※資料請求でしつこい勧誘はありません。

保育士試験でピアノがボロボロに弾けなくなる前に、試験対策を見直そう!

結論を紹介すると、保育士試験のピアノが弾けなくてボロボロになる前に対策したいポイントは5つです。

ピアノがボロボロになる前の対策方法

  1. 最新の課題曲を早めにチェック
  2. ピアノを弾く環境を探してみる
  3. 人前でピアノを弾く練習を増やす
  4. 別の実技試験に切り替える
  5. 実技の対策カリキュラムを検討

体験談の多くは、準備不足や本番での緊張感によるプレッシャーで弾けなくなったと評判になっています。保育士試験は年2回しかチャンスがなく、最短ルートで合格を目指すことが大切です。

保育士試験で一発合格を目指したいけど、ピアノが弾けるか不安…とモヤモヤしていたら、筆記と実技のセット対策ができる通信講座で万全の対策を進めていきませんか?

資格のキャリカレ
通信講座
スクール
キャリカレユーキャンフォーサイトたのまな三幸保育カレッジ四谷学院
受講料
(税込)
31,900円59,000円36,800円42,000円〜46,200円79,800円
分割払い
期間6ヶ月12ヶ月6ヶ月6ヶ月コースで異なる8ヶ月
初心者向け
サポート最長3年間延長
無制限の質問
不合格なら全額返金
最長翌年の試験まで延長
1日3問までの質問
質問サポート無制限の質問
専門家のサポート
担当制サポート無制限の質問
担当制サポート
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料・キャンペーンは公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

※本記事内の料金は全て税込価格です。
※参考:全国保育士養成協議会厚生労働省「保育士関係」厚生労働省「保育士の現状と主な取組」

保育士試験でピアノがボロボロで弾けない…。体験談や評判・課題曲から解決のヒントを紹介!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる