発達障害コミュニケーションサポーター資格の評判・口コミは?履歴書の書き方・独学との比較を合格者が徹底解説

監修:
発達障害コミュニケーションサポーター資格の評判・口コミは?履歴書の書き方・独学との比較を合格者が徹底解説
  • URLをコピーしました!

発達障害コミュニケーションサポーター資格に興味があるけど、評判ってどうなのかな?子どもとのコミュニケーションに役立つ検定みたいだけど、体験談を知りたい。

発達障害コミュニケーションサポーターは、発達障害の子どもを中心に円滑なコミュニケーション・自己肯定感を高めるサポートをする専門資格です。

大切な子どもが学校でいじめにあったり、社会に馴染めないか不安になりますよね。そこで本記事では、発達障害コミュニケーションサポーターの評判・口コミを資格合格者が徹底解説しています。

この記事で分かることをピックアップ!

  • 発達障害コミュニケーションサポーターの勉強方法や特徴は?
  • 体験談や良い口コミや悪い評判を知りたい
  • 独学と通信講座を比較してから判断したい
  • 履歴書の書き方やおすすめ仕事はあるの?
  • 発達障害コミュニケーションサポーターの割引クーポンはあるの?

実際に発達障害コミュニケーションサポーター資格で合格した私の体験談をもとに詳しく紹介しています!

この記事で分かることをチェック

  • 30時間以内の勉強で合格ができた
  • ※1日1時間×1ヶ月程度
  • 子どもとのコミュニケーション力が身につく
  • 子どもの自己肯定感アップにつながる
  • 発達障害の適切なサポートを理解できる

難易度はやや高め・独学では理解できないコミュニケーションの専門スキルを習得できる!

↓↓↓

※先着で最大20,000円割引キャンペーンを実施中です。

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。

発達障害コミュニケーションサポーターの公式サイトはこちら

タップで移動できます

発達障害コミュニケーションサポーター資格の特徴【30秒でサクッと確認】

資格発達障害コミュニケーションサポーター
認定人間力認定協会
受講料
(税込)
47,400円
37,400円
初心者向け
受講生の多さ累計3,386人以上
子育てや保育の活用仕事の幅が広がりやすい
取得方法通信講座
※15〜30時間程度
国家資格なし
キャンペーン①受講料が10,000円割引
②セット受講で20,000円割引
※①と②は、受講生が20,000人を超えるまで実施
公式サイト詳しくみる

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、適切なコミュニケーションスキルを在宅で学べる通信講座です。基本知識を身につけるだけでなく、ワークブックを活用して日常生活で実践しやすい特徴が評判になっています。

いじめの原因やADHD・コミュニケーション障害など、専門的な内容が多いので難易度が高く感じる可能性がありますが、スキマ時間にコツコツ勉強できるカリキュラムになっています。

勉強が苦手でゼロスタートだった私でも合格できたので、挫折しにくいテキストです。子どもとの正しいコミュニケーション力がスキマ時間に身につきますよ!

発達障害の子どもとの適切なコミュニケーション力をアップ!

発達障害コミュニケーションサポーター資格の口コミや評判

発達障害コミュニケーションサポーター資格を受講した体験談をもとに、口コミをピックアップしています。結論として、はじめての勉強でも分かりやすい教材で実用的なスキルが身につくと評判です。

発達障害コミュニケーションサポーターという資格を取得しました。支援者に求められる能力やスキルなどが学べましたが、自分にはまだまだ至らないことだらけでした。子供と接する際に役立ちそうなことも多く、意識を少しずつ変えていくきっかけとなりそうです。※引用元:Twitter

子供達の為、自分の為に頑張って取得したいと思います。そして発達障害で困ってる保護者の支えになれたらと思ってます。※引用元:Twitter

我が子もそうなんだけど、少しの問題はあれど社会人になれたし!と思ってたら甘かった…orz(我が子ゴメン。 もっとそれを活かして支援できるように知識を身につけるのだ!※引用元:Twitter

合格出来るか分からないって悩んでたけど、落ちても勉強した事が役立つんだからいいでしょう!※引用元:Twitter

民間試験なのに値段が…。※引用元:Twitter

良い口コミと悪い評判を詳しく紹介していきます。

発達障害コミュニケーションサポーター資格の悪い評判や口コミ

発達障害コミュニケーションサポーター資格を受講して感じた悪い評判や口コミを紹介します。受講後のギャップを防ぎために、具体的な勉強イメージ・難易度を考えてみましょう。

最新のキャンペーンを確認したい場合はこちら

悪い評判・口コミ①:合格できるか不安に感じる

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、難易度が高いイメージがあり合格できるか不安に感じたと口コミで評判です。合格率は80%程度とはいえ、正しいコミュニケーション能力を学ばないと意味がないでしょう。

コミュニケーションスキルが必要!

  • 合格率:80%程度
  • 合格基準:50問中35問以上の正解

→正しい子どもとのコミュニケーション能力の知識・実践力がないと不合格になる可能性があり!

万が一不合格になった場合は再受験ができますが、毎回4,070円(税込)がかかるので一発合格を目指したいですよね。理解を深めながらコツコツ継続することが大切ですね!

悪い評判・口コミ②:受講料が高く感じてしまう

民間資格の1つとして注目を集めている発達障害コミュニケーションサポーター。国家資格のように就職活動で確実に活かせるわけではないので、受講料に疑問を感じると評判です。

割引キャンペーンを積極開催中!

  • 受講料:47,400円37,400円
  • セット割引:71,500円51,500円

最大20,000円割引キャンペーンを実施中

発達障害コミュニケーションサポーターは先着の割引キャンペーンを実施しています。さらに児童発達支援士とのセットで、最大20,000円割引になりますよ!

↓↓↓

※先着で最大20,000円割引キャンペーンを実施中です。

発達障害コミュニケーションサポーター資格の良い評判や口コミ

発達障害コミュニケーションサポーター資格を受講して感じた良い評判や口コミを紹介します。受講の決め手に悩んでいたり、イマイチ自信が持てない場合は参考にしてみましょう。

良い評判・口コミ①:子どもと接する上で必要なコミュニケーション能力

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、子どもと接する上で必要なスキルを効率よく習得できると口コミで評判です。例えば、表情の読み取りや聴き力など、日常生活の何気ないコミュニケーション能力が身につきます。

複数のコミュニケーション能力を習得

  • 合発達障がい児が抱える課題
  • 支援者に求められるコミュニケーション能力
  • 学童期のコミュニケーション能力
  • 青年期のコミュニケーション能力
  • デジタルコミュニケーション能力

テキスト一冊を丸暗記するのではなく、再現性の高い実践スキルを目指せますよ!

良い評判・口コミ②:短期間でサクサク合格を目指せる

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、家事や育児・仕事でバタバタしていてもスキマ時間にサクサク取り組めると口コミで評判です。基本的には8ヶ月の学習期間ですが、1ヶ月程度でも十分理解できるでしょう。

例えば、以下に当てはまる場合でも挫折せずにポジティブな勉強ができるでしょう。

  • 本当は勉強をしたいけど、子どもが言うことを聞いてくれないから時間をとりにくい
  • 勉強をした経験があまりなく、苦手意識があるから継続できる自信がない
  • 途中で挫折して勉強しなくなったら、受講料がもったいないから資格を目指しにくい

1つでも当てはまればおすすめの資格はこちら

勉強が苦手でも、あなたのペースでコミュニケーション能力を身につけることができます。ストレスフリーで実用スキルを習得しましょう!

良い評判・口コミ③:仕事で活かせるコミュニケーション力アップ

家庭内だけでなく、仕事や就職活動のアピールでも活用できる発達障害コミュニケーションサポーター資格。仕事の幅が広がる可能性が高く、余裕を持ったコミュニケーション能力を目指せると評判です。

履歴書に記入する場合は正式名称が「発達障害コミュニケーションサポーター」になるので、有資格欄に記入して積極的にアピールしましょう。

例えば、保育士・放課後デイサービス・学童サービスなどの就職活動でアピールしやすいです。せっかく取得した資格をアピールして損はありませんよ!

良い評判・口コミ④:保護者にアドバイスができるコミュニケーション力

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、子育てで悩んでいる保護者のアドバイスに役立つと口コミで評判です。子どものためだけでなく、親同士のコミュニケーションをとるキッカケにもなるでしょう。

例えば、ママ友同士のお茶会や近所付き合いなどの関係でアドバイスする使い方もあります。

良い評判・口コミ⑤:社会人の子どもとのコミュニケーションで活かせる

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、子どもだけでなく社会人にも役立つスキルを習得できると口コミで評判です。対象が学童期だけでなく、青年・デジタルまで幅広く学べるメリットが特徴になっています。

特徴は偏ったスキルにならないこと。受講する目的は個人差がありますが、コミュニケーション能力の全般スキルを習得できると覚えておきましょう!

↓↓↓

※先着で最大20,000円割引キャンペーンを実施中です。

発達障害コミュニケーションサポーター資格を合格した体験談・勉強イメージ

発達障害コミュニケーションサポーター資格の合格証

発達障害コミュニケーションサポーター資格を合格した体験談と勉強イメージを紹介します。具体的には、以下の3つがポイントです。

  1. スキマ時間に勉強ができてストレスなし
  2. 子どもの考え方・立場になった発想を学べる
  3. ワークが中心で実用的なスキルを習得できる

3つのポイントを詳しく紹介していきます。

ポイント①:スキマ時間に勉強できて無理なく学べる内容

1つ目のポイントは、仕事や家事をしながらでも無理のないペースで資格を目指せること。

実際に平日は仕事で勉強ができない環境でも、土日(休日)に2時間ずつ取り組めば1ヶ月で合格ができました。例えば、仕事でバタバタしているから継続する自信がない…と悩んでいても受講しやすい通信講座です。

時間がないことを言い訳にすると、資格の勉強はストレスに感じます。発達障害コミュニケーションサポーター資格は、両立のしやすさも重宝されていますよ!

仕事や家事をしながらでもスキマ時間にサクサク学べる!

ポイント②:子どもの考え方を読み解くスキルが身につく

発達障害コミュニケーションサポーター資格のテキスト

2つ目のポイントは、子どもが考えていることや求めている情報を読み解くスキルを習得できること。

例えば、聴く力や表情から感情を読み解くスキルだけでなく、声のボリュームや適切な距離感まで理解できます。子どもの特性に合わせて、求めている行動を先回りできる能力が身につくでしょう。

親の一方的な意見ではなく、子どもの行動・求めていることを読み解けるようになります。トレーニングを繰り返すので、再現性の高さもおすすめポイントですよ!

ポイント③:ワークが中心で実用的かつノウハウだけにならない

発達障害コミュニケーションサポーター資格のワークブック

3つ目のポイントは、ワークが中心で日常生活や職場で活かせるコミュニケーション能力が身につくこと。

通信講座を活用する多くの失敗談は、勉強して満足するノウハウコレクターです。発達障害コミュニケーションサポーター資格は、ワークの勉強が中心になるので実用的なスキルが身につきやすいでしょう。

時間がないことを言い訳にすると、資格の勉強はストレスに感じます。発達障害コミュニケーションサポーター資格は、両立のしやすさも重宝されていますよ!

↓↓↓

※先着で最大20,000円割引キャンペーンを実施中です。

発達障害コミュニケーションサポーター資格と独学との比較

結論を先に紹介すると、発達障害コミュニケーションサポーター資格は独学で取得ができません

理由は、一般社団法人人間力認定協会の通信講座を受講が必須条件となり、受講生限定の公式LINEから試験の申し込みをする必要があるためです。※メルカリ等で教材を購入しても資格の取得ができないため注意しましょう。

発達障害コミュニケーションサポーターの試験申し込み用LINE
  • 受講料が安くて気軽に勉強ができる
  • 好きな教材で自由に勉強ができる
  • マイペースにコミュニケーション能力を目指せる
  • 専門資格の取得ができない
  • 質問などのフォローがつかない
  • 正しい知識・勉強ができているのか判断が難しい

発達障害コミュニケーション資格を目指すなら公式サイトから

発達障害コミュニケーションサポーターを家庭内で活用する方法

発達障害コミュニケーションサポーター資格を家庭内で活用する方法は複数ありますが、講義内のトレーニングを1つずつ実践するだけで効果が期待できます。例えば、子どものとの意思疎通がうまくいかない場合に活かせるでしょう。

自宅で活用するイメージ例

  • 子どもが言うことを聞いてくれなくて喧嘩が多い
  • 子どもが学校や社会でうまく馴染めていない
  • 悩んでいることやモヤモヤしている考えを読み解きたい

家庭内の悩みを解消しやすい専門的な知識が身につきます。適切なコミュニケーションをとり、ストレスや負担の少ない日常生活を送りましょう!

↓↓↓

※先着で最大20,000円割引キャンペーンを実施中です。

発達障害コミュニケーションサポーター資格の履歴書の書き方・就職先の一例

発達障害コミュニケーションサポーターは民間資格ですが、履歴書に記入して就職活動でアピールができます。とはいえ、正式名称で記入しないと伝わらない可能性があるため注意しましょう。

発達障害コミュニケーションサポーター資格取得
※一般社団法人 人間力認定協会認定

繰り返しになりますが、国家資格ではないので確実に就職できるわけではありません。アピールしやすい就職先は、保育士や放課後デイサービス・学童サービス・障がい者施設・学習塾などです。

せっかく努力して資格を取得したなら履歴書に記入して就職活動で活用した方が良いですよね。関連性のある仕事を目指す場合は忘れずに記入しましょう!

発達障害コミュニケーションサポーター資格と児童発達障害支援士の違いを比較

発達障害
コミュニケーションサポーター
児童発達支援士
資格
受講料
(税込)
47,400円
37,400円
47,400円
37,400円
割引価格10,000円割引10,000円割引
認定人間力認定協会人間力認定協会
受講期間8ヶ月間8ヶ月間
合格率80%程度80%程度
スキル幅広い年齢の子どもと接する上で適切なコミュニケーション能力発達障害を抱える児童の適切な支援・サポートをする能力
詳細公式サイト公式サイト

発達障害コミュニケーションサポーターとセット割引で注目されている児童発達支援士。発達障害を抱える児童に対する適切な知識と負担の少ないコミュニケーション能力を目指す場合は、20,000円割引対象になるセット受講がおすすめです。

↓↓↓

【先着20,000人まで】2種類の資格をセット受講が対象

※上記で20,000円割引キャンペーンを実施中です。

発達障害コミュニケーションサポーター資格を目指すなら20,000円割引キャンペーンがおすすめ!

発達障害コミュニケーションサポーター資格は、子育てや仕事など幅広い場面で役立つ適切なコミュニケーション能力を目指せます。多くの口コミでも、実践しやすいサポートスキルが充実していると評判です。

本記事の内容をざっくりまとめると

  • 子どもとの適切なコミュニケーション能力を習得
  • スキマ時間に勉強ができて挫折しにくい
  • 実践のワークが中心で再現性が高いスキル
  • 家事や育児・仕事をしながらでも合格可能
  • 発達障害に関する仕事の就職でアピール

さらに発達障害コミュニケーションサポーターだけでなく、関連性の高い児童発達支援士と同時に申し込みをすれば受講料が20,000円割引になるキャンペーンを実施中です。

先着20,000人が20,000円割引の対象になります。最新の申し込み状況は、以下のリンクから確認してみましょう!

↓↓↓

【先着20,000人まで】2種類の資格をセット受講が対象

※上記で20,000円割引キャンペーンを実施中です。

児童発達支援士資格が怪しいと検索されるのはなぜ?

お得なセット割引は公式サイトで確認!

※本記事内の料金は全て税込価格です。

発達障害コミュニケーションサポーター資格の評判・口コミは?履歴書の書き方・独学との比較を合格者が徹底解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる