発達障害児支援のおすすめ資格4選を合格者が徹底比較!保育・子育てに役立つスキルを紹介【2022年版】

監修:
発達障害児支援のおすすめ資格4選を合格者が徹底比較!保育・子育てに役立つスキルを紹介【2022年版】
  • URLをコピーしました!

発達障害児支援の勉強を目指したいけど、おすすめ資格がよく分からない…。保育や子育てに役立つスキルはどれ?

大切な子どもと適切なコミュニケーション・ケアスキルを目指す発達障害児支援資格。通信講座を活用して、家事や子育て・仕事をしながらでも効率よく学びたいですよね。

とはいえ、イメージに合った勉強方法やおすすめ資格が分からない…。そこで本記事では、発達障害児支援のおすすめ資格4選を詳しく紹介しています。

この記事での比較ポイント

  1. 受講生の多さ:発達障害児支援の勉強をした人数
  2. 子育てや保育に役立つ:日常生活で役立つスキル
  3. スキマ時間の勉強:家事や育児をしながら学べる
  4. 資格のジャンル:国家資格や勉強する目的
  5. 受講料の安さ:無理のない予算内でスキルアップ

発達障害児支援の資格を取得した後のイメージを考えながら比較がおすすめです。スキルの活かし方を想像しながら、あなたに最適な通信講座を見つけましょう!

↓↓↓

おすすめのカリキュラムを紹介!

  • おすすめの発達障害児支援資格は4種類
  • 知識だけが身についても意味がない
  • 5つのポイントで比較がおすすめ!
  • 最大20,000円割引キャンペーン中!
  • 2022年おすすめは児童発達支援士資格
この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。

児童発達支援士資格は怪しいの?資格合格者が徹底解説!

タップで移動できます

発達障害児支援のおすすめ資格4選の比較一覧表

まずは、発達障害児支援に関する資格の通信講座選びでどれがいいか迷ったら比較したい一覧表を紹介します。

スクロールできます
児童発達支援士の教材ロゴのユーキャン
通信講座
スクール
児童発達支援士子ども発達障害支援アドバイザー発達障害支援士発達障害支援アドバイザー
受講料
(税込)
47,400円
37,400円
32,000円109,780円33,000円
試験料
(税込)
4,070円
認定人間力認定協会発達凸凹アカデミー日本発達障害支援協議会発達障害支援アドバイザー
初心者向け
受講生の多さ累計9,000人以上2021年に開講不明不明
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料・キャンペーンは公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

発達障害児支援のおすすめ資格は全部で4種類。いずれも共通して国家資格がないため、就職活動で活かすよりも子育て・保育で実践していきます。

例えば、大切な子どもが求めていることやトラブルに巻き込まれないために、先回りした行動ができるようになるでしょう。

保育士や看護師のキャリアアップにも役立ちますが、受講する目的の大半は家庭内で活用するためです。子どもとの適切なコミュニケーション力が身につきますね!

比較一覧表のポイント

  • おすすめの発達障害児支援の資格は全部で4種類
  • 実績や実践的なスキルなら児童発達支援士
  • 日常生活で実践できる勉強スタイルがポイント

発達障害児支援のおすすめ資格を比較するポイント

発達障害児支援の資格を比較する5つのポイントを紹介します。具体的なイメージを考えながら、あなたにピッタリの発達障害児支援資格を探しましょう。

どれがいいか迷ったら①:受講生の多さや信頼度で比較

どれがいいか迷ったら①:受講生の多さや信頼度で比較

1つの目の比較ポイントは、発達障害児支援資格を受講した人数や知名度です。

民間資格の場合は、協会や団体・企業が認定をしているため知名度の低さから怪しいなどのネガティブな口コミも少なくありません。発達障害児支援資格も例外ではなく、受講生の多さで比較すると信頼して取り組めます。

受講生の多さで比較しよう

※2022年5月時点。目安の受講人数です。

とはいえ、人数が多いから必ず誰もが納得のいく資格を取得できるわけではないので注意が必要です。例えば、職場環境でのアピールや口コミ・体験談を調べるときに情報量が多いメリットがあります。

児童発達支援士毎月500人以上が受講をしています。療育や発達障害児支援の知識に自信がなくても、分かりやすい教材でサクサク学べますよ!

どれがいいか迷ったら②:子育てや保育に役立つスキルで比較

どれがいいか迷ったら②:子育てや保育に役立つスキルで比較

2つの目の比較ポイントは、子育てや保育に役立つスキルで比較することです。

発達障害児支援の資格を取得する目的は個人差がありますが、せっかく身につけたスキルは活用しないと意味がありません。例えば、日常生活の中で実践するイメージを想定して受講をしましょう。

児童発達支援士を実践するイメージ

  • 苦しむ子どもにかけてあげる言葉選び
  • ジョハリの窓を用いて自分を再認識する
  • クローズド・オープンクエスチョンを理解
  • メラビアンの法則によるコントロール
  • リフレーミング技術を習得して実践する

自閉スペクトラム症やADHD・学習障害の子どもに対して「なぜ」を追求するだけでは、思うようなコミュニケーションがとれません。気持ちを読み解き、適切なケアをすることが大切ですよ!

どれがいいか迷ったら③:スキマ時間の勉強や取得方法で比較

どれがいいか迷ったら③:スキマ時間の勉強や取得方法で比較

3つの目の比較ポイントは、時間の有効活用や資格取得方法で比較することです。

発達障害児支援のおすすめ資格は共通して通信講座になるため、自宅で勉強ができます。家事や育児・仕事のスキマ時間に勉強できる環境や合格までのスケジュールを受講前に比較すると良いでしょう。

資格を目指したくても勉強する時間がなくて取り組めないと意味がないですよね。例えば、写真やイラストが豊富でパッと理解できる教材など、自分に合った勉強内容が良いです。

どれがいいか迷ったら④:国家資格や保育に関連する仕事で比較

どれがいいか迷ったら④:国家資格や保育に関連する仕事で比較

4つの目の比較ポイントは、国家資格や保育に関連する仕事の活用で比較です。

残念ながら発達障害児支援の国家資格はありませんが、就職活動でアピールしたりキャリアアップで活かせるメリットがあります。家庭内以外でも活用できる環境を考えてみましょう。

保育に関連する仕事で活かせる具体例

  • 保育士が子どもと接する上で知識を活用
  • 看護師がコミュニケーション力を活かす
  • 教育現場で子どもとの接し方を見直す
  • セミナーや講師の専門家として活動する
  • Webライターで監修・専門的な執筆

仕事の活かし方は個人差があります。家庭内の支援スキルを習得するだけでなく、働く環境も想定してみると比較しやすいですよ!

仕事でも活動しやすい発達障害児支援の資格

どれがいいか迷ったら⑤:受講料の安さや割引キャンペーンで比較

どれがいいか迷ったら⑤:受講料の安さや割引キャンペーンで比較

5つの目の比較ポイントは、受講料の安さや割引キャンペーンで比較です。

発達障害児支援のおすすめ資格は4種類ありますが、受講料は32,000円〜99,800円と幅が広いです。安いから良い・高いからコスパが悪いわけではありませんが、予算内で無理のない受講をした方がリスクが少ないでしょう。

中でも児童発達支援士は、10,000円割引キャンペーンや期間限定の映像・グッズのプレゼントをしています。専用LINEで最新情報の発信も積極的ですよ!

↓↓↓

※最大20,000円割引キャンペーン中です。

発達障害児支援のおすすめ資格4選の詳細・特徴

発達障害児支援のおすすめ資格4選の特徴を紹介します。5つのポイントで比較して、あなたのイメージに合った専門資格を目指しましょう。

※タップで詳細までジャンプします。

発達障害児支援のおすすめ資格①:児童発達支援士

発達障害児支援のおすすめ資格①:児童発達支援士
資格児童発達支援士
認定人間力認定協会
受講料
(税込)
47,400円
37,400円
初心者向け
受講生の多さ累計9,000人以上
子育てや保育の活用仕事の幅が広がりやすい
取得方法通信講座
※15〜30時間程度
国家資格なし
キャンペーン①受講料が10,000円割引
②セット受講で20,000円割引
③期間限定の冊子や動画プレゼント
※①と②は、受講生が20,000人を超えるまで実施
※③は療育に関する動画など限定的な内容
公式サイト詳しくみる

児童発達支援士の特徴は、発達障害児支援の勉強(座学)だけでなく子どもと接する上で必要なワーク・実践スキルを習得できることです。具体的には、子どもの育て方やケースタディが中心で別紙のワークブックが充実しています。

発達障害に関する知識以外の勉強をするのはなぜですか?

これは私どもの理念でもあるのですが、発達障がい児を発達障がい者として見るのではなく、ひとりの人間としてみます。もっと大きく言えば、人間を動物としてみます。このように大きな枠で見ていくことで根本的な解決が出来るものなのです。

https://www.manacal.co.jp/hattatu-license/

例えば、発達障害児支援の資格を取得しても、形だけのスキルであれば子どもの気持ちを読み解きにくいです。児童発達支援士ではワークブックを活用して、再現性の高い子どもの支援スキルを習得できるでしょう。

ワークブックの勉強イメージ(一部)

  • 児童発達支援士が考えるべき自己分析
  • 質問の方法と自己重要感のバランス
  • 話を聞く姿勢やメラビアンの法則
  • リフレーミングによる自己肯定感

おすすめの発達障害児支援資格の中でも子どもと実際に向き合うスキルを重点的に学べる通信講座です。子育てや保育で悩んでいたらピッタリの専門資格ですよ!

↓↓↓

※最大20,000円割引キャンペーン中です。

児童発達支援士資格は怪しいの?資格合格者が徹底解説!

発達障害児支援のおすすめ資格②:子ども発達障がい支援アドバイザー

発達障害児支援のおすすめ資格②:子ども発達障がい支援アドバイザー
資格子ども発達障がい支援アドバイザー
認定発達凸凹アカデミー
受講料
(税込)
32,000円
初心者向け
受講生の多さ2021年開講
子育てや保育の活用仕事の幅が広がりやすい
取得方法通信講座
※3ヶ月間
国家資格なし
キャンペーンなし
公式サイト詳しくみる

子ども発達障がい支援アドバイザーは、2021年9月に開講されたカリキュラムでユーキャンが展開しています。児童発達支援士と比較して、初級編かつ家庭内の子育て・保育に特化しているスキルを目指します。

子ども発達障がい支援アドバイザーとは?

発達障がいやグレーゾーンのお子さんの子育てに必要な基礎知識を学び、理解し、お子さんと親の心に寄り添い、支援するための知識と実践する意思があること。

https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1524/

指導・アドバイスするスキルの習得ではなく、基礎知識を学べる初心者向けの内容になっています。差別化ポイントは、通信講座大手のユーキャンで受講できること・48枚の絵カードで日常のイメージができることの2つです。

初心者でも気軽に学べるカリキュラム

  • 絵カードなどの副教材が充実している
  • 家庭内の子育て・保育で実践できる
  • 全3回の添削課題で苦手ポイントを克服

児童発達支援士よりもカンタンな内容が良い場合におすすめです。人気が出ているため、教材が届くまで1ヶ月程度かかる場合があるので早めに申し込みをしましょう!

↓↓↓

※月2,980円でスキルアップできる!

子ども発達障がい支援アドバイザーの評判はこちら

発達障害児支援のおすすめ資格③:発達障害支援士

発達障害児支援のおすすめ資格③:発達障害支援士
資格発達障害支援士
認定日本発達障害支援協議会
受講料
(税込)
109,780円
初心者向け
受講生の多さ不明
子育てや保育の活用仕事の幅が広がりやすい
取得方法通信講座
※6ヵ月
国家資格なし
キャンペーンなし
公式サイト詳しくみる

発達障害支援士は、スマホで気軽に映像講義を受講できる特徴があります。子育てや家事・仕事で忙しい主婦でも、気軽に発達障害児支援の勉強をしやすくするためでしょう。

受講料が他の発達障害児支援の資格よりも高いデメリットがありますが、専門性が高いスキルをスキマ時間で学びたい場合におすすめとなっています。

充実したカリキュラムでサクサク学べる

  • 1回15分×週3本×5ヶ月間の勉強
  • 週末にまとめて勉強なら1週間45分だけ
  • レポート・ケーススタディ課題の提出

おすすめしている受講生は、発達障害児(2歳~小学校中学年程度)の指導・支援に関わる方です。児童発達支援士や子ども発達障がい支援アドバイザーよりも難易度の高さがわかりますね!

基礎から実践スキルまで目指せるおすすめ資格はこちら

発達障害児支援のおすすめ資格④:発達障害支援アドバイザー

発達障害児支援のおすすめ資格④:発達障害支援アドバイザー
資格発達障害支援アドバイザー
認定発達障害支援アドバイザー協会
受講料
(税込)
33,000円
初心者向け
受講生の多さ不明
子育てや保育の活用仕事の幅が広がりやすい
取得方法通信講座
※7時間以上
国家資格なし
キャンペーンなし
公式サイト詳しくみる

発達障害支援アドバイザーは、5分~10分の短い動画だけで勉強ができるのでスキマ時間を有効活用しやすいです。セルフチェックで理解度を深めていくので、独学の勉強に自信がない方におすすめとなっています。

本来はスクーリングコースの講義もありますが、休講中です。オンラインの勉強は全てeラーニングシステムで、スキマ時間に勉強ができますよ!

発達障害児支援のおすすめ資格は児童発達支援士

主婦が独学で発達障害児支援の資格を目指す方法

結論を紹介すると、家事や子育てで忙しい主婦でも発達障害児支援の資格は目指せません

例えば、看護師や保育士勤務が長くて基礎知識がある場合は資格の取得を目指さなくても十分な場合もありますが、子育て中の主婦や初心者は通信講座を活用した方が間違いないでしょう

  • はじめて発達障害児支援の勉強をする
  • 保育士や看護師の経験がない
  • はじめての子育てで不安が多い
  • 勉強が苦手で挫折することが心配
  • コスパ重視で考えている
  • 保育士や看護師経験がある
  • スキルアップだけでも十分

忙しい主婦でも取得しやすい発達障害児支援資格

2022年に目指したい発達障害児支援のおすすめ資格は児童発達支援士!

発達障害児支援のおすすめ資格は全部で4種類あり、特徴や評判のポイントが異なります。中でも児童発達支援士は、はじめての子育てや勉強でも理解しやすく、日常生活・仕事と幅広く活用できるでしょう。

児童発達支援士がおすすめの理由

  1. 発達障害児支援の基礎理解ができる
  2. ワークブックで実践スキルが中心の内容
  3. 累計8,000人以上が受講して人気の資格
  4. 割引キャンペーンやプレゼントが積極的
  5. 忙しい主婦・社会人でも気軽に取り組める

例えば、発達障害児支援の勉強をしたいけど、子育てや仕事で忙しくて挫折しそうだから一歩を踏み出せない…と悩んでいても最適な通信講座です。ワークブック中心で、実際に再現できる支援スキルを習得できるでしょう。

10,000円の割引キャンペーンは先着順です。まずは割引や特典の開催状況をチェックして、あなたのイメージと比較してみると損をしにくいですよ!

↓↓↓

※最大20,000円割引キャンペーン中です。

児童発達支援士の最新キャンペーン状況はこちら

スクロールできます
児童発達支援士の教材ロゴのユーキャン
通信講座
スクール
児童発達支援士子ども発達障害支援アドバイザー発達障害支援士発達障害支援アドバイザー
受講料
(税込)
47,400円
37,400円
32,000円109,780円33,000円
試験料
(税込)
4,070円
認定人間力認定協会発達凸凹アカデミー日本発達障害支援協議会発達障害支援アドバイザー
初心者向け
受講生の多さ累計9,000人以上2021年に開講不明不明
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※最新の受講料・キャンペーンは公式サイトでご確認ください。
※Web申込の受講料を表示しています。

※本記事内の料金は全て税込です。

発達障害児支援のおすすめ資格4選を合格者が徹底比較!保育・子育てに役立つスキルを紹介【2022年版】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる