児童発達支援士の難易度は?資格取得方法・2022年の試験内容を徹底解説【受験資格】

児童発達支援士の難易度は?資格取得方法・2021年の試験内容を徹底解説【受験資格】

▼ 児童発達支援士の取得方法は3ステップ!

  1. 人間力認定協会の通信講座を受講
  2. カリキュラムに取り組む(オンライン)
  3. 試験にチャレンジ!(いつでもOK)

児童発達支援士資格を取得したいけど、具体的な方法を知りたいな。試験の難易度や合格率ってどうなのかな?

発達障害児の正しい対応・ケアを学べる児童発達支援士。2020年に取得ができるようになった資格は、毎月1,000人以上が目指していて主婦を中心に注目されていますよね。

といっても、資格の取得方法や難易度が分からない…。そこで本記事では、児童発達支援士資格の取得方法と難易度・合格率を徹底解説しています。

この記事で分かる
児童発達支援士資格
  • 資格の取得方法3ステップ
  • 試験の難易度や出題傾向
  • 合格率や合格者数・実績
不安を解消して資格を目指しましょう!

大切な子どもとの接し方は、正しい方法を選びたいですよね。独学で何となく解決するのではなく、納得のいくスキルアップ・資格取得ができるようにしましょう。

この記事がおすすめの人

  • 児童発達支援士資格を目指している
  • 資格の取得方法がイメージできない
  • 家事や育児をしながら合格したい
  • 最短ルートで児童発達支援士を取得したい

今なら10,000円割引で目指せる/

※割引価格は予告なく終了する場合があります。

児童発達支援士資格の口コミはこちら

児童発達支援士資格の公式サイトはこちら

タップで移動できます

児童発達支援士資格の取得方法は?簡単3ステップで資格を目指そう!

児童発達支援士資格
取得できる3ステップ
  1. 人間力認定協会の通信を受講
  2. カリキュラムに取り組む
  3. 試験をオンラインで受験する
初心者でも取得しやすいと評判!

詳しく紹介していきます!

児童発達支援士資格の取得方法①:人間力認定協会の通信講座を受講

資格の取得方法①:通信講座編

最初のポイントは、人間力認定協会の公式サイトで資格を確認すること

似たような紹介・口コミサイトが多いですが、人間力認定協会の公式サイトでないと児童発達支援士資格を取得できません。せっかく取得するモチベーションが高くても、辿り着けないと意味がないため注意しましょう。

しんぷく

まずは、公式サイトでイメージを確認しましょう。申し込みをしなければ無料(0円)ですよ!

今なら10,000円割引で目指せる/

※割引価格は予告なく終了する場合があります。

児童発達支援士資格の取得方法②:カリキュラムに取り組む(初心者OK!)

資格の取得方法②:カリキュラム編

2つ目のポイントは、児童発達支援士講座のカリキュラムを受講すること

資格を取得するためには、通信講座の受講が必要です。家事や育児・仕事をしながらでも、スキマ時間だけで取り組めるため忙しいあなた向けのカリキュラムとなっています。

▼ こんな状況でも取り組みやすい!

  • 家事や育児で毎日バタバタしている
  • 在宅で気軽に勉強していきたい
  • 毎日決まった時間に勉強できない
しんぷく

あなたのペースで取り組めます。ストレスなく、児童発達支援士資格を目指しましょう!

>> 児童発達支援士講座を詳しくみてみる

児童発達支援士資格の取得方法③:資格試験を受験する(オンライン)

資格の取得方法③:受験編

  • 児童発達支援士講座を最後まで受講
  • オンライン(在宅)で資格にチャレンジ
  • 50問中35問以上の正解で合格

カリキュラムが修了したら、児童発達支援士試験で合格できれば資格を取得できます

全部で50問(二択or四択問題)で35問以上の正解で合格ですが、在宅であなたのライフスタイルに合わせて受験できます。試験会場まで足を運ぶ手間がかからないため、主婦を中心に人気となっています。

しんぷく

勉強の目安は15〜30時間です。ゆっくり対策をすれば難しい内容がないので自信を持って受験できますよ!

今なら10,000円割引で目指せる/

※割引価格は予告なく終了する場合があります。

児童発達支援士資格の試験内容

通信講座
資格児童発達支援士
受験資格特になし
※通信講座の受講
受験料
(無料)
4,070円
学習目安15〜30時間
受験方法オンライン(在宅)
合格基準50問中35問以上の正解
出題形式二択問題・四択問題
公式サイト詳しくみてみる

児童発達支援士のポイントは、在宅でいつでも受験できること

家事や育児・仕事をしていると試験会場に行くまでの時間を考えなければなりませんが、ちょっとした空き時間だけで問題ないです。出題数も50問だけになるので、テキスト勉強を進めれば大半は回答できるでしょう。

しんぷく

効率よく勉強を進めていければ、一発合格を目指せます。勉強が苦手でも前向きに取り組みやすいですよ!

児童発達支援士資格試験の難易度・合格率・合格者数

  • 勉強時間15〜30時間程度
  • 合格率85%程度
  • 合格者数5,300人以上(2020年以降)

繰り返しになりますが、児童発達支援士資格難易度が低いため気軽に目指しやすいと評判です。実際の体験談をもとに詳しく紹介していきます。

児童発達支援士資格の勉強時間

出典:https://ninkyou.jp/blog/

児童発達支援士資格の受験対策にかかった勉強時間のアンケートでは、20時間以内が全体の68%と大半を占めていました。勉強が苦手でも短期間で効率よく合格を目指せるでしょう。

  • 10時間以内:23%
  • 11〜20時間:45%
  • 21〜30時間:21%
  • 30時間以上:11%

仮に2ヶ月間で資格を目指す場合は、1日20分程度の試験対策を続ければ平均的な勉強時間を確保できます。家事や育児をしながらでもスキマ時間だけで目指せる専門資格です。

しんぷく

短時間の勉強で合格を目指せるので、挫折しにくいカリキュラムです。前向きに取り組めますよ!

児童発達支援士資格の合格率・合格者数

児童発達支援士資格は、合格率が85%程度で難易度が低い資格です。2020年以降、毎月1,000人以上の合格者を輩出し、累計で5,500人を超えています。

難易度が低く、目指しやすい!

  • 合格率は85%程度で一発合格を目指せる
  • 合格者の勢いがあり、毎月1,000人以上
  • テキスト(約120ページ)の理解でOK
しんぷく

決して難易度の高い資格ではありません。専門用語の暗記や順番に沿った勉強ができれば一発合格を目指せますよ!

今なら10,000円割引で目指せる/

※割引価格は予告なく終了する場合があります。

結論:児童発達支援士の資格取得方法は3ステップだけでOK【2021年の受験】

結論として、児童発達支援士資格の難易度は低く、はじめてでも一発合格を目指しやすいです。勉強に自信がなくても、サクサク試験対策ができるでしょう。

スキマ時間を活用して、
効率よく合格を目指そう!
結論
  • 児童発達支援士資格は3ステップで目指せる
  • 児童発達支援士資格の合格率は85%程度
  • 1日20分程度の勉強なら2ヶ月間だけでOK
  • 毎月1,000人以上の合格者が出ている

児童発達支援士資格を目指したいけど、決められない…と悩んでいたら、10,000円割引キャンペーン期間に受講した方がお得です。大切な子どものために、スキマ時間でコツコツ勉強してみませんか?

▼ 児童発達支援士の取得方法は3ステップ!

  1. 人間力認定協会の通信講座を受講
  2. カリキュラムに取り組む(オンライン)
  3. 試験にチャレンジ!(いつでもOK)

今なら10,000円割引で目指せる/

※割引価格は予告なく終了する場合があります。

児童発達支援士資格の公式サイトはこちら

※本記事内の料金は全て税込価格です。

児童発達支援士の難易度は?資格取得方法・2021年の試験内容を徹底解説【受験資格】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
タップで移動できます
閉じる