当サイトで紹介する通信講座等はPR(広告)も含まれておりますが、特徴やサポートなど様々な条件から紹介しています。また、消費者庁の「消費者志向自主宣言・フォローアップ活動」に賛同・宣言をしており、記事内で通信講座等を紹介しています。なお、皆様に無料コンテンツを提供する目的で複数のアフィリエイトプログラム等に参加し、手数料の支払いを受けているものもあります。

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれないおすすめランキング|250人が選んだ結果

監修:
取ってよかった資格【女性】食いっぱぐれないおすすめランキング|250人が選んだ結果

女性が取ってよかった・食いっぱぐれない資格は、2023年時点で国家資格以外にも複数あげられ、スキルアップを目的とした資格ブームは根強く続いています。

一方で、種類が多すぎて本当に取ってよかったと思う資格が分からないと悩んでいませんか。

この記事で分かるポイント
  • 取ってよかった資格の女性ランキング1位日商簿記検定
  • 取ってよかったと資格を選ぶ基準は実用性や活用イメージができるスキル
  • 民間資格と国家資格を比較して目的の線引きがポイント

そこで本記事では、取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格の女性版ランキングを詳しく紹介しています。

はじめて資格の勉強をする場合は、イメージとのギャップを防止するために体験談やランキングを参考にしてみましょう。

取ってよかった資格の女性版ランキングを紹介しています。資格の勉強経験がない場合は、合格後の活用イメージも含めてヒントにしてみましょう!

タップで移動できます

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれないランキング一覧表

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれないランキング一覧表

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれないランキングは以下の通り、1位は日商簿記検定です。

ランキング資格名ジャンル
1位
(27人)
日商簿記検定公的資格
2位
(13人)
保育士国家資格
2位
(13人)
秘書検定民間資格
4位
(12人)
宅地建物取引士国家資格
4位
(12人)
看護師国家資格
6位
(10人)
介護福祉士国家資格
7位
(7人)
MOS民間資格
8位
(6人)
登録販売者公的資格
8位
(6人)
普通自動車第一種運転免許国家資格
10位
(5人)
カラーコーディネーター民間資格
10位
(5人)
FP技能士公的資格
10位
(5人)
医療事務民間資格
女性が選ぶ取ってよかった・食いっぱぐれない資格ランキングTOP10

▼ランキングの調査方法

本記事内のランキングは、株式会社リロードマインドが実施した第3者調査機関の情報をもとに作成しています。

≫ランキングの根拠はこちら

日商簿記検定を選んだ理由は、事務職や経理の就職活動活かせること・日常生活で家計簿をつけたいからなど、身近な場面での再現性を上げる女性が多いです。

資格の勉強は履歴書でアピールをするだけでなく、自分の強みや視野を広げることを目的にしている傾向が強い結果が分かります。

取ってよかった資格の傾向
  • 身近な場面で活用できるスキルの証明資格を目指す傾向が強い
  • 合格後のイメージを想定した上で資格を比較する女性が多い
  • 国家資格だけでなく、民間・公的資格を目指す女性も増えている

合格するだけでなく、資格を取得した後の活用イメージをすると良いです。取ってよかった資格は、再現性や実現性が高いスキルが中心ですよ!

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれない国家・公的資格ランキング

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれない国家・公的資格ランキング

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれない国家・公的資格ランキングは以下の通り、国家資格では保育士・公的資格では日商簿記検定が1位です。

取ってよかった・食いっぱぐれない資格
国家資格・公的資格ランキング

国家資格の取ってよかった資格ランキング1位は保育士ですが、例年10,000人以上が合格しており、20%前後の合格率になっています。

保育士試験の受験条件は複数ありますが、専門学校を卒業をしていなくても合格を目指せるため、チャレンジできる可能性はあります。

国家資格は学歴や過去の経験が必須な場合がありますが、保育士や宅地建物取引士は専門学校の通学をしていなくても合格を目指せます。先入観だけで判断しないように注意しましょう!

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれない民間資格ランキング

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれない民間資格ランキング

取ってよかった資格の女性が食いっぱぐれない民間資格ランキングは以下の通り、秘書検定が1位・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)が2位です。

取ってよかった・食いっぱぐれない資格
民間資格ランキング

女性が選ぶ取ってよかった民間資格は4種類ですが、仕事現場で活かせるスキルが身に付く共通点があります。

民間資格と国家資格は認定している機関が異なるだけでなく、専門職の就職可否などで比較できますが、試験難易度が低くて気軽にチャレンジできるメリットが特徴です。

取得しても意味ない口コミも出ていますが、民間資格日程を確認して、興味のあるスキルを確認すると目標とする試験で合格するイメージが分かるでしょう。

民間資格は合格後の活用イメージができないと意味がないです。取得してよかったと思う女性の大半は、資格を取得する目的や活かし方が整理できているためですよ!

取ってよかった資格【女性】食いっぱぐれないランキングTOP10

取ってよかった資格【女性】食いっぱぐれないランキングTOP10を詳しく紹介します。

資格に興味はあるけど、本当に取ってよかったと思えるスキルが分からない場合はランキングを参考にしてみると、理想のチャレンジができるでしょう。

1位:日商簿記検定

簿記2・3級おすすめ通信講座
簿記2・3級おすすめ通信講座
資格名日商簿記検定試験
おすすめ27人(250人中/27人)
種類公的資格
合格率1級:10.1%
2級:24.8%
3級:36.5%
※参照:商工会議所
試験日程1級:6月・11月
2級:2月・6月・11月
3級:2月・6月・11月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング1位は、簿記検定です。

簿記検定は、経理や総務などの仕事や日常の家計簿管理に役立つスキルを習得できるため、身近な場面で通用する再現性から取ってよかったと思う女性が多くなっています。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 経理関連の履歴書でアピールできる(40代女性)
  • 自身のスキルアップにつながり、自信にもつながる(30代女性)
  • 損益計算書・貸借対照表・財務諸表の読み方が分かり、会社の経営状況を把握することができるようになるから(30代女性)

勉強方法は独学を選ぶ女性が最も多いですが、仕事や家事・子育てをしながら試験対策をする場合は、重要ポイントを中心に対策ができる通信講座の方がメリハリのある勉強ができるでしょう。

  • 独学:14人
  • 通信講座:4人
  • 専門学校:5人
  • その他:5人

一方で、簿記2級だと300時間程度の勉強が必要になるため、はじめて試験対策をする場合は合格までのイメージやスケジュール管理が難しいとおすすめしません。

例えば、1日2時間の勉強を継続しても簿記2級で合格するためには6ヶ月程度の期間が必要です。

難易度独学通信講座・専門学校
1級600時間400~600時間
2級300時間100~200時間
3級100時間50~100時間
勉強時間の目安

独学の方が安い費用で試験対策はできますが、負担の少なさだけでなく、生活の中で無理なく合格を目指せる勉強方法を選ぶと良いでしょう。

独学とおすすめ通信講座を比較して判断すると良いです。特に子育てや家事をしながら試験対策をする場合は、ストレスなく取り組める環境選びが大切ですよ!

参考 簿記通信講座のおすすめランキングはこちら

2位:保育士

保育士通信講座おすすめランキング7選
保育士通信講座おすすめランキング7選
資格名保育士
おすすめ13人(250人中/13人)
種類国家資格
合格率19.95%
※参照:厚生労働省(令和3年度)
試験日程■第1回試験
筆記:4月
実技:7月
■第2回試験
筆記:10月
実技:12月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング2位は、保育士です。

保育士は1年で2回実施している国家資格で、筆記と実技の両方で合格点を満たせば取得できますが、通常受験の場合は5人に1人が合格する割合で適切な試験対策をしないと取得は難しいです。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 出産後も職場復帰がしやすいため(30代女性)
  • 保育士は保育所だけではなく児童館や児童厚生員など、さまざまな職種で活躍しやすいため(30代女性)
  • 基礎的な育児の知識や声がけを学べたため(20代女性)

保育士資格を取得できる専門学校に通学していれば卒業で合格できますが、一般的な受験の場合は独学または通信講座で試験対策をします。

  • 独学:4人
  • 通信講座:2人
  • 専門学校:8人
  • その他:0人

通信講座で受講する場合は、1日30分以内のスキマ時間だけで筆記・実技試験の両方を対策できるスケジュールが多いため、勉強時間の確保が難しい女性におすすめです。

保育士を取ってよかったと思う理由の大半は、子どもに関わる仕事に就けるためです。保育士を含めた国家資格は、将来性が高くて食いっぱぐれるリスクを減らせるメリットがありますよ!

参考 保育士通信講座のおすすめランキングはこちら

2位:秘書検定

秘書能力検定と秘書技能検定の違い
秘書能力検定と秘書技能検定の違い
資格名秘書検定
おすすめ13人(250人中/13人)
種類民間資格
合格率3級:約71%
2級:約60%
準約1級:約36%
1級:約27%
※参照:公益財団法人 実務技能検定協会
試験日程6月・11月・2月
※2月は2級・3級のみ
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング2位は、秘書検定です。

秘書検定は合格するだけでは必ず就職できるわけではないため、事務職やサポート業務などの活用イメージを想定すると取得するメリットが明確になります。

他にも社会人として通用するマナーやコミュニケーション力の向上ができるため、人との関わり方に不安を感じるなら取ってよかったと思える資格でしょう。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 事務の仕事を探す上で、あらかじめ上記の検定を取得したことで自信がついたため(40代女性)
  • 一定のビジネスマナーが身に付いている自信になるし、実際に顧客対応で役立っている実感があるため(30代女性)
  • 上司とのコミュニケーション手段の一つとしてスキルを活用できる(20代女性)

秘書検定3級であれば70%程度の合格率で独学でも十分対策ができる難易度ですが、試験日程が限られているため、勉強時間の確保に自信がなければ通信講座がおすすめです。

  • 独学:10人
  • 通信講座:4人
  • 専門学校:0人
  • その他:0人

女性が秘書検定を取ってよかった資格と思える理由の大半は、人との関わりに活かせるスキルが身に付くためです。

民間資格の1つである秘書検定は合格までの勉強方法だけでなく、取得した後の活用イメージ・コミュニケーションを実践する場面を考えてチャレンジすると良いでしょう。

秘書検定を含む民間資格は、身近な場面で活かせるスキルの習得が大切です。再現性がないと意味がないため、取得後のイメージをした方が取ってよかったと思えますよ!

参考 秘書検定通信講座のおすすめランキングはこちら

4位:宅地建物取引士(宅建士)

宅地建物取引士(宅建士)のおすすめ通信講座
宅地建物取引士(宅建士)のおすすめ通信講座
資格名宅地建物取引士(宅建士)
おすすめ12人(250人中/12人)
種類国家資格
合格率15〜18%
試験日程10月・12月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング4位は、宅地建物取引士(宅建士)です。

宅地建物取引士(宅建士)で合格できれば、不動産や金融業を中心に専門職として活躍できるメリットがあります。

合格率は15〜18%程度で難易度は高いですが、収入アップやキャリアアップに繋がったため、取ってよかった資格と思える女性が多いです。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 資格給も月々出て、収入の面でもプラスになる資格なため(30代女性)
  • 資格があればセカンドキャリアの幅も広がるため(30代女性)
  • 不動産仲介業者など働き口によっては有利になりやすい資格だから(20代女性)

試験対策は独学が最も多いですが、勉強は200時間以上必要とされるため、子育てや家事をしながら合格を目指す女性は通信講座の方がスムーズに取り組めます。

  • 独学:8人
  • 通信講座:4人
  • 専門学校:0人
  • その他:0人

独学よりは受講料が高くなるデメリットはありますが、仕事の幅やキャリアアップをするためにかけられる予算を想定すると理想の勉強方法が見つかります。

1回取得すれば継続的に有効活用できる宅地建物取引士(宅建士)は、活用できる場面が多いため、女性が取ってよかったと思うおすすめの資格の1つです。

民間資格とは異なり、合格すれば活躍できる仕事が増えるため、取得するメリットは大きいです。合格後の活用イメージがしやすい資格ですよ!

参考 宅地建物取引士(宅建士)通信講座のおすすめランキングはこちら

4位:看護師

資格名看護師
おすすめ12人(250人中/12人)
種類国家資格
合格率90.8%
※参照:厚生労働省(第111回)
試験日程例年2月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング4位は、看護師です。

看護師として働くために必須資格で、長期的な勤務だけでなく、単発・夜勤専門のアルバイトなどで活躍できるため、産休・育休後の仕事復帰をする場合でも活用しやすいため取ってよかった資格と思う女性が多くなっています。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 結婚してからも主婦がスキマ時間で単発バイトに入りやすいため(30代女性)
  • 子供を産んだり結婚したりして、一度職を離れても他の就職先で難なく再就職できるため(40代女性)
  • どこの地域でも働くことができるので転居しやすいため(30代女性)

受験条件があるため対象外の場合は合格を目指せないですが、実習と勉強期間が被るため、スムーズな試験対策をする自信がなければ通信講座を活用した方が良いです。

合格率は高い一方で、勉強に費やせる時間の確保が難しい問題点の解消が大切になります。

看護師は短期間のアルバイトとしても需要が高いです。取った後の活用場面が多いことから選ばれているおすすめ資格ですよ!

6位:介護福祉士

資格名介護福祉士
おすすめ10人(250人中/10人)
種類国家資格
合格率72.3%
※令和4年実績
試験日程1月・3月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング6位は、介護福祉士です。

介護職やヘルパーとして活躍ができる介護福祉士は、専門的な技術や高齢者とのコミュニケーション力から活かせる仕事が多いことがポイントになります。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 勉強と経験が無ければ取れない介護福祉士を持っていると自信になるため(40代女性)
  • ホームヘルパー2級を持ちながら登録ヘルパーとしても働いてキャリアアップになったため(30代女性)
  • 就職、転職の際に資格手当がつくため(40代女性)

仕事として通用するだけでなく、家族の支えや適切なサポートができるメリットもあるため、日常生活での実践も取ってよかったと感じるのでしょう。

高齢者の適切なケアができるため、仕事以外の場面でも活かせるスキルが身につきます。資格の取得だけでなく、勉強するメリットを感じる女性が多いですよ!

7位:MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSおすすめ通信講座
MOSおすすめ通信講座
資格名MOS
(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
おすすめ7人(250人中/7人)
種類民間資格
合格率スペシャリスト:約80%
エキスパート:約60%
試験日程基本毎月1回実施
勉強方法独学
通信講座

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング7位は、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。

MOSはパソコンに必要なエクセルやワードなどの知識や操作スキルを証明する民間資格で、事務職や営業補佐をはじめとしたサポート業務で役立つスキルを習得できます。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 事務職で働く時にワードとExcelができなければ応募すらできないと感じたため(20代女性)
  • 他職種から事務職への転職を考えているときに、パソコンを使えることを証明するのに役立った(30代女性)
  • MOSは世界共通の資格でPCスキルを説明する際に名前を出しやすいため(30代女性)

試験難易度は低いMOSですが、正しい操作スキルを理解するためには通信講座を活用した方がスムーズです。取ってよかったスキルとして実力アップを意識した勉強をしましょう!

参考 MOS(マイクロソフトオフィス)通信講座のおすすめランキングはこちら

8位:登録販売者

登録販売者おすすめ通信講座
登録販売者おすすめ通信講座
資格名登録販売者
おすすめ6人(250人中/6人)
種類公的資格
合格率49.3%
※参照:厚生労働省(令和3年度)
試験日程8月〜12月
※都道府県ごとに異なる
勉強方法独学
通信講座

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング8位は、登録販売者です。

ドラッグストアや薬局などで登録販売者しかできない業務も多く、産休・育休明けの仕事復帰する場合でも活かせるため、取ってよかったと感じる女性は多くなっています。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • ドラッグストアや調剤薬局の求人を見ていると、登録販売者の資格を持っている場合は少しお給料がアップすると記載されていることが多いため(30代女性)
  • 医薬品関係の知識を学ぶことができて身の回りでその知識を活かすことができるため(30代女性)
  • 時給や給料に反映されて、自分の生活も豊かになることにつながるため(20代女性)

250時間以上の勉強が必要な登録販売者は、子育てや家事をしながらだと思うような勉強が難しく、医薬品名などの暗記問題に苦戦する可能性があります。

将来的な仕事の幅を広げる目的でも、おすすめ通信講座を確認して、合格までの勉強イメージを確認してみると良いでしょう。

登録販売者は例年20,000人以上が合格している評判の公的資格です。初学者でも1回で合格を目指せるため、チャレンジのしやすさもポイントですよ!

参考 登録販売者通信講座のおすすめランキングはこちら

8位:普通自動車第一種運転免許

資格名普通自動車第一種運転免許
おすすめ6人(250人中/6人)
種類国家資格
合格率不明
試験日程各都道府県で異なる
勉強方法運転免許教習所

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング8位は、普通自動車第一種運転免許です。

いわゆる運転免許ですが、車社会の地域に住んでいる場合は必要な資格で、子どもの送迎にも役立つため活用の幅が広くなります。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 車必須地域に住んでいるので移動は基本車が必要でひとり1台は車を持っているため(30代女性)
  • 取得前は、子供の送迎を自転車でしていたため、時間も労力も短縮できたので良かった(30代女性)

普通自動車第一種運転免許は、仕事との直結はしにくいですが、生活環境や生産性を上げるためにおすすめです。通学や合宿免許のいずれかで合格を目指せますよ!

10位:カラーコーディネーター

パーソナルカラー資格はどれがいい
パーソナルカラー資格はどれがいい
資格名カラーコーディネーター
おすすめ5人(250人中/5人)
種類公的資格
合格率1級:30〜40%程度
2級:35〜45%程度
3級:60〜80%程度
試験日程6月・11月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング10位は、カラーコーディネーターです。

色彩に関連する専門スキルを習得するため、ファッションやデザイナー関連の仕事で活躍でき、子育てでも子どもの洋服づくりをする技術も身につきます。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 家のインテリアなどにも役に立つし、子供の服装や髪の毛のアレンジをするときにも色から決めると楽になったため(40代女性)
  • 色彩感覚が問われる職種だったので仕事の役に立った(20代女性)
  • メイクやファッション・インテリアなどで活用できて、資格取得前よりセンスが良くなったため(30代女性)

3級だと試験難易度は低いため、気軽にチャレンジしやすい公的資格です。色彩を活用したファッション・デザイン・化粧品関連の仕事でも活かせますよ!

参考 パーソナルカラー資格通信講座のおすすめランキングはこちら

10位:FP技能士(ファイナンシャルプランナー)

FP通信講座おすすめ
FP通信講座おすすめランキング
資格名FP技能士(ファイナンシャルプランナー)
おすすめ10人(250人中/10人)
種類国家資格
合格率■2級
筆記:41.5%
実技:56.3%
■3級
筆記:87.0%
実技:90.7%
※令和4年2月実績
試験日程例年1月・5月・9月
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング10位は、FP技能士(ファイナンシャルプランナー)です。

FP技能士は、金融・保険・不動産など幅広い業種業界で活躍できるスキルが身につき、将来のライフプランや資産形成を考えるキッカケにも繋がります。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 住宅や相続など幅広い知識を知ることができ、これからの人生に役立っていく資格と感じたため(40代女性)
  • 履歴書に書きやすいだけでなく、自分のライフプランを考える上で役立つため(30代女性)
  • 自分自身の資産形成にも知識が役に立っているため(30代女性)

FP技能士2級を合格すると、関連性の高い就職活動ではアピールしやすいです。

子育てをしながら対策をする女性も多いですが、試験が1年に3回(2級・3級)しかないため、短期間で効率よく勉強をするなら通信講座がおすすめになります。

FP2級だと150時間以上の勉強が必要です。日常生活の中でスキマ時間を活用した試験対策ができる通信講座を活用して、スムーズに合格を目指しましょう!

参考 FP技能士(ファイナンシャルプランナー)通信講座のおすすめランキングはこちら

10位:医療事務

医療事務資格おすすめ通信講座
医療事務資格おすすめ通信講座
資格名医療事務
おすすめ5人(250人中/5人)
種類民間資格
合格率資格によって異なる
試験日程資格によって異なる
勉強方法独学
通信講座
専門学校

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格ランキング10位は、医療事務です。

医療事務はレセプト作成や患者さんとのコミュニケーション・受付スキルを証明できる民間資格で、仕事復帰を希望している場合でも役立ちます。

女性が取ってよかったと思う体験談
  • 将来的にも長く働ける仕事ではあると思うし、勤務先が全国各地にあるのでどこへ行っても仕事を探すことが出来る点も魅力なため(30代女性)
  • 医療系の事務員は比較的どこの病院でも募集しているため(30代女性)
  • どのエリアでも基本的には活用できる資格なので、配偶者の転勤等で焦る必要が無いため(30代女性)

医療系の事務員を募集している求人は多いため、他の資格よりも将来的な観点でも活用の幅が広い特徴がポイントです。

合格するだけでなく、実際に学んだスキルや資格を活かせる求人が多いため、取ってよかった資格と実感しやすいです。勉強する前に近くの求人情報を確認してみると、勉強するキッカケにもなりますよ!

参考 医療事務通信講座のおすすめランキングはこちら

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格と思える条件

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格と思える条件は3つです。

  • 資格を取得後の活用イメージができている
  • 国家資格や評判・体験談だけで判断しない
  • 生活環境に最適な勉強方法で合格を目指せる

はじめて資格の勉強をする場合は、比較する前にポイントを確認してみましょう。

資格を取得後の活用イメージができている

資格を取得後の活用イメージができている

1つ目の女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格と思える条件は、合格した後の活用イメージが明確にできていることです。

取ってよかった資格のアンケート結果では、将来性がある資格や身近な場面で実践できていることからメリットに感じる体験談が多くなっています。

資格名仕事子育て・日常生活
日商簿記検定
保育士
秘書検定
宅地建物取引士
看護師
介護福祉士
MOS
登録販売者
普通自動車第一種運転免許
カラーコーディネーター
FP技能士
医療事務
女性が選ぶ取ってよかった・食いっぱぐれない資格ランキングTOP10

例えば、保育士なら保育園の仕事だけでなく、子どもとのコミュニケーションや適切な距離感を見直せるため、活用できるシーンが多いです。

資格を取得しても合格だけで満足したら意味がなく、学んだ内容を活かせる場面を想定した上でチャレンジした方がギャップを防止しやすいでしょう。

合格するだけで満足したら意味がないです。実際に活かせるスキルを習得できる資格が取ってよかったと感じますよ!

国家資格や評判・体験談だけで判断しない

国家資格や評判・体験談だけで判断しない

2つ目の女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格と思える条件は、国家資格や評判・体験談だけで判断しないことです。

国家資格を取得すると専門職に就けるメリットはありますが、必ずあなたの生活に役立つわけではありません。

女性が取ってよかった資格ランキングを参考にして、複数資格の資料請求や公式サイトを比較して、理想のスキルが身に付く勉強を優先すると良いでしょう。

知名度の高い資格を取得すれば良いわけではないです。国家資格の中でも身近な場面で実践できるスキルを目指すと良いですよ!

生活環境に最適な勉強方法で合格を目指せる

生活環境に最適な勉強方法で合格を目指せる

3つ目の女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格と思える条件は、生活環境に最適な勉強方法で合格を目指せることです。

資格の勉強は、独学・通信講座・専門学校の3種類が基本になりますが、受講料の安さだけで独学を選ぶのはおすすめしません。

子育てや家事・仕事をしながら資格の勉強をする場合やまとまった勉強時間の確保ができない状況であれば、通信講座でスキマ時間を活用した方がスムーズに合格を目指せます。

勉強方法の選び方に注意!
  • 費用の安さやコスパの良さだけで勉強方法の判断はおすすめしない
  • 合格までの勉強イメージを確認した上で、無理なく取り組める試験対策が良い
  • 家事や子育て・仕事などの生活環境に最適な勉強方法がおすすめ

通信講座は高いデメリットはありますが、正しい勉強方法で短期間の試験対策ができます。安さだけで判断せず、ストレスなく取り組める勉強方法を選びましょう!

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格の比較に役立つよくある質問

女性が取ってよかった資格・食いっぱぐれない資格の比較に役立つよくある質問を紹介します。

女性が取ってよかった資格ランキングの1位はどれですか?

ランキング1位は日商簿記検定です。

アンケート調査の10%以上が回答した公的資格で、総務や経理などの事務職で活かせるスキルが身につきます。

さらに日常生活でも家計簿などの管理に役立つため、活用できる幅が広いメリットが特徴です。

子育てや家事をしながらでも勉強ができますか?

はい、スキマ時間を活用した勉強方法でも合格を目指せます。

まとまった時間の確保や両立に自信がない場合は、通信講座を受講すると合格までのスケジュールを可視化しやすく、メリハリのある勉強で合格を目指せます。

どのような資格が取ってよかったと思いますか?

試験で合格後にスキルを実際に活用できる資格が取ってよかったと感じるでしょう。

形だけの資格は意味がなく、取得後の活かし方や将来性を加味した勉強がおすすめです。

女性が資格を取得するメリットはなんですか?

女性・男性は関係なく、強みとして履歴書に書けるだけでなく、新しいチャレンジや視野を広げられるメリットがあります。

他にも産休・育休後の仕事復帰に活用できるなど、資格を取得するメリットは複数想定できるでしょう。

女性が資格を取得するデメリットを教えてください。

資格を取得後の活用イメージができていないと、形だけになる可能性が高いです。

勉強する前に、資格を取得後のイメージを想定した方がギャップを防止できるでしょう。

資格の活かし方にはどのような方法がありますか?

国家資格の場合は専門職の就職、公的・民間資格であれば日常生活での活用や新しいチャレンジをするキッカケになります。

資格の勉強をすることで、過去に経験をしなかったチャレンジがしやすく、視野が広がるメリットがあります。

独学と通信講座はどちらが良いですか?

独学は安い費用で、好きな教材を活用した試験対策ができます。

通信講座は独学よりも受講料は高くなりますが、正しい勉強方法でスムーズな試験対策ができます。

さらに質問や課題添削などのサポートも含まれるため、勉強が苦手でもマイペースに合格を目指せるでしょう。

通信講座の受講経験がなくても大丈夫ですか?

はい、通信講座の受講経験がなくても気軽にチャレンジができます。

割引クーポンやキャンペーンを実施している通信講座も豊富にあるため、受講する前に確認すると良いでしょう。

この記事を監修した人
監修者:シカクゲットナビ編集長シカクゲットナビの編集長。10種類以上の資格を保有しています。得意ジャンルは、保育系・ビジネス系・スポーツ系・占い系など幅広い。勉強は嫌いで、スキマ時間の対策が基本スタイル。
シカクゲットナビ_LINE
取ってよかった資格【女性】食いっぱぐれないおすすめランキング|250人が選んだ結果

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気になったらシェア
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます