ウェブデザイン技能検定の口コミは?難易度や合格率・勉強方法まで徹底解説【2022年対策】

ウェブデザイン技能検定の口コミは?難易度や合格率・勉強方法まで徹底解説【2022年対策】
  • URLをコピーしました!

ウェブデザイン技能検定って難しいのかな?合格率や勉強方法・口コミを詳しく知ってから目指したい。

ウェブデザインに関する知識や技能・実務能力等が問われるウェブデザイン技能検定。将来的に、ウェブデザインやエンジニアを目指したい人に話題になっています。

一方で、具体的な勉強方法や十分な試験対策が分からずモヤモヤする…。そこで本記事では、ウェブデザイン技能検定の難易度や合格率・口コミを徹底解説しています。

この記事で分かること
  • ウェブデザイン技能検定の難易度
  • ウェブデザイン技能検定の合格率
  • 受験した体験談や口コミ・評判
  • ウェブデザイン技能検定の勉強方法
受験前に詳しくチェック!

せっかく勉強をしてきたけどイメージとのギャップを感じた…とならないために、体験談や口コミをもとにウェブデザイン技能検定の知識を深めていきましょう。

タップで移動できます

ウェブデザイン技能検定の特徴【30秒でサクッと確認】

ウェブデザイン技能検定の特徴【30秒でサクッと確認】
資格名ウェブデザイン技能検定
実施インターネットスキル指定普及協会
ジャンル国家資格
通信講座なし
試験日程
(予定)
■1級:年1回
学科:令和4年11月27日(日)
実技:令和5年2月19日(日)
■2級・3級:年4回
令和4年5月29日(日)
令和4年8月28日(日)
令和4年11月27日(日)
令和5年2月19日(日)
申込日程
(予定)
■第1回
令和4年4月1日(金)~令和4年4月15日(金)
■第2回
令和4年7月4日(月)~令和4年7月19日(火)
■第3回
令和4年10月3日(月)~令和4年10月17日(月)
■第4回
令和4年12月26日(月)~令和5年1月10日(火)
※2級・3級
合格発表■第1回
令和4年6月30日(木)
■第2回
令和4年9月29日(木)
■第3回
令和4年12月26日(月)
■第4回
令和5年3月23日(木)
※2級・3級
試験方法学科試験、実技試験
(課題選択)
試験会場全国主要都市
受験料
(税込)
■1級
学科:7,000円
実技:25,000円
■2級
学科:6,000円
実技:12,500円
■3級
学科:5,000円
実技:5,000円
勉強方法テキスト・参考書等

ウェブデザイン技能検定は、1級〜3級に分類している国家資格。2級・3級の場合は年4回のチャンスがありますが、受験日の1ヶ月前までを目安に申し込みをする必要があります。

実務経験等がなくて、はじめて受験する場合は3級の取得を目指します。受験条件は、インターネットスキル指定普及協会の公式サイトで確認しましょう!

ウェブデザイン技能検定の特徴

  • 1級〜3級に分かれている国家資格の1つ
  • 実務経験がない場合は3級から受験する
  • 2級・3級は年4回のチャンスがある

ウェブデザイン技能検定のポイント・メリット・仕事例

ウェブデザイン技能検定資格のポイントやメリット・デメリット、活用できる仕事例を詳しく紹介していきます。取得後の活用イメージを考えてから試験対策をしましょう。

ウェブデザイン技能検定のポイント・概要

ウェブデザイン技能検定は、国家検定制度である技能検定制度の一つとして特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施しています。

ウェブデザイン技能検定のポイント

  • 1級:厚生労働大臣より合格証が発行
  • 2級・3級:協会理事長より合格証が発行

履歴書の有資格欄に記入してアピールもしやすく、デザイン全般の仕事で役立つメリットがあります。1級〜3級まで分類している理由は単純な難易度だけでなく、実務経験の差で分かれています。

駆け出しのデザイナーは、3級からチャレンジするイメージですね。1級は7年以上の実務経験など受験ハードルが高くなっています。

ウェブデザイン技能検定を受験するメリット・デメリット

受験するメリット

  • デザインの基礎から勉強ができる
  • 国家資格のため履歴書でアピールしやすい
  • 1級〜3級まで実力の差別化をはかれる

受験するデメリット

  • デザインに特化した専門スキルになる
  • ウェブデザインに限定的な資格

ウェブデザイン技能検定を受験するメリットは、特化した専門スキルを基礎から習得できる上に、国家資格でアピールしやすいこと。一方で、ウェブデザインに限定的なスキルなので、活用イメージがないと無駄になるリスクがあるでしょう。

資格マニアになるだけではもったいないです。せっかく国家資格を目指すので、就職先や活用方法をよく考えながら受験しましょう!

ウェブデザイン技能検定を活用できる場所・仕事例

ウェブデザイン技能検定を活用できる仕事例

  • ウェブデザイナー:平均年収460.9万円
  • 就業者数:193,830人

※参照:厚生労働省 職業情報提供サイト

ウェブデザイン技能検定を活用できる仕事は、ウェブデザイナーやエンジニア等になります。例えば、フリーランスとしての独立や企業のウェブデザイン担当としても活躍しやすいでしょう。

ウェブデザイナーの需要は高まっていますが、あなただけの強みを身につけないと埋もれてしまいます。1つのヒントとして、ウェブデザイン技能検定の取得もおすすめですよ!

ウェブデザイン技能検定の口コミ・評判

ウェブデザイン技能検定を受験した口コミや評判を詳しく紹介します。受験で悩んでいる場合は、口コミを参考に資格を目指しましょう。

ウェブデザイン資格を取得した悪い口コミ・評判

受験前の準備を万全にしないと不合格になる

ウェブデザイン技能検定は、事前に対策が万全でないと不合格になる可能性があると口コミで評判です。受験後に自己採点ができますが、自信を持って本番を望めるようにしましょう。

合格率は高いが対策が必要

  • 基礎知識だけでなく実践力も必要
  • 合格率の高さだけで判断は危険
  • 1日30分程度の勉強を継続していく

勉強が苦手な場合でも、3級なら60%以上の合格率になっているので1回で合格を目指しやすいです。コツコツ取り組み、自信を持って試験本番に臨みましょう!

試験会場を事前に確認した方が良い

ウェブデザイン技能検定は、試験会場が決まっているので受験前にスケジュール調整が必要と口コミで評判です。自宅から遠いと、行き帰りが大変なので仕事や子育てに影響が出るでしょう。

試験会場が決まっていて事前に確認

  • 自宅と試験会場の距離に注意が必要
  • 余裕を持ったスケジュールが大切
  • 試験前後の予定はおすすめしない

子育てや家事のスキマ時間に受験すると、バタバタするリスクがありますね。余裕を持ったスケジュール調整が大切です。

ウェブデザイン資格を取得した良い口コミ・評判

初心者でも合格を目指しやすい

ウェブデザイン技能検定は、デザイン初心者でも気軽に目指せる国家資格と口コミで評判です。無理のないペースで基礎からコツコツ勉強しやすいと話題になっています。

気軽に目指せる国家資格の1種類

  • デザイン初心者でも目指しやすい
  • 基礎知識や実践スキルまで身につく
  • マイペースに取り組みやすい

はじめてデザインの勉強をして、スキルを証明できる資格を目指したい場合におすすめです。途中で挫折するリスクが少ないですよ!

受験料が安くて気軽に資格を目指せる

受講料が安くて、気軽に資格を目指せるウェブデザイン技能検定。例えば、通信講座や専門学校に通学しなくても3級は気軽に取得できるので、コスパが良いと口コミで評判です。

コスパが良い上に、履歴書に記入できる強みを習得できるメリットは嬉しいですよね。駆け出しデザイナーでも取得して損はありませんよ!

ウェブデザイン技能検定の難易度・合格率

ウェブデザイン技能検定資格の難易度・合格率

  • 合格率
    1級:10~20%
    2級:30~40%
    3級:60~70%
  • 合格者数:公式サイトをご確認ください。

ウェブデザイン技能検定の難易度は低く、3級の場合はデザイン初心者でも1回で合格を目指せます。年によって合格率や合格者数は異なりますが、10人中6人以上が合格する割合と覚えておきましょう。

ウェブデザイン技能検定の勉強・受験方法

ウェブデザイン技能検定の勉強・受験方法

  1. 参考書・練習問題で基礎学習
  2. 過去問で頻出の傾向をチェック
  3. 試験日程を確認して本番に挑戦!

ウェブデザイン技能検定は、参考書と練習問題の対策が基本になっています。過去問は、インターネットスキル認定普及協会の公式サイトで公表されています。

参考書はAmazonや楽天市場で購入した方が、ポイントの付与や割引セールがあるため比較してから判断しましょう。

ウェブデザイン技能検定に似ているスキル・一緒に考えたい資格を厳選紹介

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座

キャリカレカラーコーディネーター講座

カラーセラピストのおすすめ通信講座

※本記事内の料金は全て税込価格です。

ウェブデザイン技能検定の口コミは?難易度や合格率・勉強方法まで徹底解説【2022年対策】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてね
  • URLをコピーしました!
タップで移動できます
閉じる